LIFE STYLE

希望は永遠の命!!『ショーシャンクの空に』名言!!

この記事では名作映画「ショーシャンクの空に」の名言を紹介します。

「ショーシャンクの空に」はこんな映画

20年近くの刑務所生活の中でも自分を見失わずに脱獄に成功した男と、その親友の囚人の感動的なヒューマンストーリー映画です。ホラー小説で有名なスティーブン・キングの非ホラー小説の傑作と言われた『刑務所のリタ・ヘイワース』(邦訳は新潮文庫『ゴールデンボーイ』)をフランケンシュタイン(1994)の脚本家、フランク・ダラボンが映画化した作品。

“希望は永遠の命”

このセリフがとても心に残る作品です。

主人公アンディ・デュフレーンは無実にも関わらず妻と間男を殺した罪で投獄されてしまいました。

刑務所の中では暴力は横行しているし、恐ろしい男もいて絶望的な状況。

まして20年近くも刑務所生活を強いられたら普通は希望なんてものは捨ててしまいます。

それでもアンディは脱獄します。

その脱獄に成功した雨のシーンがこの映画はすごく有名

雨の中、アンディが脱獄して自由になった瞬間、そして最後のレッドとアンディが再開する友情シーンがすごく感動的で素晴らしいです。何度でも見れる素晴らしい映画です。

名言

自由の身にでもなったみたいだ

自由の身にでもなったみたいだ。

シャバのように思えた。

我々が神のようにも。

名言というよりは印象的なシーンです。

アンディと鬼署長の取引で、レッドたちは屋上のタール塗り作業を一度中断してビールを飲むことができたシーンです。

ビール一杯でも心は安らぐ。

刑務所の中での生活がどれだけ苦しいものか・・・。

ビールを飲んでいるこの瞬間だけはアンディもレッドもその現実を忘れられたんですね。

心の豊かさを失っちゃダメだ

音楽は決して人から奪えない

そう思わないか?

心の豊かさを失っちゃダメだ。

人間の心は石でできてるわけじゃない。

心の中には何かある。誰も奪えないあるものが。

希望だよ。

アンディは署長の隙をついて刑務所内のスピーカーから音楽を流しました

少しの時間しか流すことはできませんでしたが、音楽が流れている間はまるで時間が止まっているかのように囚人たちはその音に耳を傾けていました。

後日、アンディがその時のことを話していて、この発言が出ました。

心の豊かさは失ってはいけない。

けれどもそのアンディの発言に親友のレッドは「希望は危険だぞ、正気を失わせる、塀の中では禁物だ」と注告するのでした。

レッドはこれまで希望を何度も打ち砕かれてきました。

レッドは30年も刑務所にいるのですから当然です。希望なんて持てなくなります。

あるのは絶望だけです。

それでもアンディは希望を失いませんでした。

アンディの希望

太平洋の別名を?

記憶のない海。

あそこに住みたい。記憶のない場所に。

海岸の近くにホテルを開くんだ。

古いボートを買って修理し、客を乗せて釣りにでる。

アンディは自分が無実だということを知り、真犯人も誰かがわかりました。

それでも刑務所を出れないことに絶望してしまいます。

そんな時にレッドと話してアンディは自分の希望の話をするのでした。

海はとても広く記憶や信条を持たないため“記憶のない海”と呼ばれるそうです。

必死に生きるか、必死に死ぬか

選択肢は二つだけ。

必死に生きるか

必死に死ぬか

アンディはこの時に脱獄を決意したんだと思います。

レッドに仮釈放になったら「バクストンの牧草地に行き、石垣の根元の見慣れない石を探し、その石の下を掘るんだ」と告げるのでした。

レッドもアンディの様子がおかしいことにすぐに気がつき心配するのでした。

アンディは必死に生きることを選択しました。

アンディの脱獄計画がすごかった。完璧な脱獄でした。

特に脱獄した後に大金持ちに変身したのはすごかった。頭良すぎです!!

レッドの更生

更生?

更生ね。どういう意味だか。

更生というのは国が作った言葉だ。

君たちに背広やタイや仕事を与えるために、罪を犯して後悔してるか知りたいのか?

後悔しない日などない。罪を犯したその日からだ。あの当時の俺は1人の男の命を奪ったバカな若造だった。彼と話したい。まともな話をしたい。今の気持ちとか、でもムリだ。彼はとうに死にこの老いぼれが残った。罪を背負って。

更生?全く意味のない言葉だ。不可の判を押せ、これは時間の無駄だ。正直言って仮釈放などどうでもいい。

終身刑で40年服役したレッドは更生したかと尋ねられた上記のように応えました。

更生しましたという言葉には何の意味もない。

更生という言葉では表すことができないくらいレッドは罪を犯したことを後悔し続けてきたのでしょう。

40年間です。

とても想像できません。

けれどもいくら反省や後悔をしたって人の命は戻ってきません。

レッドはそのことをよくわかっていました。

アンディの手紙

希望は永遠の命だ

仮釈放されたレッドはアンディが言っていたバクストンの牧草地に行きアンディの手紙を見つけました。

そこには“希望は永遠の命”とありました。

アンディがレッドに手紙を残していたことがすごく感動しました。

2人の友情は刑務所の中だけのものではなく、一生ものの友情だったということです!

レッドの希望

ワクワクして落ち着かない 自由な人間の喜びだ

この長旅の結末はまだわからない

国境を越せるといいが、親友と再会できるといいが

太平洋が青く美しいといいが

俺の希望だ。

仮釈放されたレッドがアンディに会いに行く旅の途中で語る言葉です。

40年も刑務所にいて人生の希望なんて失っていたレッドでしたが、アンディとの約束だけが今の彼を支える希望でした。

友達、友情には生きる希望があるということを教えてくれます。

終わりに

アンディとレッドの友情が本当に素晴らしいです。

そしてどんな状況でも希望を持つことの素晴らしさこの映画は教えてくれます。

度々出てくる『希望』が人生にとっていかに大切なものであるかをすごく感じさせてくれる感動的な映画です。

この記事は以上です。

ABOUT ME
かつ太郎
現在は千葉県在住の一般人です。 映画、ドラマ、アニメ、本から名言を収集するのを楽しんでいます。旅行やフィルムカメラも好きで色々と楽しんでいます。  家族の影響でGLAYがとても好きです。 そんな自分の好きなことを皆さんの参考になるように紹介していけたらなと思っています!