LIFE STYLE

グッときた名言!!ドラマ・アニメ編

壁がないように見えません?
壁なんてないよ。あるのは運命だけ。

ドラマ「僕、運命の人です」第4話より

戻れたらいいけど、戻れないからな。一度後悔したことは、二度と繰り返さないようにすればいいんじゃないのかな。それが後悔した意味なんだと思う

いつも心は虹色に。

アニメ「多田くんは恋をしない」

星空観察で多田くんがテレサに言ったセリフで、このアニメの名シーンでした。テレサが多田くんへの恋に気が付いた瞬間でした!

飛べない鳥が、飛べる鳥を見上げて、下を歩くのはごめんだ。
人生に曇りの日が増える。私は自分の人生を晴らしたい。曇り空を晴らしたい。
私は私の人生を生きる。

NHK朝ドラ「半分、青い」

ヒロインのすずめが漫画家を辞めることを決意した時に言ったセリフ

ポップス、ロック、クラシック、ジャズ、民謡、演歌、オペラ、地球は歌で溢れている。 
もし私の人生を歌にしたとすれば、
それはきっとブルースだ。
お別ればかりのブルース。
別れなんて来ない方がいいに決まってる。
だけど、別れたからこそ巡り会える人もいる。
曲がらなかったはずの曲がり角を曲がると
歩かなかったはずの道がある。
そこにはなかったはずの明日がある。
その先には出会わなかったはずの小さな奇跡がある。

ドラマ「義母と母のブルース」最終話

このドラマは主題歌も素敵でした。

全知全能など必要ない。人の想いは未来を変えることができる。過去の過ちさえ変えることができる。生命とは正しい未来へと導く力のことだ。そしてもう一つの生命によって世界が支配され続けないよう、全ての生命には終わりがあり、次の世代へバトンが渡されていく。そのことだけは忘れるな。

ドラマ「安藤ロイド」5話

篤蔵
元気にやってるか 俺は相変わらず養生の日々だ
良くなればまた復学する心づもりだったが、どうやらそれは怪しくなってきたようだ。当分生きられるかもしれないが東京に戻ることはできないだろう。きっとここで体を労りながら一生を終えるのだと思う。俺はこの不条理を幾千、幾万という人がいるなかで自分が病にかかってしまったことへの不条理をいまだに飲み込めていない。取り立てて悪いことをしたわけでもない。ごく普通に生きてきた自分がなぜ病に襲われなければならなかったのか。運命を呪っている。
俺は存外に生臭い男だ。このままでは世を呪い続けてあの世に行くことになろう。けれどそれはあまりに不幸で情けない。だから御前の夢を一緒に追いかけさせて欲しいと思った。
篤蔵、この世に生まれ職も成さず家も成さず何事もなし得ることなく終わっていくであろう俺に誇りを与えて欲しい。俺の弟は帝国一のシェフになったとそれは俺のお陰でもあると胸を張らせて欲しい。
その金は俺の生々しい欲望だ。かろうじてまだ生きているその証だ。
篤蔵 パリへ行け 俺の命を抱いて飛んでくれ

ドラマ「天皇の料理番」

このドラマの一番好きなシーンです。
お兄さんからの手紙が感動的です。この手紙を機に篤蔵はパリへ飛び立つのでした。

人はサイコロと同じで、自らを人生へと投げ込む

アニメ「ブラックラグーン」#24

恋って会ってる時間じゃなくて、会わない時間に生まれるものなんじゃないですか?

どこにでもいる子になりたくない子って、どこにでもいるよ

道があって 約束があって ちょっとの運があればまた会えます

ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」
ABOUT ME
かつ太郎
現在は千葉県在住の一般人です。 映画、ドラマ、アニメ、本から名言を収集するのを楽しんでいます。旅行やフィルムカメラも好きで色々と楽しんでいます。  家族の影響でGLAYがとても好きです。 そんな自分の好きなことを皆さんの参考になるように紹介していけたらなと思っています!