名言

映画『ガタカ』の名言【泣きたくなるほど好きな映画】

1997年のSF映画『ガタカ』。

この映画を僕が見たのは、仕事と自分の将来のことで悩み、人生に行き詰まりを感じていたときでした。

そして見終わった後には映画の素晴らしさに思わず部屋でひとり拍手をしたほど最高な映画でした。

この映画には自分の人生や、自分の可能性に疑問を持ってしまった時に、すごく勇気をくれる映画です。

「もう一度頑張ろう!!」という気合が入る最高な映画です。

僕は誰かと一緒にTSUTAYAに行った時、必ずこの映画をオススメしています。僕の好きな映画ベスト3には入る大好きな映画です。

この記事では名作映画『ガタカ』の名言を紹介します。

この記事がオススメな方

・『ガタカ』を見て感動した方

・名言が気になる方

『ガタカ』のあらすじ

   遺伝子工学の発達によって優秀な遺伝子を組み合わせて生まれた「適性者」が支配し、人間の生活も固定化されてしまった未来世界。

自然出産で生まれた「不適性者」のヴィンセント(イーサン・ホーク)は、宇宙飛行士になる夢をかなえるため、遺伝子適性をごまかして宇宙局「ガタカ」へ入社。しかし、ある日社内で殺人事件が起きて、ヴィンセントが犯人と疑われてしまいます。

遺伝子で人間の全てが評価されてしまう社会の中で宇宙飛行士になるという自分の夢を追いかけるヴィンセントの苦悩と希望を描いたSF映画です。

遺伝子、運命なんかに負けない、と必死に自分の夢を追いかける主人公ヴィンセントの姿から目が離せません。

『ガタカ』はU-NEXTで無料体験を使えばお金をかけずに視聴できます。

今すぐ『ガタカ』を観る
クリックするとU-NEXT公式HPに移動します。
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに。
※31日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。

※本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


『ガタカ』の名言

名言① 運命に遺伝子はない

運命に遺伝子はない

宇宙飛行士になるという夢を叶えるため、

ヴィンセントは水泳のスター選手として活躍していた優秀な遺伝子を持つジェロームという男性になりすますことになります。

優秀な遺伝子を持つジェロームは車椅子生活。不適合者ヴィンセントは宇宙に行きます。

運命に遺伝子はありません。

運命には偶然が働く余地があるということです。

この点に関して僕は五木寛之さんの著書『人生案内』で感銘を受けた部分があるので紹介します。

宿命というのは必然です。これは変えようがない。しかし、そこにもうひとつ、今度は人間の運命というものがかかわりあってくる。この運命というものは他から宿命に向けて働きかけてくるものであるから偶然が働く余地がある。

だから人間の未来には宿命という必然と、運命という偶然が働く余地がある。だからどんなにつらくても生き続けていること。そうすれば、その運命の偶然と出会うことがある。

『人生案内』五木寛之

これはまさにヴィンセントの姿に重なります。

五木寛之さんの言葉をふまえるとこうなります。

宿命に遺伝子はあるが、運命に遺伝子はない

生き続ける。そしてヴィンセントは遺伝子のない運命によって夢を叶えます。

名言② できるんだ。可能なんだ。

みんな欠点を探して、それしか見えてない。できるんだ。可能なんだよ。

 ヴィンセントは不適合者であることを恋人のアイリーンにバレてしまいます。

ヴィンセントはアイリーンに遺伝子の判定による自分の寿命はもう過ぎていることを伝えます。

「不可能よ」と信じられない様子のアイリーンに向けてヴィンセントは「できるんだ。可能なんだ」という名言を残します。

アイリーンたち適合者は遺伝子の限界に縛られてしまい、自分たちの可能性を信じる心を無くしてしまっていたのです

「夢を諦めない」

「人間には無限の可能性がある」

ということを自らの行動で証明していくヴィンセントの姿にはもう本当に感動します。

名言③ くじけずに頑張ればいつか成功する

くじけずに頑張ればいつか成功する

最後はこの姿勢です。

ヴィンセントも最後の最後までピンチの連続でした。けれどもくじけずに頑張り続けたからこそ、最後には宇宙に飛び立ちます。

その「いつか」がいつ訪れるかはわかりませんが、途中で諦めてしまえば成功はなくなります。

頑張り続ける限り可能性はなくなりません。

仕事でくじけそうになった時にはヴィンセントの精神を思い出してください。

名言④ 宇宙へ行きたいから

ジェローム:なぜ“ガタカ”へ?

ヴィンセント:宇宙へ行きたいから

ジェローム:何がある?

ヴィンセント:それを見にいく

このジェロームとヴィンセントの会話のシーンもすごくグッときました。

ヴィンセントが宇宙に行きたいのは「何があるのかわからないから」なんです。

この会話から学べることは

夢を持つことに理由なんて必要ない。

まず夢があって、理由はその後についてくる。

何かに興味を持った時、あれこれ考えてやらない理由探してませんか?

興味が湧いたのならまずはやってみることです。

理由なんて考えなくていいんです。

夢や希望、興味は「理屈じゃない」ということです。

名言⑤ 太陽を1周するだけよ

ヴィンセント:1年は長い

アイリーン:そうでもないわ。太陽を1周するだけよ。

宇宙に出発する前のヴィンセントとアイリーンの会話です。

この言い回しが僕は大好きです。

「太陽を1周するだけ」

言ってみたい。

僕
今年ももう終わりか。また太陽を1周したんだね。

妻
「・・・・・・」

名言⑥ 僕は故郷へ帰るのかもしれない

地球には居場所がないと思っていたのに去るのが辛かった。

命は宇宙の塵の中から生まれたという。

僕は故郷へ帰るのかもしれない

宇宙へと飛び立ち、遂に夢を叶えた瞬間のヴィンセントの言葉です。

映画のラストシーンです。

本当に感動しますよ。

確かに僕たち人間の故郷は宇宙なのかもしれないですね。

そして最後のこのシーンの音楽も最高でした。

映画『ガタカ』は本当にオススメ

仕事と自分の将来のことで悩み、人生に行き詰まりを感じていたときに僕は『ガタカ』をみました。

そして見終わった後には映画の素晴らしさに思わず部屋でひとり拍手をしたほど最高な映画でした。

この映画には自分の人生や、自分の可能性に疑問を持ってしまった時に、すごく勇気をくれる映画です。

主人公のヴィンセントの遺伝子に負けずに自分の運命を変えていく姿勢には本当に感動と勇気をもらえます。

「もう一度頑張ろう!!」という気合が入る最高な映画です。

悩み、苦しんでいる時こは是非この映画から力をもらってください。

『ガタカ』はU-NEXTで無料体験を使えばお金をかけずに観ることが可能です!

今すぐ『ガタカ』を観る

クリックするとU-NEXT公式HPに移動します
無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに
※31日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。

※本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


ABOUT ME
かつ太郎
現在は千葉県在住の一般人です。 映画、ドラマ、アニメ、本から名言を収集するのを楽しんでいます。旅行やフィルムカメラも好きで色々と楽しんでいます。  家族の影響でGLAYがとても好きです。 そんな自分の好きなことを皆さんの参考になるように紹介していけたらなと思っています!