LIFE STYLE

「勉強する意味って何??」勉強する意味を探すよりも大切なこと!!

こんにちはかつ太郎です。

本日は勉強をする意味について考えてみたいと思います。

この記事の内容

・なんで勉強するんだろう?

そんな疑問にお答えします。

みなさんは勉強することの意味を考えてみたことはありますか?

改めて考えてみるとなんでなんでしょうか。

将来の役に立つから?

良い成績をとるため?

夢を叶えるため。

色々なことが思い浮かびます。

結論から言います。

勉強する意味は答えられなくてもいい。

本気で勉強できるものを探そう!!

これが僕の考えです。

どういうことか僕の考えを書きます。

勉強する意味はわからなくていい

「わからない」ということが正解の質問もある。

もしも小学生に「勉強する意味って何?」と質問を受けたとします。

なんて答えますか?

一般的な回答として

・世の中を生きやすくするためだよ

・将来のためだよ

・立派な大人になるためだよ

とか答えるのではないでしょうか?

けどよく考えてください。

・勉強したら本当に生きやすくなるんですか?

・勉強したら本当に将来困らないんですか?

・勉強したら本当に立派な大人になれるんですか?

さらに深く考えてみましょう。

勉強しても人生のどん底に落ちる人もいます。東大を卒業しても犯罪を犯す人がいます。どうやら勉強をしても絶対的な将来は約束されていなさそうです。

じゃあ勉強の意味ってなんですか?

「勉強して自分でその答えを見つけなさい」

これが正解だと僕は思います。

「はじめの一歩」という漫画を読んだことあるでしょうか。主人公の一歩は「強いってなんだろう?」ということを知りたくてボクシングに打ち込みます。

「強いってなんだろう?」それがわからないからボクシングをする。

わからないということがボクシングをする動機になっているんです。

少し話が脱線しましたが、

勉強する意味は答えられなくていい。

「わからないから勉強するんだよ」これが正解です!!

「わからない」ということが動機になる

「勉強する意味はわからない」だから勉強する。

「わからない」ということが勉強する動機になります。

根源的な意味での学びというのは、自分が何を学んでいるのかを知らず、それが何の価値や意味や有用性を持つものであるかも言えないところから始まるもの。
というよりむしろ、自分が何を学んでいるのか知らず、その価値や意味や有用性を言えないという当の事実こそが学びを動機づけている。
言えなくて当然であり、言えないのでなければならない。

『下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち』内田樹

僕が大学生の頃に読んだ本でかなり衝撃を受けた部分です。

確かにそうだ!!と目から鱗でした。

ここでまた「はじめの一歩」を例にしてみます。

主人公の一歩が「強い」ことの意味を知っていたらどうなっていたでしょうか?
わかっていたらボクシングに惹かれなかったはずです。いじめられっ子だった一歩がボクサーの鷹村さんに助けらて、「強いってなんだろう?」ということが知りたくなったから一歩はボクサーの世界に足を踏み入れたんです。

「わからない」ということが何かをする動機になります。

ここまでの話をまとめます。

・勉強する意味は何??

 →わからなくていい!!

・「勉強の意味はわからない」

 →「わからない」ことが勉強する動機になる!!

 世の中は知らないことで溢れています。

分け入っても 分け入っても 青い山

種田山頭火


見事なことわざです。

勉強しても、勉強しても「わからない」。だから人生は一生勉強なんです。

では、なぜ勉強しない人がいるのか?

勉強する意味はわからなくていい。そしてわからないことが勉強する動機になるというお話をしました。

ではなぜ勉強しない人がいるのでしょうか?

それは、「わからない」ということが「わかっていない」からです。

複雑になってきましたw

僕は大学生になるまで歴史に興味がありませんでした。
けれども大学生になって旅行に行って色々な場所を訪れるうちに「自分が歴史を何も知らない」ということに気がつきました。

そして歴史を知りたくなって歴史を勉強するようになりました。

「無知の知」というものです。

勉強しないのは「わからない」ということが「わかっていない」から。

僕のように発見や気づきがあれば人は自然に勉強するはずです。なんだか教育の本質に迫っていきそうです。教育で大切なことは一方的に教えることじゃなくて「わからないことは何か」を気づかせてあげること。

ワクワクして落ち着かない。自由な人間の喜びだ。
この長旅の結末はまだ分からない。
国境を越せるといいが 親友と再会出来るといいが
太平洋が青く美しいといいが
俺の希望だ

希望は素晴らしい
何にも変え難い
希望は永遠の命だ

映画「ショーシャンクの空に」より

これは名作映画『ショーシャンクの空に』のラストシーンの部分です。

40年間刑務所にいたレッドは仮釈放されましたが、刑務所での生活に慣れすぎて実社会での生活に絶望していました。けれども刑務所で親友になり脱獄したアンディの手紙を読んで「自由な人間の喜び」に気がつきます。

勉強でも人生でも「自分が知らないことに気がつく」「発見する」ことには素晴らしい意味があります。

「わからない」ということに気がつくのは素晴らしい!!

勉強する意味を探すことよりも大切なこと

ここまでの話。

・勉強する意味はわからなくていい

・意味がわからないことが、その行動の動機になる

・「わからないこと」に気がつくことが大切

ということを書いてきました。

僕は学生時代から本と映画で気に入ったところや、セリフがあったらそれをノートにメモしています。

それをするメリットや有用性なんて考えませんでした。

自分のやっていることに何の意味があるのかなんてわかりませんでした。ただ好きだから続けてきただけです。

「それが何の役に立つのか分からないけど、どうしてもやりたい、やっていると楽しい」ことを見つけてください。そうすれば、「努力したけれど報われなかった」という言葉だけは口にしないで済むはずです。

「困難な時代を生きる君たちへ」内田樹の研究室

勉強することの意味を考えるのはやめましょう。

学校の教室や教科書から教わることだけが勉強ではありません。

僕の大好きなGLAYのように音楽で世界を変える人もいれば、ステーブ・ジョブズのようにイノベーションで世界を変える人もいます。

とにかく自分の好きなことを突き詰めて勉強をしてきた人達です。

本当にやりたいことがある人は意味なんて考えません!!

勉強の意味を考えて嫌々勉強するのではなくて、

自分の心の底から沸き上がってくる「どうしてもやりたいこと」「やっていると楽しいこと」を見つけましょう!!

本当に勉強したい人は意味なんて考えない。

本気で勉強できるものを探しましょう!!

まとめ

・勉強する意味はわからなくていい

・意味がわからないことが、その行動の動機になる

・「わからないこと」に気がつくことが大切

・意味なんて考えないで本気で勉強したいことはなんですか??それを探しましょう!!

勉強する意味の話から人生論のような記事になりました。

勉強の意味を考えて先に進めない人の参考になればいいなと思います。

「学問に王道なし!」 There is no royal road to learning

学問に王道はありません。

自分の勉強の道を進みましょう!!

それじゃまた!

ABOUT ME
かつ太郎
現在は千葉県在住の一般人です。 映画、ドラマ、アニメ、本から名言を収集するのを楽しんでいます。旅行やフィルムカメラも好きで色々と楽しんでいます。  家族の影響でGLAYがとても好きです。 そんな自分の好きなことを皆さんの参考になるように紹介していけたらなと思っています!