LIFE STYLE

GLAY TAKUROの名言 『胸懐』が好き!!

GLAYのリーダーTAKUROさんの『胸懐』の名言を紹介します!
僕はGLAYが好きです。1999年の20万人ライブなどとても有名ですよね。そんなGLAYのリーダーTAKUROさんの著書『胸懐』は知っていますか?『胸懐』は2006年に発行されたTAKUROさんのエッセイで、ロックバンドのリーダーとしての苦悩や希望について綴られています。
僕はこの本が本当に好きで何度も読み返しました。読み返す度に発見があって好きなページを折っていくうちに、ページは折り目だらけになっています!本日はそんな僕の大好きな本『胸懐』の名言を紹介します

永遠なんてない。

永遠なんてない。

幼い頃、僕はそのことに気づいた。絶望したわけではない。むしろそのことに気づいてから、楽に生きられるようになった。自分の手の中にある幸せを、永遠に続かせたいと願うから、人は不幸になるのだろう。どんな幸せも、永遠には続かない。

でも、だからこそ、僕は今この幸せを抱きしめる。永遠なんてない。けれど、その一瞬は、永遠なのだろうと思う。人生がもし、そういう”一瞬の永遠”の連続だったら。生きることはどれだけ、輝かしいものになることだろう。世界はどれだけ、美しい場所になるだろう。

『胸懐』TAKURO 幻冬舎文庫

もうページをめくった1ページ目からいきなり名言が飛び出します!
さすが詩人と思ってしまいますよね。確かに永遠なんてないですよね。人は生まれた瞬間から死に向かって進んでいます。自分の命にもいつかは終わりがきます。でも終わりがあるからこそ今この瞬間に自分が生きていることへの感謝の思いが湧いてきます。その一瞬の中に永遠はあるとTAKUROさんは言っています。本当に何度読んでも美しい文章です。
幼い頃に気が付いたTAKUROさん本当にすごいです。

・今ここにある幸せは、そっと両手で包むように慈しむべきなのだ。かけがえのない今という瞬間を、未来に心悩ませることなく、ただひたすら愛すればいい。人にできることは、結局のところそれしかないのだから。

・人の人生は、生まれた場所に戻るための旅なのだ。その自分が生まれた場所が何処かということについては、本人がいろいろ考えてみなければならない余地は残るにせよ

・母親が赤ん坊に唄う子守唄にかなう歌なんて、どこにもありはしない

 

『胸懐』TAKURO 幻冬舎文庫 第一章より

すごく哲学的なことを考えさせてくれますね。「生まれた場所に戻るための旅」人生の命題の答えのような美しい言葉です。
そしてどんなに素晴らしい音楽も母親の子守唄にはかなわない。確かにそうなのかもしれません。究極のラブソングは世界中で売れた曲でもなければ、グラミー賞をとった曲でもないとTAKUROさんは教えてくれます。

ラジオが聴きたいんです

先生、すみません。途中ですけど、サッカー部辞めます

ラジオが聴きたいんです

『胸懐』TAKURO 幻冬舎文庫 第二章より

この部分は読んでてすごく面白かったです。
サッカー部の大会をとるかビートルズのラジオをとるか、中学二年生のTAKURO少年は悩み抜いた末にラジオをとったのです。けれどもこの決断があったからこそ今のGLAYがあるのだと思います。TAKUROさんの人生を変えた名言です。

・こいつらと一緒なら、すごいことができるかもしれないという予感をさせる人間がいる。平凡に過ぎていくであろう自分の人生を、艶やかにしてくれると感じさせる人との出会いというのは、人生の中でそうたくさんあるものじゃない

・シンデレラのガラスの靴の方がまだマシだ。僕の曲は、夜中の十二時までなんてとても持たなかった。夕方の六時半には、ドレスはボロボロ、馬車はカボチャに、御者はネズミに戻ってしまう

『胸懐』TAKURO 幻冬舎文庫 第二章より

人生を艶やかにしてくれそうな予感がする人との出会いってありますよね。僕も学生の頃に大切な友人と出会い今でも仲良く付き合っています。最初に声をかけようと思った時の感情はまさに、平凡な自分を変えてくれるかもしれないという期待感でした!
そしてTAKUROさんの十代の頃の曲作りの苦労が現れた言葉。諦めずに詩を書き続けたからこそ今のGLAYの成功があるのですね。夢を追うことの勇気が湧いてきます。

GLAYの苦労

・いくら大きい夢があっても、固い決意があったとしても、あっという間に生活の中に埋没してしまう危険をいつも伴っている。

・まるでツギハギだらけのジャケット、バンドとしてはこれ以上に、ショッパイというか格好悪いものはないのだが、それでもライブ活動は続けた。そうしなければ、僕らはただ日々の生活に追われ、バイトに疲れた兄ちゃんに過ぎなかった。自分たちにできる限りの事をやって、GLAYを育て続ける。それだけが僕ら三人の存在理由だった。

 

『胸懐』TAKURO 幻冬舎文庫 第三章より

東京で働きながらバンド活動を続ける。それが想像以上に厳しかったという現実の厳しさが伝わってくる言葉です。ガラガラのライブハウスで演奏するためにバイトをしてお金をためてスタジオに入って練習する。GLAYにもそんな時代がありました。

GLAYの成功

人生を歩き始め、大人としての自我が目覚める時期の、そういう淀みのような「暗闇」の中で、うじうじと思い悩んでいた僕に、彼女はこういった。

「でも結局さ、生きてるだけで丸儲けなんじゃないの」

『胸懐』TAKURO 幻冬舎文庫 第四章より

TAKUROさんの当時の彼女さんの言葉。
僕も思い悩んだときにはこの言葉をよく思い出しています。今こうして生きていられることがどれだけ幸せなことか。そのことに感謝しないといけませんね。

・命を終えるときに、自分の一生を振り返って、美しい人生だったといえるような、そういう人生を歩みたいと思う。

・美しい人生を送ろうとすることそのものが、美しい人生につながるのだと信じて生きるだけだ。答えはきっと、人生の終わりに出るものなのだろう。

・人生のピークはまだまだ先にあるのだと信じていたい

・生きていくことは、愛することであり、愛されることなのだ

『胸懐』TAKURO 幻冬舎文庫 第五章より

TAKUROさんはアイスランドの荒涼とした道で人生の心理に出会いました。
それが「生きていくことは、愛すること、愛されること」この言葉は「春を愛する人」の中でも使われているフレーズですね。僕も大好きな言葉です。

以上いかがだったでしょうか?『胸懐』のなかの僕の大好きな言葉をまとめてみました。
GLAYの成功までの道のりはすごくドラマがあって胸が熱くなる物語や名言もまだまだたくさんあるので、今後も紹介していきたいと思います!

合わせてこちらの記事もどうぞ!

ABOUT ME
tomato-t
現在は千葉県在住の一般人です。 映画、ドラマ、アニメ、本から名言を収集するのを楽しんでいます。旅行やフィルムカメラも好きで色々と楽しんでいます。  家族の影響でGLAYがとても好きです。 そんな自分の好きなことを皆さんの参考になるように紹介していけたらなと思っています!