LIFE STYLE

大宮は盆栽の聖地?

さいたま市にある大宮公園の北側のある一帯は「大宮盆栽村」と呼ばれている。

このエリアには「さいたま市大宮盆栽美術館」や6つの盆栽園が集まっています。

盆栽村の誕生

盆栽村が誕生したのは大正末期とのこと。

現在の東京都の本郷・駒込周辺には多数の盆栽業者や植木職人が暮らしていたそうです。けれども大正12年(1923)に発生した関東大震災で被災し、震災の影響から盆栽業者たちは東京を離れることを決断。

そして移り住んだのが大宮というわけです。当時「源太郎山」と呼ばれていた、雑木林が生い茂るこの地を拓いて集団で移り住んだのが大宮盆栽村の始まりです。

盆栽村の発展

盆栽村は、六義園を中心とした当時の高級住宅街「大和郷」を参考に村づくりが行われたと言われます。土地は碁盤目状に仕切られ、盆栽業者には1区画300〜1500坪と広大な土地が賃貸された。

車社会の到来を想定して道幅は広く造成され、街路樹として桜などが植栽されました。実際に歩きましたが、確かに道幅は広いし、緑が多くてとても歩いていて気持ちのいい通りでした。

そして、昭和3年(1928)には盆栽村組合が組織され、盆栽を10鉢以上所有する門戸を開放しておく、2階建ての家を建てない、家の囲いは生垣にするなどの条件を盛り込んだ「移住規約」が作られるとともに、全国から移住者が募られた。昭和10年(1935)頃には約30軒の盆栽園のほか、盆栽愛好家らの邸宅や別荘などが点在する緑豊かな郊外住宅地へと姿を変えて盆栽村は最盛期を迎えました。

盆栽の聖地へ

戦争が激しさを増すにつれて、盆栽は時局にふさわしくない贅沢品とされて、盆栽園の多くが廃業してしまいました。

戦後に非難を受けながらも盆栽を守り抜いた数軒の盆栽園の努力により、奇跡的な復興を遂げたが「移住規約」は効力を失って広大な盆栽園や別荘地は切り売りされていきました。

かつてのような盆栽村が蘇ることはなかったけれども、この地で作られる「大宮の盆栽」は日本だけでなく、世界中へ「BONSAI」として知れ渡り、今では世界中の愛好家たちが訪れる「盆栽の聖地」になっているんです。

次に歩いた時には写真を撮ってもう少し現地の様子をレポートしたいと思います。

それでは。

Advertisements