LIFE STYLE

人生はたったの「4000週間」。限られた時間をどう使いますか?

80歳くらいまで生きるとして、人生はたったの4000週間。

僕はこの事実を『限りある時間の使い方』という本を読んで知りました。今まで考えたこともなかった・・・。

人生はいつかは終わる。それは誰しもわかっていることだけれども、何となく生きてしまいがちです。好きでもない仕事を毎日やっている。給料のために働いている。休みの日が来るのを今か今かと待っている。

でもそれで本当にいいのか?

誰もが一度きりの人生は存分に生きたいと思うはず。じゃあ限られた人生の時間をどう過ごせばいいのか?

時間は支配できないと認める

「時間を上手く使わなければ」というプレッシャーってすごいです。時間を無駄にすると何だかすごく悪いことをした気分になります。

やることが多すぎてパンクしそうな時には、やることを減らそうとするのではなく、「時間の使い方を改善しよう」と考えます。もっと効率的にとか、もっと生産性を上げようとか、もっと頑張ろうとか、もっと長い時間働こうという感じです。

時間を上手く使えるかどうかが自分という人間の価値に直結してしまう。僕たちはそんなプレッシャーを感じながら日々を過ごしています。

効果的な時間管理術とは?

急げば急ぐほど、時間のかかる仕事(あるいは幼児の世話)にイライラする。計画を完璧にこなそうとすればするほど、小さな不確定要素への恐怖が高まる。時間を自分の自由に使おうとすればするほど、人生は孤独になっていく

『限りある時間の使い方』

時間を支配しようとすれば、結局は時間に支配されてしまう。時間を支配することはできません。

なので、

他の何よりも効果的な時間管理術は現実を直視することです。

自分には限界がある。その事実を直視して受け入れること。効率を求めても実現できることは限られます。人はいつだって何かを選び、他の多くのものを捨てて喪失感に耐えないといけないんです。

現実から目をそらしていた方が人生は快適かもしれない。でも、重要なことをやり遂げるためには、思い通りにならない現実に向き合うしかない。その事実を受け入れて覚悟を決めましょう。

ワンピースのルフィの言葉を確信をついています。

支配なんかしねえよ。この海で一番自由な奴が海賊王だ。

モンキー・D・ルフィ

支配をしようとするのではなくて、時間を支配できないということをまずは認めましょう。

人の苦しみの根源

禅の教えによると、人の苦しみはすべて、現実を認めたくないという気持ちから生じるのだという。「こんなはずではなかった」「どうして思い通りにいかないんだ」という気持ちこそが、苦しみの根源なのだ

『限りある時間の使い方』

人生は有限なのに現実に向き合うことを避けがちです。自分の有限性を直視して初めて本当の意味で人は自分の人生を生き始めます。

現実を直視することから始めよう。

解決策がない、という事実こそがある意味で解決策だといえるかもしれない。

人生には「今」しかない

限られた時間をどう使うかを考える時には、まずは「時間がない」という不愉快な現実を直視することが重要。ただ一方でそもそも時間を「ある」とか「ない」捉えること自体、よく考えるとおかしいんです。

「3時間ある」と思っていても、実際には別の仕事が割り込んできて全然時間がなくなるかもしれないし、「3日ある」と思っているうちに、うっかり死ぬかもしれない。例え予想通りに3時間が手に入ったとしても、それが事実となるのは3時間が過ぎ去ったあとの時点に限られている

未来が確信に変わるのは、それがすでに過去になってからどいうこと。

つまり人生には「今」しかない。次に何が起こるのかわからない不確実な瞬間瞬間をただ生きるしかないということになります。

「いつか何かをしたら」という考え方には注意

時間をうまく使おうとすればするほど、今日や明日という日は、理想的な未来にたどり着くための単なる通過点になってしまいます。

未来志向の態度は「いつか何かをしたら」という考え方にもつながりやすいです。「いつか仕事が落ち着いたら」「いつか素敵な人に出会ったら」「いつか心理的な問題が解決したら」その時初めて本当の人生を生きられるという具合に。

「いつか何かをしたら」というマインドの人は、まだ大事なことが達成されていないせいで現在の自分が満たされていないと考えるようになります。

でも、そんな現在を先延ばしにする考え方をしていたらいつまでたっても満たされることはない。仕事が落ち着いても、素敵な人に出会っても、その時はまた充実感を先延ばしにするための別の理由を見つけてしまう。

教育について考えてみればいい。まるで詐欺だ。まだ幼い子どもの頃から保育園に入れられる。保育園では、幼稚園に行くための準備をしろと言われる。幼稚園に入ったら1年生の準備、1年生になったら2年生の準備。そうやって高校まで行ったら、今度は大学に行く準備だ。そして大学では、ビジネスの世界に出る準備をしろと言われる。・・・こんな人生、顔の前にぶら下がったニンジンを追いかけるロバみたいなものだ。誰もここにいない。誰もそこにたどり着けない。誰も人生を生きていないんだ。

『限りある時間の使い方』

とはいえ「今」を生きるのも簡単ではない

「今この時を最大限に味わおう」をやろうとすること自体に不断の努力が必要になる。そして努力をすればするほど意識は「今」から離れていってしまう。

眠ろうと頑張ると眠れなくなるし、全集中の呼吸をしようとしてもそんなに簡単にはできない。

今を生きるとは、今ここから逃れられないという事実を、だた静かに受け入れることなのかもしれない。

どんなに現在に不満を抱えていても、それが現実。それを静かに受け入れて、やるべきことを粛々とやっていくしかない。

それが今を生きるってことなんだと思う。

時間の使い方

最後に時間を有効に使うために大切なことを3つ紹介します。

シェアをする

時間がないよりはあった方がいい。でも時間がいくらあったって、一人ぼっちではあまり意味がありません。

時間を意味のあることに使うには友達と遊んだり、デートをしたり、子供を育てたりといった他人との関係が不可欠です。

たとえ時間がありあまっていても共に過ごす人がいなければ意味がありません。

それどころか逆に苦痛に感じるでしょう。

なので時間をシャアするという意識を持つと充実した生活が送れます。

次にすべきことをする

たとえ正解がわからなくても、とにかく次にすべきことをやるしかない。

「それしかできない」ということは、裏を返せば「それしかしなくていい」ということ。

その現実を潔く受け入れることで充足感が得られる。

時間をうまく使ったといえる唯一の基準は、自分に与えられた時間をしっかりと生き、限られた時間と能力のなかでやれることをやったかどうかです。

立派な仕事だろうと、ちっぽけな趣味だろうと関係ありません。

大事なのは自分だけの次の一歩を踏みだすこと。

何もしない練習をする

人間の不幸はすべて、一人で部屋でじっとしていられないことに由来する

ブレーズ・パスカル

現代に生きる僕たちは、休みですら休むことに使おうとはせず、「有意義に使う」とか「無駄にしないように」という考え方にすっかり染まってしまっている。

将来に向けて何らかの価値を生み出さないものはすべて単なる怠惰でしかない。将来のためにならない過ごし方をするとなんだか悪いことをしたような気分になる。

そうやって純粋にただ休むことすらも、すごく難しくなっている。

でも本当は休みを「無駄に」過ごすことこそ、休みを無駄にしない唯一の方法ではないですか?

何の役にもたたないことに時間を使い、その体験を純粋に楽しむこと。将来に備えて自分を高めるのではなく、ただ何もしないで休むこと。

人生を存分に生きるためには、将来に向けた学びや鍛錬をいったん忘れる時間も必要です。

「何かをしないと気がすまない」という気持ちから、やる必要のないことをやってストレスを感じたり、将来に役立つことをやらなければと思い込んで、楽しみや満足をいつまでも先送りにしてしまったりする。

何もしないことができる人は、自分の時間を自分のために使える人。心を落ち着かせて自分だけの限られた時間をじっくり味わいましょう。

終わりに

本記事は『限られた時間の使い方』という本を参考に書きました。

生産性、効率、タイムマネジメント術は確かに大切ですが、どんなにそれらを高めていっても自分の時間には限りがあるし、限界があります。

本書では、その現実をまずは受け入れることの重要性が解かれています。

時間に関しての考察がすごく深く参考になりました。

何度も読み返したいと思える本だったのでおすすめです。

それでは。

Advertisements