LIFE STYLE

人生を楽に生きるための心がけ6選!!

こんにちは。

生活をしていると色々なことありますよね。

楽しいこともあれば悩むこともあります。
最近の僕は自分の時間をいかに充実させるかということがテーマになっています。

仕事があり、子供もいます。
自分の時間があるだけいいじゃないか!と奥さんには言われてしまいそうです、、、。
確かにそうですね。家事に育児に本当に大変だと思います。僕もできる限りのことをしているつもりです。

そんな中でも隙間時間を見つけてこうしてブログを書いたり、
読書をしてなんとか自分の時間を見つけています。

そこで思いついたのが本日のテーマの「楽に生きるための心がけ」です。僕は日々どんなことを大切にして生活をしているのか?そこで僕なりの楽に生きる心がけをまとめてみました。

こんな人に向けて書いています。

・毎日の生活に追われてしまっている人

・余裕がなくなっている人

・息詰まっている人

・「最近何もしていないな〜」と悩んでいる人

それでは読んでみてください。

あたり前なことをしっかりやる

あいさつをする

いきなり何あたり前な事言っているんだ!
そうツッコミを入れる人もいるかもしれませんが、このあたり前な事ができていない人って結構いませんか?

部活でもバイトでも会社でもあいさつは必ず必要です。
人としてあたり前のことではないでしょうか?けれどもこのあたり前なことができない人を僕は最近よく見かけます。

しっかりとあいさつができるだけで、その人は他のできない人よりも頭一つ抜け出すことができます。

あいさつができないだけでその人はなんとなく感じが悪い人と周りの人に思われしまうんです。それって良くないですよね?

あいさつは大切なコミュニケーションです!
あいさつをしっかりすれば、できない人よりも確実に楽に生きれますよ!!
もしできていない人がいたら明日から早速実践しましょう!!必ず気持ちよく1日をスタートできるはずです!

約束は守る

これもあたり前なことです。

毎日の忙しさを理由に守れていない約束はありませんか?
約束は守るのは楽に生きるコツです。なんの知名度もない僕でもそんなことはわかります。

何か思い当たることはありませんか?

例えば、奥さんに
「今日の夜は食器洗い僕がやるよ!」と言ったとします。いざ夜になって食べ終わったら眠くなってしまいました。結局食器洗いは奥さんがやることに、、、。

こんな些細なことですが、約束を守らなかったが為にお互いにモヤモヤします。

では逆のパターンです。
明日は出かけるから8時に起きよう!!と約束をしたとします。
翌朝、奥さんは10時まで起きませんでした、、、。
悲しくなりませんか?せっかく楽しみな予定を考えていたのに考え直しです。
この場合は許してあげる懐の広さも重要ですが、お互いが約束を守れれば面倒な話し合いは必要ありません。

遊ぶ約束だったり、デートの約束をすっぽかされたらイラっとしますよね?
そんなことを続けていたら信用がなくなって、余計なことに気を使うことになりますよね?

小さな約束から大きな約束までしっかり守って、楽にいきましょう!

ちゃんと連絡する

前の話と似ていますが、ちゃんと連絡はしましょう。

約束を守ることは大切です。けれども何かの理由で守れなくなってしまう事もありますよね?
そんな時は必ず連絡です。あたり前ですよね?

けどできない人もいるんですよ、、。

学生の頃よくあった話をします。
友達数人で遊ぶ約束をして、12時に待ち合わせと決めていたとします。

12時になって一人を除き、みんな集まりました。
連絡をしても返事はない。「どうしたんだろう」ってなりますよね?

結局その友達は寝坊というか起きれなかったのが理由で一時間くらい遅れてきました。
遅れるなら遅れるでいいんですけど、何の連絡もないって意味わからないですよね?

それ以降その友達の信用はなくなり、約束の時間まえであっても他が揃えば遅れてくることが前提で考えられている為、待たれなくなりました 笑

連絡はちゃんとしましょう!
あたり前のことができないが為に、余計なことに気を使わされることは楽に生きることの邪魔になります。

読書

読書は様々なことを学ぶことができます。
著者の経験から語られる知識を自分の生活の知恵にすることができます。

自分の時間を持つことで心に余裕や充実感も生まれます。
心を豊かにすることで楽に生きることに繋がります!!

今回の記事で紹介したあたり前のことを大切にするという考え方も本から得た生活の知恵です。せっかくなので二冊紹介します。

あたり前のことを考え直すオススメの本

繰り返しますが、あたり前のことをあたり前に続けられることが楽に生きるコツです

こちらの『人生やらなくていいリスト』には四角さん自身が理想的な人生を生きる為に実践してきたことが書かれています。楽に生きるコツの参考になるかと思います。

あたり前なことをやることの大切さが書かれた部分がありますので引用します。

デキるすごい人とは、仕事を始めた頃に一生懸命にやっていた「あたり前のこと」を、ずっと続けられる人のことを言うのだ。

『人生やらなくていいリスト』四角大輔 講談社+α文庫

確かにそうかもしれないと頷けますよね?

次にもう一冊好きな本を紹介します。

松浦弥太郎さんの著書です。僕は松浦弥太郎さんが好きで他にも何冊か持っています。

その中でも松浦さんが日々の生活で大切にしていきたい100の基本が語られたこの本は印象に残る一冊です。やっぱり何らかの実績を残している人は基本的なことを大切にしているなとわかります。

あなた自身の100の基本を考えて、楽に生きる心がけを考えてみてはどうでしょうか?

早起きをする

昔から「早起きは三文の徳」ということわざがありますよね?

無理して早起きをする必要はないと思いますが、早起きはやっぱり良いことだと思っています。僕がこの前そう感じたエピソードを紹介します。

先日、奥さんに布団をコインランドリーで洗濯してくるようにお願いされていました。
コインランドリーを利用したことがある人ならわかると思いますが、時間がかかります。洗濯をして乾燥をして合計で一時間以上はかかります。

貴重な休みがコインランドリーに行かないといけないというプレッシャーに支配される。
面倒じゃないですか?

そこで僕は朝6時に起きてコインランドリーに行き、
そして静かな朝に暖かい飲み物を飲みながら読書をして洗濯が終わるのを待ちました。

早起きをしたおかげで朝の8時にはコインランドリーから帰宅し、僕のやるべき仕事は終了しました。朝の8時ですよ!後の時間は心に余裕を持って過ごすことができます。

これが逆に朝11時くらいまで寝ていたらどうでしょうか?
色々していたらコインランドリーから帰ってくる頃には一日の半分が終わってしまっている時間になってしまいますよね?

休みの日を寝て過ごすのが幸せな時もありますが、僕は時間を大切にしたいです。
早起きをして一日をスタートすればいつもよりも特をした気分になるし、実際読書をしたりしてかなり充実した時間が持てました。

早起きも楽に生きるコツです。

生活の生産性を高める

毎日生活していると洗濯に家事にやるべきことはたくさんあります。
忙しくて何もできないということを減らす為には生産性を高める必要があります。

これはちきりんさん著の『自分の時間を取り戻そう』を参考にしています。

この本について書いた記事もありますのでこちらもどうぞ。
・ちきりん著『自分の時間を取り戻そう』まとめ。生産性を高めてゆとりと成功を手に入れる方法!!

生産性を高めて、楽に生きる為に次のことを実践してみてはどうでしょうか?

完璧を目指す必要はない

「すべての仕事をやる必要はない」「どうしてもやらないといけないこと以外はやらない」と決めることで、「それはどれか?」という優先順位を考える発想が強制的に生み出せ、かつ、「最初に、もっとも重要な仕事に時間を使う」という生産性の高い時間の使い方が実現します。

『自分の時間を取り戻そう』ちきりん ダイヤモンド社

一日で「やりたいこと」と「やるべきこと」を分けましょう。

「洗濯機の洗濯槽を洗いたい」
「洗面所を掃除したい」
「服を買いに行きたい」
「布団を洗濯したい」
「自転車をメンテナンスしたい」
「断捨離したい」

少し思いついただけでも「やりたいこと」はたくさん出てきます。
けれども一日で全部をやるのは大変ですよね?

だから「やるべきこと」を決めて、まず終わらせまてしまいましょう。
この仕事さえ終わっていれば他の仕事は終わっていなくても問題ないという割り切りが大事です。

仕事だけでなく日常の生活の中でも生産性を高めて楽に生きましょう。

終わりに

楽に生きる心がけは他にもたくさんあります。

今僕が思いつくことをまとめてみました。
この先も追加で書いていこうと思います。

皆さんも生活に工夫をして人生を楽に生きましょう!!

ありがとうございました。



ABOUT ME
かつ太郎
現在は千葉県在住の一般人です。 映画、ドラマ、アニメ、本から名言を収集するのを楽しんでいます。旅行やフィルムカメラも好きで色々と楽しんでいます。  家族の影響でGLAYがとても好きです。 そんな自分の好きなことを皆さんの参考になるように紹介していけたらなと思っています!