LIFE STYLE

転勤のある仕事について。メリット、デメリットを解説します!

「転勤のある仕事ってどうなの?」

この記事ではそんな疑問にお答えします!

僕は就職してから6年の間に3回の転勤を経験しました。その間に結婚や子供も生まれました。転勤の多い会社に勤める中で感じたメリットとデメリットをこの記事では紹介したいと思います。

転勤と聞くとマイナスのイメージを持つ人が多いと思いますが悪いことばかりではありません。良いこともありますよ。

就職活動中の学生の方や転職を考えている方で「転勤がある会社ってどうなの?」という疑問を持っている人のお役に立てればなと思います。

それでは紹介していきます!

転勤のメリット

①人生経験が豊かになる

僕
これまでの転勤で栃木の宇都宮と千葉の一宮町での生活を経験しました!

妻
栃木の日光とか千葉の勝浦の海とかすごい楽しかった!!

人生経験が豊かになったと思うこと

・知らない土地に住んだ経験

・その土地で暮らしている人達との出会い

栃木の宇都宮に住んでいた頃は観光地の日光や那須に車で60分以内に行けました。戦場ヶ原に満点の星空を見に行ったり、鬼怒川温泉に行ったりと観光地の近くに住んでいないと中々できない経験をたくさんすることができました。

千葉の一宮に住んでいる頃は海がすぐ近くにありました。一宮町はサーファーがすごく多いんです。僕は一宮で初めてサーフィンをしている人達に出会いました。サーファーって本当にいたんだ!!というのが僕の素直な感想です。

サーフィンをするために移住してくる人もいて、「世の中には人生をこんなに楽しんでいる人達がいるんだ!!」という自分とは全く違う生き方をしている人達の姿はすごく新鮮でした。

転勤がなかったら絶対に住んでいなかったと思う土地での生活はすごく新鮮で様々な発見があります。そしてその場所で暮らす人との出会いも素晴らしいです。

自分と違う価値観で生きている人との出会いは新鮮で、自分も何かやってみよう!という気持ちがすごく湧いてきます。

こうした知らない土地での生活や人との出会いは転勤を経験した人にしか味わうことのできない貴重な経験です。

②嫌な人ともサヨナラできる

僕の今の職場には人間関係が理由で前の会社を辞めて、転職してきた人がいます。

その人は「この会社は嫌な人がいても何年か我慢すればいなくなるからいいよ」とよく言っています。

確かにその通りで、嫌な人と働き続けるのはしんどいです。

僕の経験から言えること

・職場の人間関係はすごく重要

・仕事内容よりも人間関係の方がストレス

職場に嫌な人がいて、その人とこの先もずっと働き続けないといけないとなったら絶望してしまいます。けれども転勤があれば嫌な人もそのうちいなくなります。嫌な人とサヨナラできるのも転勤のメリットと言えます。

また仕事が辛いと感じる時ってありますよね?

僕も何度も辛かったり苦しかった経験があります。それでも続けられたのは職場の人間関係が良かったからです。僕は仕事内容よりも人間関係の方がストレスになると感じています。僕の価値観から言えることは職場の人間関係ってすごく大事だということです。

仕事って辛いことがあっても人間関係が良ければ続けられます

転勤があれば嫌な人がそのうちいなくなるか、自分が異動になります。それは職場に嫌な人がいる場合、心の救いになります。

③手当がつく会社もある

会社によって制度に違いはあると思いますが転勤があると色々と手当がつく会社もあります。

僕の会社の場合は引越し手当で20万円ほど手当がつきました。そして引越し費用は会社負担です。会社都合で転勤するんですから当然と言えば当然なんですがこれは嬉しかったです。

あとは住宅手当もあるので通常借りるとしたら6万円ほどかかる物件に1万5千円で住めています。

転勤が多いと何かと大変ですが手当がつくのはメリットだと思います。

もしも海外転勤があるような会社だったら海外赴任手当がつく会社もあるのではないでしょうか。

転勤することで金銭の懐が潤う人もいるのではないでしょうか。

④新しい環境で心機一転

転勤をすると同じ会社でも人が違うので働き方や仕事の進め方も違ったりします。それが勉強になったり、新しい知識の習得につながります。

それに長く同じ場所で働いていると居心地はいいかもしれませんがマンネリ化することもあるのではないでしょうか?

転勤によって環境が変わると新しい環境でまた頑張るぞ!というやる気が出ます。前の環境でイマイチだった人が転勤先の職場で大活躍なんて話も聞いたりします。

転勤で自分の心が一度リセットされるのはモチベーションが高まるし、新しい環境や人との出会いが自己成長につながります

「前の職場ではこんな良い点があったのに、今の職場ではここがイマイチだな」という発見があったりします。

そういうところを改善していけば職場環境はさらによくなります。

同じ場所で働き続けていると問題点があっても風景になってしまって気づきがなくなってしまいます。

転勤して新しい環境で新鮮な気持ちで働くのは色々な発見や成長をもたらしてくれます。

⑤転勤がきっかけで結婚する人もいる

転勤の数だけ新しい人との出会いもあります。僕の周りには転勤先で出会って結婚した人がたくさんいます。

転勤をすると知らない土地で生活することになるので大体の人が孤独になります。孤独の時に自分を支えてくれる人がいるのはすごく力になります。なので恋愛も上手くいくのではないでしょうか。

僕も孤独がきっかけで交友関係を広げた結果、彼女ができて結婚をしました。転勤は新しい出会いのチャンスに溢れています。

転勤がきっかけで生涯のパートナーと出会うなんてまさに運命の出会いです。転勤がなかったら出会ってなかったんですから。

転勤がきっかけで結婚する人の話についてはこちらの記事も良かったら読んでみてください。

⑥部屋が片付く

転勤の度に不要なものを捨てるので部屋が片付きます。不要なもので部屋が溢れていたりすると何となくモヤモヤしませんか?

僕はモヤモヤします。いつか着よう、いつか使おうと考えたままずっと手付かずになっているものありませんか?

僕は着ない服や、使わない物を転勤の度に断捨離してきました。そうすると部屋も片付くし心もすごくスッキリします。

また引越しの為に冷蔵庫を空にしたり、電子レンジを拭いたりと大掃除をします。綺麗に片付いた部屋で生活をすると気持ちがいいです。

「また転勤があるからなー」と考えると無駄なものも買わなくなります。不要なものを買ってしまうと引越しが大変になるからです。

転勤を利用して片付いた部屋で生活をするのは結構オススメです。

転勤のデメリット

では次に転勤のデメリットについてです。

①家族のことや恋人のことで悩む

転勤で一番はじめに頭に浮かぶのは大切な人とのことでしょう。結婚している人は単身赴任を考えないといけないかもしれません。

僕は結婚もして子供もいますがまだ小さいので転勤にも対応ができます。けれども小学校に通うようになった時に、親の転勤の度に転校をさせるのは可哀想だなと考えています。だからといって単身赴任で家族が離れ離れになるのも嫌なので会社の制度を利用して転勤の範囲を狭めるか、もしくは転職という選択肢も視野に入れて悩んだりします。

また恋愛関係の人と遠距離恋愛になる可能性もあります。転勤が理由で恋人に泣かれた人や別れた人も僕は知っています。遠距離恋愛は僕も経験しましたが結構寂しいです。さらに転勤があるので結婚のタイミングもどうしようかなと悩んだりもしました。

「転勤族だけど結婚してくれるんだろうか・・・」と悩んだこともあります。とにかく転勤に悩みは付き物です。

転勤で家族や恋人といった大切な人のことで悩むタイミングは間違いなくあります。

②引越しが大変

とにかく引越しが大変だし面倒です。

物が少ないから引越しは楽だなと思っていても、いざ準備をしてみると意外と自分の持ち物の多さに驚く人もいるのではないでしょうか。「こんなに物あったっけ?」と思うことがよくありましたw

また、家族が増えると物も増えます。結婚したら、子供ができたら、と物が増えていきます。引越しも大変になっていきます。僕の経験だと落ち着いた生活を取り戻すのに2週間から1ヶ月はかかります。

家族にも負担をかけることになるので心のケアはすごく大切だと思います。

③手続きが面倒

引越しも大変ですが、住所変更などの各種手続きがすごく面倒です。

面倒な手続き

・役所への転入・転出届

・免許証の住所変更

・郵便局への住所変更届

・ガス、水道、電気、インターネットなどライフラインの手続き

・児童手当などの申請

住民票や免許証の住所変更を面倒でしない人もいるかもしれませんが、やはり面倒でもしておいた方が便利です。

ライフラインの手続きも転勤の度にやるのでかなり面倒です。解約と契約を並行して進めるので面倒です。ガスは立ち合いも必要ですし、、、。

またお子さんがいる方にとっては手当も申請しなおさないといけなくなります。児童手当だったり予防接種の手続きだったりやることはたくさんあります。

手続きが大変なのは転勤のデメリットです。

④気の合う仲間との別れがある

転勤のメリットとして嫌な人とサヨナラできると紹介しましたが、反対に気の合う仲間との別れもあります。

すごく気の合うメンバーとの出会いがあってもやがて終わりがきます。僕は宇都宮で働いている時すごく楽しかったです。大学生の頃よりも青春した気がします。それくらい同僚と過ごす時間が楽しかったです。このままずっとこのメンバーで働けたら楽しいのになと考えたりもしました。

それでも一人、また一人と転勤していきます。

嫌な人との別れは嬉しくても、仲の良い仲間との別れは寂しいです。「せっかく楽しかったのに・・・」と悲しくなることも転勤のある会社ではよくあることです。

まとめ

転勤のメリットとデメリットについて書いてみました。

僕自身の意見としては転勤で悩んだことは何度もありますが、転勤を繰り返してきたことに後悔はありません。それはすごく貴重な経験がたくさんできたからです。最初にも書きましたが栃木の宇都宮での経験や千葉県の一宮町での生活は転勤がなければ間違いなく経験できない暮らしでした。

宇都宮に住んでいた頃は観光地の日光や那須には何度も行けたし、千葉の一宮に住んでいた頃はこれでもかというくらい海に行きました。この先あんなに海に行けることはもうないでしょうw

転勤がなければできない経験は間違いなくたくさんあります。家族のことや大切な人のことで悩むこともありますが、転勤がきっかけで家族の絆が更に深まることだってあるはずです。

人生は何とかなります!

転勤も前向きに考えれば人生の貴重な経験になるし楽しいですよ。

この記事が悩んでいる人の背中を少しでも押すきっかけになってくれれば嬉しいです。

それではまた!

Advertisements