LIFE STYLE

イチローの努力する名言!!

2019年に引退したイチローは偉大な選手でした。もうあのプレーが見れないと思うと寂しい気持ちになりますね。野球というスポーツを通じて人間力を高めているという感じで武士のような人でした。そんなイチローの素敵な言葉をまとめてみました。

4000本のヒットを打つために8000回以上の悔しい思いをしてきている。その中で常に自分なりに向き合ってきたという事実はある。誇れるとしたらそこではないかと思う。

結果よりもそこにたどり着くまでの過程を誇りに思うイチロー。成功の裏には数知れない努力の成果があるんですね。8000回以上も悔しい思いをするんです・・・。偉大な選手です。

特別なことをするために
特別なことをするのではない
特別なことをするために
普段どおりの当たり前のことをする

普段の積み重ねがいつかとんでもない所に自分を連れて行ってくれるということですかね。ある時だけ頑張ってもダメなんですね。普段の日常をいかに大切にして努力を継続できるかが重要ということでしょう。

進化するときっていうのはカタチはあんまり変わらない。
だけど見えないところが変わっている。
それがほんとの進化じゃないですかね。

これが進化の感覚。気がつかないうちに変わっている。自分もこの感覚わかります。ある日突然自分の成長に気がつくんですよね。

結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。
決してあきらめない姿勢が何かを生み出すきっかけをつくる。

あきらめてはいけない。これが大切。継続することをやめてはいけませんね。

年を重ねると肉体的な脂肪とは別に精神的な脂肪がついてします。これはすごくやっかい。なかなかとれない。大人になっても子供のような無邪気さはとても魅力的。

若いときって怖いもの知らずでなんでも飛び込んでいけますよね。それが大人になると精神的な脂肪がついて体が重くなってしまう。大人になっても挑戦することを続けていきたいと思います。

続けることに意味なんてない。ただ好きだから。そこに理屈なんてない。ローリングストーンズ、ミックジャガーがなんで続けているか?金持ちになりたいなんてとっくにクリアしてる。魅力的な大人、輝いてる大人は追えるものを持っている。

好きなことを続ける。現役を引退したイチローは次はどんなものを追いかけるのでしょうか。

一番の近道は遠回りをするっていう感覚

遠回りって実は近道なんですよね。遠回りをしないと気づけないこと学べないことがあります。そしてそれを知ることが結果的に自分の成長に繋がる。そういうことでしょうか。

野球というのはスポーツとしてというよりも自分という人間を作っていくうえでの手段の一つでもあったりするので、野球の中で人間として何かを得られたという実感がたくさんあってそういう瞬間にやってて良かったなって思いますね。

イチローは野球というスポーツというよりも、野球道という道で自分を高めているんですね。まさに侍です。

結局は細かいことを積み重ねることでしか頂上にいけない。それ以外に方法はない。

数々の偉大な記録を打ち立ててきたイチローの言葉には説得力があります。

ここまできて思うのはまず、手の届く目標を立て、ひとつひとつクリアしていけば最初は手が届かないと思っていた目標にもやがて手が届くようになるということですね。

小さな目標をクリアしていくことがまずは大切ですね。

ABOUT ME
かつ太郎
現在は千葉県在住の一般人です。 映画、ドラマ、アニメ、本から名言を収集するのを楽しんでいます。旅行やフィルムカメラも好きで色々と楽しんでいます。  家族の影響でGLAYがとても好きです。 そんな自分の好きなことを皆さんの参考になるように紹介していけたらなと思っています!