LIFE STYLE

運を上げる方法

  • 最近ついてない
  • 自分には運がない
  • どうしたら運が良くなるんだろう・・・

そんな悩みに寄り添う記事です。

『運は操れる』というメンタリストでお馴染みのDaiGoさんの著書を読みました。

そこから得た学びを本記事にまとめたいと思います。

結論からいえば運は操れる。

僕自身も自分は運が良いと思っています。それは生まれ持った環境ではなく自分自身の力で高めてきた運も結構あると思っています。

運の良さは単なる偶然ではなくて努力と行動次第で高めていくことができる。

その方法は下記3点です。

  1. 不安に強くなる
  2. 試行回数を増やす
  3. 気づく力を高める

それぞれ解説していきます。

方法①不安に強くなる

運の良さの正体は「粘り強さ」のようなものです。

他の人よりもたくさんのことを試す

試す回数が多いから成功することも多くなる。

バッターボックスに立ち続けなければそもそもヒットを打つこともできないのと同じです。

運を高めるためには試行回数を増やさないといけません。

そのためにまず取り組むべきは「不安に強くなる」というステップです。

不安が挑戦を遠ざける

不安を抱えやすい人は挑戦を避ける傾向が強くなります。

  • 「やってもどうせうまくいかない」
  • 「以前も失敗した」

後ろ向きな気持ちで行動するから失敗する可能性も高くなるし、失敗すれば「やっぱり自分には運がない」と不運を受け入れてしまうことに繋がります。

不安は無視しても意識しても降りかかる

じゃあ不安は無視すればいいのか?というとそれもNGです。

不安を抱いている自分と向き合わずに「自分は失敗するはずがない」と信じ込む人は一発勝負に出て失敗します。

仕事でよくわからないという不安な気持ちを放置して、そのまま勢いだけで突っ込んで結果的に失敗して二度手間になるという経験を過去に僕もしています。

相談するということを行なっていればそんなことにはならなかったはず。不安は無視しても自分に降りかかってきます。

なので不安と向き合うことが重要です。

不安と向き合う方法

  • ネガティブな感情を切り離す
  • 人生のコントローラビリテイを高める

上記2点です。

具体的なことは下記記事をどうぞ。

不安に強くなる方法 どうせ上手くいかない 前も失敗した 日常でふとした時に不安を感じる 寝る前に不安に襲われる なんだか落ち着かなくて焦りを感じる ...

ちなみに本の中では5つのテクニックが紹介されています。もっと詳しく知りたい人はぜひ本を読むことをお勧めします。

不安に強くなることができれば試行回数が増えていきます。結果、運も良くなっていくことに繋がります。

試行回数を増やす

不運は言ってしまえば生活習慣病のようなものです。

行動回数が少ないという状態が「運」がない状態です。なので新しいことを始めたり行動を増やせば、その努力が運を運んできてくれます。

すべての努力が夢を叶えるとは言いませんが、起こした行動は確実に現実を変化させます。

『運は操れる』DaiGo

運の良さが単なる偶然ではなくて、自分の努力や行動で高めることができると思えば希望が湧いてきますよね。

運がいい人ほど気長にチャンスを待ち、試行回数を増やし、同時に精度を高めるという努力を続けて、すぐに見切りをつけずにじっくりと観察して本質に迫ろうとします。

『運は操れる』DaiGo

試行回数を増やすことができれば運は上げられます。

試行回数を増やす方法

  • ラッキーアイテムを利用してみる
  • 日常の些細なことで冒険してみる
  • 書き出す
  • 場数を踏む
  • 運動する

僕が参考になったのは上記5点です。

具体的なテクニックに関しては下記記事をどうぞ。

行動するためのテクニック 行動力が向上する=行動回数が増える。 行動回数が増えると、成功する回数も増えますよね。 打席に立たなければヒットを打つこと...

気づく力を高める

運を上げる方法の最後は「気づく力を高める」です。

不安に強くなって、試行回数が増えれば運の種まきは完了です。あとは、運の芽を見つけること、気がつくことができればさらに運を高めることができます。

気づく力を高めるのに有効なのは下記2点です。

  • 長期的な視点で物事を眺める
  • 直感を信じる

それぞれ解説します。

長期的な視点で物事を眺める

長い目で見れば、目の前の不運に思える出来事も幸運だと考えられるようになります。

今日の悩みは1年後にはどうでもいいことになっていることがほとんどです。

あとで振り返ってみたときにあの時はあんなことで悩んでたなって思うことは多いですよね。なので長期的な視点を持つと目の前の出来事に一喜一憂することが減ります。

僕は今、自分では望んでいなかった単身赴任生活をしています。落胆もしたし一時的には落ち込みましたが、この経験も未来への種まきだと考えています。

ピンチはチャンスです。

目の前の出来事をきっかけにして運をさらに掴み取りましょう。そのために長期的な視点を持つことが重要です。

直感を信じてみる

2つ目は直感を信じるです。

直感を信じてすぐに行動に移せるかどうかが運・不運を左右することもあるからです。

好きなこと、得意なことをチャンスに変えていく決断はひらめきを信じることも大切です。「今やってみたい」と思ったことも時間が経つと人間は「やらない理由」を探すようになります。

石橋を叩いているとチャンスは過ぎ去ります。

渡れるはずの石橋を叩きすぎて壊してしまった「あの日」の後悔だって血となり肉となり骨となって僕を動かしていく

SEKAI NO OWARI 『炎の戦士』

「石橋を叩きすぎて壊してしまう」こともあるんです。

なので直感とひらめきに身を委ねるのも大切です。

「今やってみたいこと」は今すぐやった方がいい理由 やってみたいけどリスクが気になってなかなか行動できない 悩んでいるうちに結局何もやらないで時間だけが過ぎている ついつい先送りにして...

終わりに

運を上げる方法は3ステップです。

  • 不安に強くなる
  • 試行回数を増やす
  • 気づく力を高める

不安に強くなって、チャレンジしながら試行錯誤を続けて、目の前に訪れた幸運に気づくこと。

それが運を上げる方法です。

意識的に運を上げられるようにトレーニングをすることで確実に伸ばしていくことができる。

運は偶然だけではありません。

行動をしていきましょう。

それでは。

Advertisements