LIFE STYLE

「芸術は爆発だ!」岡本太郎が伝えたかった芸術が必要な理由!

「芸術は爆発だ!」

かなりインパクトのある言葉です。

岡本太郎さんを知らなくてもこの言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?

岡本太郎

・1911年東京出身。 
・東京美術大学に進学して、すぐに中退。その後1930〜1940年までをパリで過ごす。

・1970年大阪万博のテーマ館「太陽の塔」は国際的な話題となる。

岡本太郎さんが「芸術は爆発だ!」で伝えたかったことは

「人間の全体性を奪回するために芸術が必要」ということでした。

そのことについて書いていきたいと思います。

創造の喜びとは無縁の世界で生きる現代人

現代人のほとんどは創造の喜びとは無縁の世界で生きている

岡本太郎さんはこのように主張しています。

社会の発達とともに、人間一人一人の働きが部品化され、目的、全体性を見失ってくる

『今日の芸術』岡本太郎 講談社文庫

・会社人間

・専門化した生き方

会社に人生の全てを捧げて自分の自由な生き方を探求しようとしないこと。

そして専門化することで、自分の専門外のことには目を向けず知ろうとしないこと。

岡本太郎さんは、こうした生きる目的を失った人達や型にはまった生き方をする人たちのことをみて

「人間の全体性が失われてしまっている」と主張しています。

失われた人間の全体性を奪回しようという情熱の噴出といっていいでしょう。

『今日の芸術』岡本太郎 講談社文庫

失われた人間の全体性を奪回するために芸術が必要なのです。

芸術は爆発!

では芸術とは何か?

芸術は爆発なのです。

型にはまらず、自由に思うままに行動することです。

気まぐれでも、何でもかまわない。
ふと惹かれるものがあったら、計画性を考えないで、
何でもいいから、そのときやりたいことに手を出してみるといい。
不思議なもので、自分が求めているときには、
それにこたえてくれるものが自然にわかるものだ。

『強く生きる言葉』岡本太郎 株式会社イースト・プレス社

自分の思うままに行動する。

そして、その瞬間瞬間にエネルギーを使って爆発する。

それが芸術の爆発です。

つまり芸術とは自由な生き方そのものということです。

芸術=人生

これが岡本太郎さんの考えです。

芸術は人生

僕が芸術というのは生きることそのものである。
人間として最も強烈に生きる者、無条件に生命を突き出し爆発する、その生き方こそが芸術なのだということを強調したい。
“芸術は爆発だ”

『強く生きる言葉』岡本太郎 株式会社イースト・プレス社

生きているのに何もやらない。

無気力で死んでいるのと同じような目をしている人がいる。

そんな人達に向けて自分の中から何かを創造する自由を知って欲しいと思ったのではないでしょうか?

人生を全力で生きる。

その生き方が芸術なのです。

芸術=人生

人生=爆発

では人生を爆発させるにはどうしたらいいのでしょうか?

それは自分自身と闘うことです。

自分に忠実だなんていう人に限って、自分を大切にして、自分を破ろうとしない。
大事にするから、弱くなってしまうのだ。己自身と闘え。
自分自身を突きとばせばいいのだ。炎はその瞬間に燃えあがり、あとは無。爆発するんだ。
全身全霊が宇宙に向かって無条件にパーッとひらくこと。それが「爆発」だ。

『強く生きる言葉』岡本太郎 株式会社イースト・プレス社

自分自身との闘いです。

人生を爆発させて、失われかけている人間としての自由を噛み締めよう。

僕はそう思いました。

まとめ

・現代人は創造の喜びを知らない

・人間の全体性が失われてしまっている

・人間の全体性の奪回のために芸術が必要

・瞬間瞬間に思うままに自由に行動する。それが芸術の爆発。

・芸術とは人生そのもの

・人間として自由に全力で生きて、人生を爆発させましょう。

「芸術は爆発!」

この言葉の意味は想像以上に深かった。

岡本太郎さんには感服します。

ABOUT ME
かつ太郎
現在は千葉県在住の一般人です。 映画、ドラマ、アニメ、本から名言を収集するのを楽しんでいます。旅行やフィルムカメラも好きで色々と楽しんでいます。  家族の影響でGLAYがとても好きです。 そんな自分の好きなことを皆さんの参考になるように紹介していけたらなと思っています!