LIFE STYLE

『フルーツバスケット』の名シーン・名言まとめ!!

TVアニメ『フルーツバスケット』とは

「フルーツバスケット」は1998年から2006年まで連載された大人気少女漫画で、全世界累計発行部数は3000万部を突破し、連載が終了して10年以上が経った2019年現在でも人気を誇っています。

過去にもアニメ化されていますが、完全新キャスト・スタッフによる全編アニメ化で2019年4月から放送されています。

あらすじ

高校生の本田透は、唯一の家族だった母親を亡くしてから一人でテント暮らしをしていた。
ところが、テントを張ったその場所は由緒正しい『草摩家』の敷地内だった!
草摩紫呉に家事の腕を買われた透は、学校の王子様的存在の草摩由希、
そして由希を敵視する草摩夾と一緒に住むことに。
しかし、透はまだ知らない。
『草摩家』が何百年も前からある呪いに縛られていることを……。

TVアニメ「フルーツバスケット」公式サイトより

大人気漫画が原作ということで、素敵なシーンもたくさんありました。名シーン・名言を紹介していきたいと思います!

第1話

本田さんは、本田さんらしく
ゆっくりやっていけばいいよ。この家で。

草摩 由希

父親は早くに他界、母親も交通事故で亡くしたことからテント暮らしをしていた透に由希が草摩家の空いている部屋で生活すればいいと伝えた時のシーンでのセリフです。草摩家の温かみに感動するシーンでした。

第2話

そんな重大な秘密を知ってしまったなら、仕方ないって思ってますから。
だから、草摩くんたちが一番安心する方法をとってください。
忘れてしまうのはやっぱり寂しいけど、でも我慢です。記憶が消されちゃっても、またお友達になってくださいね。

本田 透

草摩家の秘密を知ってしまったから記憶を消されてしまうかもしれないと謝る由希に透が言ったのこちらの言葉でした。記憶が消されてしまっても仕方のないことと素直に受け入れられる透の優しさがすごいと思いました。少し天然だけど、とても優しい透の性格が伝わってくるシーンでした。

君は拳一つでテーブルを割ることができる。
でもその拳を寸止めすることだってできる。
人とうまく関わっていくことも同じことだよ。
他人と交わり傷つけたり、傷つけられたりしながら人を学び、己自身も学ばないと本当に人を思いやれるような人間にはなれないよ。
いつか君を好きだと言ってくれる子が現れた時、大切にできるように今は逃げずに修行を続けなさい。

草摩 紫呉

思ってもいないのにひどいことばかり言ってしまうことに夾は落ち込んでいました。人と関わって暮らしていくことが向いていないと落ち込む夾に紫呉が言ったこのセリフはすごく名言ですね。

第3話

人によって優しの形は違う

疑うよりは信じなさいってお母さんが言っていました

本田 透

人が生まれながらに持っているのは食欲だったり物欲といった欲だけ。つまり生きる本能。

優しさは体が成長するのと同じで自分の中で育てていく心。

だから人によって優しさの形は違う。

優しさには色々な形がある。お母さんの素敵な言葉でした。その言葉を聞いた由希は人とうまく関わっていけるように心を開いていく努力をすることを決心しました。

背中の梅干し

例えば人の素敵というものが、おにぎりの梅干しのようなものだとしたら、その梅干しは背中に付いているのかもしれません。世界中の誰の背中にも色々な形、色々な色や味の梅干しがついていて、でも背中についているせいで、せっかくの梅干しが見えないのかもしれません。自分には何もない、真っ白なお米だけだって。そんなことないのに、背中にはちゃんと梅干しがついているのに。誰かを羨ましいと思うのは人の背中ならよく見えるからなのかもしれませんね。

本田 透

例えがちょっと面白いですが、背中の梅干しの話は夾の心にすごく響きました。

第4話

自分のことを思ってくれて、心配してくれる人がいるって、すごく幸せなことです。
だって、もし遠く離れちゃったとしても、どこかで自分のことを考えてくれている人がいるのってとても心強いです。

本田 透

第5話

わがまま言ってもいいんじゃねぇの。
毎日毎日言われると頭来るけどな。でもお前の場合、たまには弱音はいたって、わがまま言ったっていいんだよ。めげたっていいんだよ。

草摩 夾

家の改築が終わった親戚の家に帰ることを一度は決めた透でしたが、草摩家の温もりを知った透は草摩家に戻りたくなるのでした。わがままや弱音を言うことを許してくれた夾の言葉に透は涙が溢れてきました。人の優しさに触れた瞬間でした。

ABOUT ME
かつ太郎
現在は千葉県在住の一般人です。 映画、ドラマ、アニメ、本から名言を収集するのを楽しんでいます。旅行やフィルムカメラも好きで色々と楽しんでいます。  家族の影響でGLAYがとても好きです。 そんな自分の好きなことを皆さんの参考になるように紹介していけたらなと思っています!