LIFE STYLE

上原浩治『覚悟の決め方』読んで

僕は野球が好きだった

僕は小学生の頃野球が好きでした。サッカーよりも野球派でした。
僕が小学生で野球が好きだった頃のプロ野球といえば松坂大輔がデビューした年です。
すごい騒ぎでしたね。平成の怪物と言われた高卒ルーキーがプロ野球選手になっていきなりの活躍。そして当時は珍しかった150キロ以上のストレートの連続。155キロを出してテレビでも特集されるような活躍ぶりでした。

巨人が好きだった

さて松坂大輔の話をしてしまいましたが当時、僕が好きだったのは巨人です(笑)
長嶋監督の時代で清原、松井、仁志、元木といった選手がいた時代です。そして松坂と同じくルーキーで上原浩治がいました。ルーキー上原も大活躍していました。なんとデビューした年に20勝しています!恐ろしいルーキーです。

負けない上原

上原が投げると大体の試合が勝つのでみていてすごく楽しかったです。
前置きが長くなってしましましたが、そんな上原も2019年に引退してしまいました。
イチローも引退してしまいました。僕が少年だった時代のスター選手が引退していくのは寂しいものです。僕は上原選手の著書を読んだことがあります。そこで印象に残っているのが次の言葉です。

メジャーのブルペンでは、こういう言葉がよく交わされる。
「New Day, New Day」
ニュー・デイ 意訳すればこういう意味だろうか。
「また、がんばればいいじゃないか」

『覚悟の決め方』上原浩治 より

また頑張ればいいじゃないか。
前向きな言葉です。長いことプロの野球選手として活躍した上原選手ですがメジャーに行って怪我をしたり、活躍できなかったり、悔いる強い思いを数え切れないほどしてきたと思います。そんな時にこの「New Day」という言葉を胸に頑張っていたのかもしれませんね。

努力は報われる

苦労を重ねた上原選手は2013年にメジャーリーグの名門ボストンレッドソックスで大活躍し日本人として初めてワールドシリーズ胴上げ投手になりました。僕は日本でテレビでみていましたが、上原選手の活躍が同じ日本人としてすごく嬉しかったです。そしてその活躍をみて僕が思ったことは努力は報われるということ。失敗してしまった日には「New Day,New Day」時にこの言葉を思い出して頑張ろう。今日はそんな気分です!

youtube  松井激男さんのチャネルより
ABOUT ME
かつ太郎
現在は千葉県在住の一般人です。 映画、ドラマ、アニメ、本から名言を収集するのを楽しんでいます。旅行やフィルムカメラも好きで色々と楽しんでいます。  家族の影響でGLAYがとても好きです。 そんな自分の好きなことを皆さんの参考になるように紹介していけたらなと思っています!