LIFE STYLE

『星の王子さま』と僕

『星の王子さま』を読んだことがある方はとても多いと思います。
僕が初めて読んだのは高校生の頃です。ですがその頃の僕には素晴らしさが全くわかりませんでした、、、。
読み直すきっかけになったのは社会人になってから。
たまたま訪れた「星の王子さまミュージアム」が素敵だったからです。

こちらのミュージアムはサン=テグジュペリの生誕100年を記念した世界的記念事業の一環として作られた『星の王子さま』をテーマにした世界で唯一のミュージアムということで空間がすごく素敵です。

展示ホールでは資料やサン=テグジュペリが過ごした当時の風景が再現されています。『星の王子さま』が生まれるまでのサン=テグジュペリの切なくもドラマチックな生涯には、すごく感動します。まさかサン=テグジュペリの生涯が偵察飛行に飛び立ったまま消息を絶って終わってしまうとは知らなかったので衝撃的でした。

ミュージアムを訪れた後すぐに本棚に眠っていた『星の王子さま』を読み直しました。すると心に響く言葉がたくさんあり、本は折り目だらけになりました。自分が大人になってしまったという寂しさを感じたのを覚えています。
↓↓名言についてはこちらのページで
『星の王子さま』名言

「ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。いちばんたいせつなことは目に見えない」。いつから大切なことから目を背けるようになっていたのだろうと考えてしまいます。

ある素敵な恋人たちがとても素敵に見えるのは、その二人の中に目には見えない愛が隠れているから。ある家族の家がとても素敵なのはその中に目には見えない宝物が隠れているから。「大切なことは目に見えない」本当にその通りです。物事の本質に目を向けることって本当に大切だと思います。
『星の王子さま』本当に大好きです。
皆さんも「星の王子さまミュージアム」に行き、『星の王子さま』を読み直してみてください。きっと新しい発見があると思います。

ABOUT ME
かつ太郎
現在は千葉県在住の一般人です。 映画、ドラマ、アニメ、本から名言を収集するのを楽しんでいます。旅行やフィルムカメラも好きで色々と楽しんでいます。  家族の影響でGLAYがとても好きです。 そんな自分の好きなことを皆さんの参考になるように紹介していけたらなと思っています!