LIFE STYLE

大学生に読書がオススメな理由!!読書するだけで周りから頭一つ抜け出せる!

大学生に読書がオススメな理由

それを説明します。

なぜ大学生に読書がオススメか?

・時間がある。

・読書するだけで周りから頭一つ抜け出せる。

この二つだと思います。

それでは説明していきます。

大学生には時間がある

社会人と比べて大学生は本を読む機会が圧倒的に多いです。

・社会人の場合
仕事にもよりますが、僕の場合1日8時間は仕事に拘束されてしまいます。
朝の出勤前か寝る前の時間、休日に読書の時間を確保しないといけません。

・大学生の場合はどうか?
極論を言えば学校を休んで読書をすることだってできます。
他にも通学中の電車の中、つまらない講義の途中などなど。
時間を見つければいくらでも時間を捻出できます。

社会人でも読書はできますが、時間の確保という点において大学生の方が時間が圧倒的に多いことに異論はないでしょう。

バイトやサークルだけに時間を使ってしまうのは勿体無いですよ。

今日から読書を始めましょう。

読書するだけで周りから頭一つ抜け出せる

読書するだけで周りと差をつけられます。

逆を言えば読まなければ簡単に差をつけられてしまいます。

実際僕の学生時代を思い出すと本を読んでいる人は本当に少なかった。
講義中といえば寝ているか話している人が本当に多い。

大丈夫なのか?とよく思っていました。

出典:第54回学生生活実態調査の概要報告

上のデータをみてください。
やばいですよね?

48%の大学生が読書時間ゼロです。
読書をするだけで上位52%に入ることができます。

大学生の本業は学問することです。
読書しましょう。

読書がオススメな理由を次に説明します。

読書の効果

教養を磨ける

教養とは何か。

教養とは知識を知恵にする力

池上彰「大学で学ぶ教養とは」講演会より

池上先生は教養は知識を知恵にする力だと言っていました。

読書をして知識を身につけ、読書から得たものを実生活の中でアウトプットし知恵としていけば教養を磨いていくことができます。

教養というのは漠然としていますが、読書を続けていけば気がついたら違う自分になっているはずです。

あれこれ考えて何もしないよりも読書しましょう。

言葉との出会いがある

読書は著者との対話です。

読者が人生経験から得たものを読書を通じて知ることができます。

本で出会った言葉が自分の人生を変えたり、感動を与えてくれることがあります。

学生時代に読んだ岡本太郎の『自分の中に毒をもて』は僕の学生生活に大きな影響を与えました。そして今、僕の胸に響いている言葉はGLAYのリーダーTAKUROの『胸懐』の中の言葉です。

母親が赤ん坊に唄う子守唄にかなう歌なんて、どこにもありはしない

『胸懐』TAKURO 幻冬舎文庫 第一章より

この言葉がすごく僕に感動を与えています。
奥さんが子供に子守唄を歌っている姿を見ると本当にそうだなと思います。

読書での素敵な言葉との出会いが心を豊かにしてくれますよ。

心を自由にしてくれる

読書を自分の現状を客観視させてくれます。

「世の中にはこんな生き方をしている人もいる」
「こんな考え方もあるのか」
「時間の使い方、お金の使い方」

得られる知識は多種多様です。

僕の例を話しますね。

ブログネタに悩んでいた→読書→自分の生活の中の価値を発見

時間の少なさに悩む→読書→生活の生産性をあげる重要性に気がつく

読書は日常の悩みや困難から心を自由にしてくれます。

この時に僕が読んだ本についての記事はこちらです。
・ちきりん著『マーケット感覚を身につけよう』まとめ!仕事で役立つスキルを身に付けたい人にオススメ!!
ちきりん著『自分の時間を取り戻そう』まとめ。生産性を高めてゆとりと成功を手に入れる方法!!

読書は生産性の高い学びのツール

では学ぶのに読書じゃなくてはいけないのか?

勿論そんなことはありません。
読書からではなくても学びの機会はたくさんあります。

最近ではYouTubeなどの動画からだって学ぶことはできます。
読書にこだわる必要はありません。自分の好きなものから色々吸収していくことが大事だと思います。

それでも僕は読書をオススメします。

2時間の対談を聴くには2時間の時間がかかります。聞き取れる程度に早送り再生をしても、1時間以上はかかるでしょう。
でも2時間分の対談の書き起こし原稿が手元にあったら、多くの人は30分もかからず、全体の主旨を理解することができます。速い人なら15分ほどで理解できるでしょう。これはテキストの生産性が動画より4倍から8倍も高いことを意味しています。

『自分の時間を取り戻そう』ちきりん ダイヤモンド社

動画での学習は楽しいし、わかりやすいです。
それでも内容を知る、知識をストックするという意味で読書は生産性が高いです。

読書はとても生産性の高い学びのツールです。

終わりに

大学生に読書がオススメな理由は、

・時間がある。
・読書するだけで周りから頭一つ抜け出せる。

という内容の記事でした。

そして読書のメリットとしては

・教養が磨ける

・言葉との出会いがある

・心を自由にしてくれる

・読書は生産性の高い学びのツール

上記のようなメリットがあります。

以上、大学生に読書がオススメな理由でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
かつ太郎
現在は千葉県在住の一般人です。 映画、ドラマ、アニメ、本から名言を収集するのを楽しんでいます。旅行やフィルムカメラも好きで色々と楽しんでいます。  家族の影響でGLAYがとても好きです。 そんな自分の好きなことを皆さんの参考になるように紹介していけたらなと思っています!