LIFE STYLE

【学生時代に感じた疑問】勉強する意味とは??悩んだ人必見です!!

こんにちはかつ太郎です。

みなさんは勉強する意味って何なんだろう?って考えたことありますか。
多分一度は考えてみたことがあると思います。僕も考えましたよ。

将来の役に立つから?

良い成績をとるため?

夢を叶えるため?

色々思い浮かびますよね。どれも正解のような気がしますが誰にでも当てはまるというわけではありません。僕は学生時代にこれといって夢はなかったし、良い成績をとって将来に役立てようとか就職を有利にしようとかいう考えもありませんでした。

文章にすると何とも無気力な学生です・・・

とにかく意味はよくわからないけど、何となく勉強しているという感じです。

改めて考えてみると勉強する意味って何なんでしょうね?

本日はそんな疑問について記事にしてみました。

この記事の内容

・なんで勉強するんだろう?

そんな疑問について

勉強をする意味

僕
何でだと思う??
妻
ん〜、何を言っても違うと言われる気がする 笑
僕
教えて欲しい??
妻
教えて!!

それでは結論から書きます。

勉強する意味は答えられなくてもいい。

本気で勉強できるものを探そう!!

え? 答えになってないじゃん。

そう思う人が大多数だと思いますがこれが僕の辿り着いた考えです。

こう考えられる理由についてもう少し詳しく書いていきます。

「わからない」ということが正解の質問もある。

もしも自分の子供が「勉強する意味って何?」と質問をしてきたらなんて答えますか?

一般的な回答として

・世の中を生きやすくするためだよ

・将来のためだよ

・立派な大人になるためだよ

とかが思い浮かびます。

けれどもここでよく考えてみてください。

・勉強したら本当に生きやすくなりますか?

・勉強したら本当に将来困らないんですか?

・勉強したら本当に立派な大人になれるんですか?

どうでしょうか。

そんな将来約束されていないですよね。

勉強しても人生上手くいかない人もいます

有名大学を卒業しても悪いことをする人もいます

政治家になっても、とても国民の代表とは言えないような人もいます

勉強を頑張っても将来のことは約束されません。

では勉強の意味って何でしょうか?

子供は鋭いです。結構確信をつく質問をしてきます。

そんな時に僕たちが答えられることは、

勉強してその答えを見つけなさい!!(ドヤ)

これでいいんじゃないでしょうか?

「わからない」ということが正解の質問もあります。

「わからない」ということが学びの動機になる

突然ですが皆さんは『はじめの一歩』という漫画を読んだことはありますか?

有名なボクシング漫画です。

主人公の一歩は不良少年たちにいじめられているところをボクサーの鷹村さんに助けられます。その後葉っぱつかみなど色々あり「強いって何だろう?」ということを知りたくてボクシングに打ち込んでいくお話です。

ここでのポイントは

強いって何だろう?

それがわからないから、それが知りたくてボクシングをするということです。

「わからない」ということが学びの動機になっていることに気がついていただけたかと思います

もしも一歩が「強いこと」の意味を知っていたらどうなっていたでしょうか?

多分、一歩はボクシングに興味をもたなかったはずです。

「わからない」→だから人は学ぶんです。

内田樹さんの本の中にもこのように書かれています。

根源的な意味での学びというのは自分が何を学んでいるのかを知らず、それが何の価値や意味や有用性を持つものであるのかも言えないところから始まるもの。

『下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち』内田樹

何だかよくわからないけど、やっている。

学びの同期というのはそんな感じなんです。

世の中は知らないことで溢れています。

宇宙の始まりは?

人類の起源は?

自分の祖先は?

考えれば考えるほどミステリアスの世界になっていきます。

分け入っていも 分け入っても 青い山

種田山頭火

僕の好きなことわざです。

勉強しても、勉強しても「わからない」。だから人生は一生勉強なんです。

それを知りたいと思うことの意味なんて考えても無駄です。細胞、遺伝子レベルでの人間が求めるものなんだと思います。

勉強する意味はわからなくていい。

意味がわからないから勉強する。

これでいいんです。

勉強をしないのはどうして?

では反対に勉強をしないのはどうしてでしょうか?

僕
なんでだと思う?

妻
ん〜。なんで?

僕
教えてあげましょう!

勉強をしないのは・・・

「わからない」ことが「わかっていない」から。

僕は大学生になって初めて金髪で長髪の友達ができました。

今までそんな芸能人やモデルみたいな髪型をした人は僕の周りにはいなかったんです。けれども初めてそういう人と出会ってなんてカッコいいんだ!!と衝撃を受けたことは今でも覚えています。

僕は大学生になるまで金髪で長髪がカッコいいということを知りませんでした。というか興味すらなかったんです。

でも友達は金髪・長髪がかっこいいことを知っていたんです。

ちょっと例えが変でしたかね?

これが「無知の知」というやつです。

「知らないこと」に気がついたんです。

発見や気づきがあれば人は勉強する!

つまりそういうことですよね。

だとしたら勉強しない子に勉強をさせるには、「わからない」ということに気がつかせてあげることが重要ということです。

勉強でも人生でも「知らないことに気がつく」「発見する」ということは素晴らしいということです!!

勉強する意味を考えるよりも大切なこと

ここまでの話を整理します。

・勉強する意味はわからなくていい

・「わからない」ことが学びの動機になる

・「わからない」ことに気がつくことが大事

勉強はなんのためにするの?という質問には答えられなくていいということを書いてきました。

そして、意味を考えるよりも大切なことをこの章では書きます。

僕は学生時代から映画や本の心に残った部分をノートに書き残しています。それはなぜか?

自分でもよくわかりません。

別に将来に役立てようとか、ブログで紹介しようとか、そんな考えは一切ありません。単純にやっていて楽しいから続けているんです。この趣味に意味なんてありません。

僕の大好きなGLAYは音楽で日本を元気にしています。

スティーブ・ジョブズはイノベーションで世界を変えました。

世界に名を残す偉人たちは自分の好きなことをとことん突き詰めた人達です。

彼らは自分の行動に意味なんて考えたでしょうか?

多分本当にやりたいことがある人はその行動の意味なんて考えません。

勉強の意味を考えて嫌々する勉強ならやめてしまえ!!

僕はそう思います。

そんなことよりも自分の心の底から湧き上がってくる「どうしてもやりたいこと」「何だかよくわからないけどやっていると楽しいこと」を見つけてください。

それが勉強をする意味を考えるよりも大切なことです。

本気になれるものを探しましょう!

ロックンロールは鳴り止まないっ!

終わりに

・勉強する意味は「わからない」が正解

・「わからない」からこそ勉強する

・「わからない」ことに気がつくことが大事

・意味なんか考えずに本気になれるものを見つけましょう!

これが僕の考えです。

勉強することの意味がわからなくて前に進めない人の参考になれば嬉しいです。

学問に王道なしです。

自分の勉強の道を探してください。

それではまた!!

ABOUT ME
かつ太郎
現在は千葉県在住の一般人です。 映画、ドラマ、アニメ、本から名言を収集するのを楽しんでいます。旅行やフィルムカメラも好きで色々と楽しんでいます。  家族の影響でGLAYがとても好きです。 そんな自分の好きなことを皆さんの参考になるように紹介していけたらなと思っています!