LIFE STYLE

あだち充『MIX(ミックス)』で『タッチ』 を見直したくなる名シーン!!

 2019年からタッチの30年後を描いたあだち充の作品『ミックス(ミックス)』が放送されています。『タッチ』といえば誰もが知っている名作野球漫画ではないでしょうか?そんな『タッチ』の続編ということで『ミックス(ミックス)』の今後の展開から目が離せません!
 そして『タッチ』のあのシーンが回想されたりと『タッチ』を見直したくなる方もいるのではないでしょうか?そこでこの記事では『タッチ』を見直したくなる『ミックス(ミックス)』の名シーンを紹介したいと思います。

『ミックス(ミックス)』とは

伝説、ふたたび。

『タッチ』から『ミックス(ミックス)』へ。

30年経った明青学園が、また騒がしい。

青春、恋愛、ときどき野球。

明青学園に運命の兄弟ふたたび。タッチの30年後を描く、あだち充の集大成。

このように公式サイトにはキャッチコピーがあります。あだち充の集大成という言葉からこの物語にかける想いが感じられて本当に今後の展開が楽しみです!

あらすじ

 舞台は『タッチ』と同じ明青学園です。上杉達也の甲子園優勝の伝説は明青学園では伝説になっていました。けれどもそれ以来、明青学園は甲子園出場どころか、すっかり弱小高校になってしまっていました。

 上杉達也の伝説から30年後、明青学園に運命の兄弟が入学します。それは、親の再婚によって血は繋がらないけれども誕生日が同じで、双子?の兄弟となった「立花投馬」「立花走一郎」です。そして走一郎の実妹「立花音美」や上杉達也のライバルだった勢南高校野球部エース・西村勇の息子「西村拓味」、健丈高校(元須見工)の注目のバッター「赤井智仁」といったキャラクター達が登場します。立花兄弟は甲子園の土を踏むことができるんでしょうか?

『タッチ』を見直したくなる名シーン!

第5話 ピッチャーだろ?

第5話の「ピッチャーだろ?」では、現在は勢南の監督で、かつては上杉達也のライバルだった西村勇が初めて投馬のピッチングを目にするシーンがあります。投馬のピッチングを見た西村はあの夏の試合を思い出すのでした。

それは『タッチ』第41話「雨の延長11回!二死満塁!!バッター西村」の回です。

エース上杉に勢南はノーヒットに押さえ込まれていました。延長11回にフォアボールとエラー、デットボールで二死満塁になり西村に打席が回ってきました。フルカウントになり上杉が投じた勝負球は西村の得意な高めのストレートでした。西村は自分の一番好きなところに投げ込まれたストレートに反応できませんでした。そしてフォアボール押し出しとなり試合は勢南が勝利しました。

試合には勝ったけれども手が出せなかった西村は全く勝った気がしなかった。

あの夏、上杉の高めのストレートに手が出せなかったことを監督になった今でも西村勇は悔やんでいるのでした。『タッチ』の名シーンが『ミックス』にも出てきてすごく面白い回でした。

第17話 やっぱり誰かに

立花兄弟1年目の夏、甲子園予選の二回戦。
相手の三光学院は30年以上チームを率いる大ベテランの江古田監督の下で二度の甲子園出場を含め毎年安定した成績を残しており、シード校にこそならなかったものの、ここ数年で一番との評判の声がある伝統校だった。 
 試合終盤になっても三光学院にはヒットが一本も出ていませんでした。江古田監督の脳裏に30年前の明青学園伝説のエース・上杉達也にくらったノーヒットノーランの記憶がよみがえり、その姿が今の投馬と重なります。 その時、投馬はかつての上杉と同じ三光学院相手にノーヒットノーランを達成するという回です。江古田が上杉のことを思い出したシーンはすごく胸熱でした。達也の伝説は今でも人々の記憶に残り続けています!!

さてこのシーンは『タッチ』では第94話「準決勝真最中!なるかタッちゃん大記録!」との関連があります。

上杉達也3年夏の甲子園予選準決勝。相手は三光学院。江古田監督率いる三光学院は準々決勝で西村の調子が上がらない勢南に勝って準決勝に駒を進めてきていました。江古田監督が若いです 笑

江古田は「お前達は勢南の西村を打ち崩したんだから絶対勝てる」とチームを鼓舞し続けます。楽観的なのはこの頃から変わったいません。江古田監督の期待とは裏腹にチームはノーヒットが続き、ついに上杉にノーヒット・ノーランをを達成されてしまうのでした。そしてこの記憶は30年後に立花投馬によって蘇らせられることになります。

達也の名言があるので紹介します!

“狙ってやらなきゃ意味がねぇんだよ。
実績と自信さ。なんたって経験の少ない俺には積み重ねたものがねぇからな。とにかくなんでもいい、自分の支えになるものがはっきりとした形で欲しいんだよ。須見工とやる前にな”

達也は狙ってノーヒット・ノーランをやってのけました。かっこいいです!

上杉達也の伝説が30年後に蘇ったシーンでした。この先どんな展開があるのでしょうか?そして上杉達也や朝倉南は登場するのでしょうか?とても楽しみです。『タッチ』の懐かしのシーンが登場したらまた紹介していきたいと思います。

ABOUT ME
かつ太郎
現在は千葉県在住の一般人です。 映画、ドラマ、アニメ、本から名言を収集するのを楽しんでいます。旅行やフィルムカメラも好きで色々と楽しんでいます。  家族の影響でGLAYがとても好きです。 そんな自分の好きなことを皆さんの参考になるように紹介していけたらなと思っています!