LIFE STYLE

『星の王子さま』 名言

いちばん大切なことは、目に見えない。
小さな子供でもわかるようなシンプルな一言。
けれども僕の大好きな言葉です。

最近小さな幸せ感じていますか?


仕事の忙しさに追われていませんか?


自分の心の声聞いていますか?

忙しい毎日を過ごして疲れてしまった時には
サン=テグジュペリの名作「星の王子さま」の名言に触れましょう!!

「こうして今見ているものも、表面の部分でしかないなだ。いちばん大事なものは目に見えない、、、。」

『星の王子さま』 サン=テグジュペリ 河野万里子 訳

「星々が美しいのは、ここからは見えない花が、どこかで一輪咲いてるからだね、、、」
「砂漠が美しいのは」
 王子さまが言った。
「どこかに井戸を、ひとつかくしているからだね、、、」
「家や、星や、砂漠を美しくしているものは、目に見えないね!」

『星の王子さま』 サン=テグジュペリ 河野万里子 訳

「大切なものは目に見えない」はっとしませんか?
すごく優しい言葉で書かれているんですが発見がありますよね。
あるカップルの関係を特別にしているのは、その二人にしかわかりません。
そのカップルの歴史、秘密は目には見えませんね。
ある人にとっては何でもないものも、ある人にとっては宝物になる。
人の心の感じ方次第で世界は全く違うものになることに気がつきます。深いです。

そして王子さまは「大切なもの」を見つけられない人間に気が付いて次のように言います。

「人間たちって、特急列車に乗ってるのに、なにをさがしているのかもうわからないんだね。だからせかせか動いたり、同じところをぐるぐるまわったり、、、」

『星の王子さま』 サン=テグジュペリ 河野万里子 訳

「地球の人たちって、ひとつの庭園に五千もバラを植えてるよ、、、それなのに、さがしているものを見つけられない、、、」

「だけどそれは、たった一輪のバラやほんの少しの水のなかにあるのかもしれないよね、、、」

「でも目では見えないんだ。心でさがさなくちゃ」

『星の王子さま』 サン=テグジュペリ 河野万里子 訳

いかがでしょうか。
日常の忙しさに忙殺されて小さな幸せ見落としてませんか?
僕は『星の王子さま』を読んで気付かされたことがたくさんありました。
初めて読んだのは高校生の頃で、その時は途中で読むのをやめてしまいました。今では信じられないのですが、高校生の僕には響かなかったんです、、、。
それが数年後、社会人になってから読んだ時には感動したんです。大人になってしまった自分にショックを受けた覚えがあります。

大人になるとついつい大切なことを見落としてしまいがちです。
「星の王子さま」を読んで心の声に耳を傾けてみましょう。
すると日常の些細なことが、すごく幸せだということに気が付けるはずです。

星の王子さまに興味を持たれた方は↓↓
『星の王子さま』
星の王子さまミュージアム

ABOUT ME
かつ太郎
現在は千葉県在住の一般人です。 映画、ドラマ、アニメ、本から名言を収集するのを楽しんでいます。旅行やフィルムカメラも好きで色々と楽しんでいます。  家族の影響でGLAYがとても好きです。 そんな自分の好きなことを皆さんの参考になるように紹介していけたらなと思っています!