LIFE STYLE

【令和ベビー】妻の出産に立ち会いました。その時に夫の僕にできたこと。

令和元年。令和ベビーの誕生です。

子供が生まれてきてくれました。
出産は命がけと話では聞いていましたが、
実際に奥さんの出産に立ち会うことで、本当にそうだと思いました。

出産に立ち会う際に、僕が奥さんの為にできた事を書こうと思います。

陣痛の痛みが強くなってきた時

予定日の朝、奥さんは少しお腹に張りが出てきたと言っていました。

けれどもまだまだ元気で朝は一緒に散歩して、スーパーで買い物もしました。
夕方になると段々と奥さんは辛くなっていたみたいです。

僕にはわからない事ですが、奥さんの感覚としては
翌日の朝には病院だろうなという感覚だったみたいです。

ところが予想に反して陣痛はどんどん進みました。
夜の11時すぎには大分辛そうにしていました。

そして、連絡を入れて病院に行くことになりました。

ここでまず、僕の仕事がやってきます。
車で病院に連れて行くということです。予定日に合わせて仕事の休みを取っていて良かった。
車までダッシュして安全運転で病院に向かいました。

奥さんの出産に合わせて仕事を調整したり、調整したとしても予定日に生まれてくるとは限らないので難しい部分ではありますが、タイミングが合った時にはやっぱり夫の助けだったり、周りの助けは、心強いのではないでしょうか。

病院に着いてから

病院に着くと奥さんはすぐに分娩室に入りました。
この時点で子宮口は2㎝とのことでした。

相当痛そうでしたが、まだ2㎝、、、、

時間と共に子宮口は段々と開いていき、
それと共に奥さんもどんどん辛そうになっていきました。

そしてその間に僕ができたことは二つです。

一つ目はお茶をあげること。
定期的にお茶をあげました。
この時にペットボトルにストローを付けられるものがあると便利です。

「ペットボトル用ストローキャップ」で検索すると色々あります。

二つ目はテニスボールで背中を押す
これで少し痛みが楽になるみたいです。
もっと上とか、もっと下とか、どこを押せば楽になるのか悩みますが、
力強く押しました。

体が動くぐらい本気で押しました。
それぐらいで良いみたいです。

無事に生まれてきてくれたら

よく頑張ったねと声をかけました。
命がけで出産してくれたことに本当に感謝の気持ちが溢れました。

そして、赤ちゃんと対面できた時には、
写真だったり、ビデオを回して記録を残しました。

僕ができたことはそれくらいです。
男にできることって本当に少ないです。

女性は偉大。と本当に改めて思います。

終わりに

出産に立ち会って夫ができることは、ほぼ何もありません。

それでも出産に立ち会って良かったなと思うことは、
生まれてきた我が子は奥さんが本当に必死に、命がけで生んだということが
しっかりと記憶に刻まれることだと思います。

これは出産に立ち会わないとわからないことです。
自分もこうやって生まれてきたんだと、改めて自分の親に感謝することにも繋がります。

奥さんが苦しむ姿を見るのは辛いですが、
出産に立ち会って良かったなと思います。

と、いうわけで僕が出産に立ち会ってできたことのお話でした。

ABOUT ME
かつ太郎
現在は千葉県在住の一般人です。 映画、ドラマ、アニメ、本から名言を収集するのを楽しんでいます。旅行やフィルムカメラも好きで色々と楽しんでいます。  家族の影響でGLAYがとても好きです。 そんな自分の好きなことを皆さんの参考になるように紹介していけたらなと思っています!