学生時代

厳しい部活から得られるものは何か?

部活が厳しくて辛い。

周りの人は学生生活を楽しんでいるのに自分は厳しい部活でしんどい思いをしている。

厳しい部活を頑張る必要ないんじゃないか・・・。

厳しい部活から得られるものは何だか知りたい・・・。

この記事ではそんな悩みを抱えている人に向けて書きます。

この記事を書いている僕は中学・高校の6年間ずっと陸上部の長距離種目の選手でした。苦しくて辛い練習も何度も経験しました。

辞めたくなったり、逃げ出したくなることもしばしば。

けれども厳しい部活を経験したからこそ得られたこともありました。

部活をしんどいと感じているのであればこの記事を読んで、自分を励ますと共に部活について考えるきっかけにしてもらえればと思います。

厳しい部活から得られるものは何か?

厳しい部活を通じて学んだことは2つです。

  • メンタルが強くなる
  • 継続力は最強だと知る

順番に解説します。

メンタルが強くなる

厳しさに耐えるとメンタルが強くなります。

自分の限界値が高くなるのでちょっとやそっとでは弱音を吐かなくなりました。

  • あの練習と比べたらまだまだ余裕
  • あのキツさに耐えたんだからまだできるはず。

上記のような感じで僕は強くなりました。

高校時代の1日はこんな感じです。

朝5時起き 
→通学は電車と自転車で40分

7時から朝練開始 

昼間は授業 


午後練は日々異なる
→それなりに毎日ハードな練習

夜7時〜8時くらいには帰宅

勉強

10時か11時には就寝

かつ
かつ
毎朝の5時起きは本当にしんどかった・・・

疲れて帰ってきて、勉強して、やっと寝れたと思ったらもう朝がきてまた部活。布団に入った時が一番幸せでした。

社会人になってからの方が大変って教えられてたけど・・・

比べるのもどうかと思いますが、正直僕は高校時代の生活の方がきつかったです。

夏休みと冬休みに実施される合宿はキツすぎて思い出したくありません・・・

筋肉痛であんなに体が痛くなった経験は後にも先にもあの時だけです。何度走るのを諦めようと思ったことか数え切れません。

高校時代の厳しい部活で僕のメンタルは相当鍛えられました。

仕事でキツイことがあっても

高校時代にあんなに頑張れたんだからまだまだ大丈夫。

そう思えることがほとんどです。

部活に一生懸命になれるのは学生時代の今だけ。

厳しい部活で大変でも後になって振り返ってみるとあの時のあの経験が今の自分を支えていると実感するシーンもあります。

部活を通じてメンタルを強化することができます。

継続力は最強だと知る

継続することは本当に重要だと学びました。

初めから上手くいくことなんてほとんどありません。

部活に入部した当初は毎日の練習をこなすだけで精一杯でした。

コツコツ継続していたらいつも間にか成長していた

中学生になって陸上部に入部した時のことです。

  • 2キロ走っただけでもう無理と何度も考えた
  • 朝練だけでも限界を感じていた。
  • 朝練のあとは汗で髪の毛が濡れていてシャワー浴びたの?と間違えられるレベル
  • 追い討ちをかけるように午後練では5キロ走が必ずありました(キツすぎて仮病を使おうと何度も考えました)

小学生時代1キロ以上の距離を走ったことがない自分が初めての朝練でいきなり2キロです。午後練なんて5キロ走ります。

未知の世界。毎日基礎トレーニングだけで倒れそうになっていました。

そんな僕でも半年後には5キロ走も息切れしないで走れるようになりました。

あの時に「継続は力なり」言葉の意味を身をもって実感しました。

同じようなことが高校時代にも起こります。

高校では走る距離が更に増えてまた未知の世界に入りました。中学時代と同じようにしんどい思いをしながら必死に厳しい練習に耐えました。

そうなると20キロ走っても息が上がらなくなります。本当に継続力の恩恵は素晴らしいです。

厳しい部活に入部するとこんな練習は耐えられない。

もう無理だと最初は何度も思います。

けれども継続するといつの間にかレベルアップしていることに気がつきます。

僕は厳しい部活から継続力は最強だと学びました。

部活を継続するかどうかの判断基準

厳しい部活を継続することで得られることは結構大きいです。

けれどもあまりにも厳しすぎて「もう無理、もう辞めたい」と思うことだってあると思います。

そんな時に判断基準になることは

「緊張と緩和のバランス」が取れていることです。

具体例:学生時代の部活経験

例えば僕が学生時代に厳しい陸上部に耐えられたのは次のような緊張と緩和のバランスがあったからです。

・入部したての春、基礎練習の5キロ走を毎回脱落しそうになりながら必死に走る → 秋になると息切れもしないで走れるようになった。 

・必死に練習する → 自己ベストを更新して嬉しい

・必死に練習する → 県大会に出場する

・必死に練習する → 駅伝でメンバーに選ばれる

このように厳しい練習を耐えた先に嬉しい結果があることが僕の部活を続けるモチベーションになりました。

ただただ辛いだけの部活ならとっくに辞めています。

なのでもし部活で悩んでいる時はこの緊張と緩和のバランスがどうなっているか考えてみてください。

「辞めたい」と思ったり「行きたくない」と思っているときは比重が緊張の方に大きく傾いている時です。

厳しい部活を通じて何か得られるものがあったかどうか?それを振り返ってみてください。

努力する方向を間違えているのであれば違う選択肢を考える必要があります。

終わりに

この記事では厳しい部活から学べることについて書きました。

・メンタルが強くなる

・継続力は最強だと知る

僕自身が厳しい部活の経験を通じて学べたことです。

辛い練習が続いたり、嫌なことがあった時はその先にある自分の将来の姿を想像できるかどうかがポイントだと思います。

・厳しい練習に耐えてちょっとやそっとのことでは動じない強靭なメンタルを獲得した自分を想像してみる

・厳しい部活を継続した自分が成長した姿を想像してみる

それが上手く想像できれば緊張と緩和のバランスを保てます。

厳しい部活から学べることは様々です。部活を辞めたとしてもこの部活は自分には向いていない部活だったということを学んだっていいんです。

どんな行動にも学びはあります。

是非素敵な学生生活を送ってください。

それでは。

Advertisements