名言

ドラマ『silent(サイレント)』の名言・グッとくる言葉

2022年10月スタートの“木曜劇場”は、川口春奈さんが主演を務める『silent』(サイレント)。

完全オリジナルとなる本作は、主人公の紬が、本気で愛するも別れることになってしまった高校時代の恋人・想と8年の時を経て偶然の再会をはたし、そこに待ち受けていた現実と向き合いながらも寄り添い、乗り越えていこうとする姿を丁寧に描いていくラブストーリー。大切な人との別れを乗り越え、今を生きようとしている女性と、障がいを患ってしまったことで自分と向き合えず別れを選んでしまった青年。音のない世界でもう一度“出会い直す”ことになった二人と、それを取り巻く人々が織り成す、せつなくも温かい物語が紡がれていきます―。

『silent』公式サイト

物語は第一話から映画のようなストーリーで先が本当に気になります。そして主演の二人の演技がすごくてドラマの世界に引き込まれます。

すごく心に響く言葉が作中にたびたび出てくるので、まとめていきたいと思います。

#1 本気で愛した彼は音のない世界で生きていた

今思うと学校っていうのはすごい場所だった。嫌でも週5で行く場所で、嫌でも週5で好きな人に会える場所だった。

青羽 紬

好きな人がいるだけで毎日の景色が変わるんですよね。

緊張してうまく話せなかったり、好きなのに避けてしまうような行動をとってしまったり・・・。一言でもちゃんと話せた瞬間があった日には、その記憶だけで1日は幸せな気持ちに包まれたり・・・。学生時代の思い出って甘酸っぱいです。。。

名前を呼びたくなる後ろ姿だった。卒業まであと何回名前を呼べるだろう?このまま友達のままだったら、あと何回だろう。

青羽 紬

このモヤモヤする気持ちすごくわかる。

自分は結局話しかける勇気がなくて最後まで何も行動できずに高校時代の青春を終えた当時の記憶が蘇ってきました・・・・。

青羽、好き。付き合って。

佐倉 想

こんな風に真っ直ぐ自分の気持ちを伝えられる人って本当にかっこいいと思う。

大学進学というタイミングで東京と群馬で離れ離れになるも、何も心配することはないと思っていた紬でしたが、紬は想から「好きな人がいる。別れたい」という一方的なラインのメッセージによって別れを告げられてしまいました。

何が理由なのかもわからないまま振られた紬。8年という時が過ぎても、紬には心残りがありました。

その好きな人とはどうなりましたか?好きだった人の好きな人ってどんな人ですか?

青羽 紬

もう一度話したかった。卒業した後元気だったのか。それだけ知りたかった。私は元気だよって伝えたかった。湊斗と付き合ってるんだよ。佐倉くんは?って今なら笑って聞ける気がした。だから会いたかった。

青羽 紬

こういう気持ちもすごくわかります。しっかりと終われなかった恋愛って結構後を引きますよね・・・。共感です。

高校卒業してすぐに病気がわかった。それから少しづつ聞こえにくくなって3年前ほとんど聞こえなくなった。

なんで電話出なかったのか 別れたのか これでわかっただろ?

もう青葉と話したくなかったんだよ。 いつか電話もできなくなる。 一緒に音楽も聴けない。 声も聞けない。 そうわかってて一緒にいるなんて つらかったから。

好きだったから。

だから会いたくなかった。嫌われたかった。忘れてほしかった。

何言ってるかわかんないだろ?

俺たちもう話せないんだよ

佐倉想

ある日、駅で想の姿を偶然見かける。思わず声をかける紬だったが、彼にはその声が届いていなかった。なぜなら彼は音のない世界で生きていたんです・・・。

想が手話で必死に話すシーンは涙が出ます。二人とも演技がすごくてものすごく胸が締め付けられるシーンでした。伝えたいけど伝わらない。わかりたいけどわからない。その不条理が本当に切ない。

#2 好きになれてよかった・・・そう思いたい

青羽紬(川口春奈)は8年ぶりに佐倉想(目黒蓮)と偶然の再会を果たすも、手話で一方的に話され、状況が把握できずに立ちすくむ。一方、想はこの8年間の想いが募り、行き場のない気持ちを消化できずに紬のもとから立ち去る。

耳が聞こえなくなるだけならまだよかった。自分が苦しむだけならまだよかった。

佐倉 想

想は高校卒業のころに耳に違和感を抱くようになりました。紬にも病気のことは隠して別れを告げた過去がありました。

紬がひどく悲しんでしまうことを考えると、想は病気のことを伝えることはできませんでした。

すごく好きだけど両思いになれなかったり、なれても別れてしまったり、そういう時思いません? はじめから出会わなければこんなに悲しい思いしなくてすんだのにって。思いません?

春尾

手話教室の先生である春尾は紬にこのように問いかけました。すると紬からは次のような返答がありました。

好きになれてよかった。って思います。思いたいです。

青葉 紬

出会いをなかったことになんてしたくない。恋がどんな結果になろうとも人を好きになれたことを前向きに捉える紬の心が素敵だと思いました。

#3 今はもう、佐倉くんのこと好きじゃない・・・

無理なことってあるんだよ・・。無理してやったことって無理なことなんだよ。無理すると本当に全部無理になっちゃうんだよ。やればできるって、やらせるための呪文だよ。期待と圧力はちがうよ。

戸川湊斗

無理なことってあるんだよ・・。無理してやったことって無理なことなんだよ。無理すると本当に全部無理になっちゃうんだよ。やればできるって、やらせるための呪文だよ。期待と圧力はちがうよ。

湊斗は本当に優しさで溢れてる人。仕事だからといって無理してやる必要はない。我慢する必要なんてない。もっと自分を大事にしていい。

頑張りすぎてしまう人が多いから、湊斗みたいに優しく寄り添ってくれる人って本当に大切だと思う。

湊斗くんに喜怒哀楽の「怒」ってあるんだ・・・

青羽 光

あるの。今の湊斗、「怒」なの。

青羽紬

そんな湊斗も想と8年ぶりに再開していろいろと動揺してしまう。感情に整理がつかなくてイライラもしてしまう。

この湊斗の「怒」の感情の理由はこのエピソードの最後で明らかになります。

代わりとか思ってない。好きな人いなくなったから、いる人好きになったんじゃない。絶対ない。 

青羽光

湊斗のことを紬から聞いた光が湊斗にかけた言葉でした。そして光の言葉が本当であることが紬の口からも語られました。

私、湊斗のこと大好きなんだよね。二人で会うの湊斗に悪いって思うのはわかるけど、でも私たち別にそんなことで喧嘩になったりしない。別れたりしない。

それより、湊斗ともまた仲良くしてくれたらいいなって思ってた。私がいうことじゃないから無理に合わせようとしなかっただけで・・・。佐倉くんとは時々ご飯とかいって手話で話せたらいいなって思ってたの。なんかもっと、どうでもいい、なんでもない話ししたかっただけだよ・・・。

今はもう佐倉くんのこと、高校の同級生としか思ってない。

今好きなのは湊斗。

佐倉くんは違う。

好きじゃない。

青羽紬

湊斗に悪いから二人で会うのは辞めようと話した想に紬が話した言葉でした。

佐倉くんは違う。好きじゃない。というのはあまりにもストレートで冷たく、残酷だと思った。病気が理由で別れを選択した想はどんな気持ちでこの言葉を受け止めればいいのだろうか・・・。

想のほうが誕生日早いから、俺の20歳の誕生日に一緒に飲みに行こうって、それまでお酒飲まないでいるからって、言ってたくせに・・・。もう26なんだけど。

戸川湊斗

想、想、無視すんなよ・・・。想、それのせいで別れたの?それ隠したくて、心配かけたくなくて消えたの?想らしいよね。隠すとか別れるとか、そういうふうに決めちゃう感じ。紬に迷惑かけたくないとか。わかるけど、わかるけどさ・・・。なんで俺に言ってくれなかったの?なんか力に・・・、なれないけど、なれないのわかってるけど・・・・、言ってくれないのはさ・・・

戸川湊斗

なんかあるよ、いろいろある。簡単に受け入れられないこと、いっぱい。すんなり受け入れて、手話まで覚えて、普通に顔見て話て、すごいよね・・・、すごいよ・・・。

戸川湊斗

想のこと悪く思えば楽だったから。友達の病気受け入れるより、ずっと楽だったから・・・。

名前呼んで振り返ってほしかっただけなのに・・・。

戸川湊斗

このエピソードの最後は湊斗の整理がつかない感情が痛いほど伝わってきました。湊斗にとって想は本当に大切な友人であったことがわかります。

湊斗は本当に、本当に優しい心を持った人であることが伝わってきました。

想が病気のことを言ってくれれば、何もできないけれども、一緒に悲しむこと、苦しむことは湊斗とならできたんじゃないかなと思う。湊斗は本当に、本当に優しい心を持った人でした。

傷つけまいと思ってとった行動がかえって周りを傷つけてしまう。病気のことを大切な人に打ち明けても、打ち明けなくても、どちらにしても傷つけてしまう。想が直面したのはすごく残酷で胸が痛くなる現実です・・・。

#4 戻れると思う。元に戻れたら嬉しいなって

もし別れても、別れたとしても、別れるまでに楽しいことがいっぱいあったら、それでいいのにね。

湊斗

自分もこういうこと考えたことあります。

幸せを感じてる時って幸せすぎてそれを失うのが怖くなる。けれども湊斗の言う通り別れるまでに楽しいことがいっぱいあったら出会えて良かったって思える。出会わなければ良かったとは思わない。

うん。別れないのが一番いいけどね。

でも、紬の言う通り別れないのが一番いいのも確か。

特別扱いはもちろん違うし ただ平等に接することが正解だとも思わないんです 手話ができるってだけで わかった気になりたくないんです。 どうしたって僕は聞こえるので ろう同士みたいに分かり合えないんです。

春尾

春生先生が耳の聞こえない人たちに対して一歩引いて壁を作る理由が語られました。

健康に呑気にヘラヘラ生きてきたからそう思っちゃうけどさ、当たり前にあったものなくなって、そんな簡単に受け入れらんないよね。3年前くらいにもうほとんど聞こえなくなったんだって。イヤホンつけても音流れてこないのかとか、字幕がない映画見れないのかとか、人と声で話せないんだとか、卒業してから特にこの3年、どんなふうに生きてたんだろうって。どんな思いでこの3年・・・。

なんてね。私がなんか勝手に感傷的になってしまったりなんかして。

フットサル場での紬と湊斗との会話シーンです。

紬、お願いがあって。別れてほしい・・・。別れてほしい・・・。別れよう。好きな人がいるから。

湊斗

湊斗から一方的に別れを切り出す衝撃展開でした・・・。

好きな人がいるからっていうのは紬のことですかね。でも、一方的に別れを切り出すのは紬のためにはならないし、傷つけるだけだとも思う。でも、もっと本音を言うと自分のためと想との会話のなかで湊斗は言っていました。

想と紬が話してる姿を見ているのが辛いと。

湊斗は自分に自信が持てない。想と比較してしまって、紬と自分は釣り合わないって考えてしまってるんだと思う。けれども紬からしたらそんな湊斗が好きと友達のマコには語ってた。お互いの気持ちがすれ違っちゃってる感じがすごくモヤリティでした。

そして想と湊斗の会話シーンです。

この3年、本当は楽しくなかったと思う。行きたいとこ、食べたいもの、ほしいもの、俺全部なんでもいいよって、紬の好きでいいよって言うから、つまんなかったと思う。紬が教えてくれた音楽とか映画とか、いいねって感想しか言えなくて、俺ほんとつまんないから、想は違うからいいんだけど、大丈夫なんだけど、紬、想の横にいる時が一番かわいいんだよね。知らなかったでしょ。いつでも自分が見てきたあの紬だと思ってるでしょ。

湊斗

耳聞こえないだけでしょ。他に何にも変わってないから。すっごい性格歪んでないかなとかちょっと期待したのに、別に想のためとかじゃなくて、どっちかというと紬のためで、ほんとに本音を言えば自分のため。俺がしんどいだけ。二人見てて、二人がどう思ってるか、何考えてるかわかるから。言ったじゃん。みんな戻れると思うって、戻れたら俺は嬉しいって。呼んであげて、紬も紬って。喜ぶから。

湊斗

想と紬が付き合っていたのは過去のことであって、今の紬は湊斗のことが大好きなのに・・・。過去は過去で今は今。

湊斗には湊斗の素敵さが必ずあって、湊斗と一緒にいる時の紬の姿も絶対に素敵だと思う。そこに想との比較を持ち出す必要はないのにと思ってしまう。

とはいえ、想の気持ちを考えると切ない。紬と湊斗の姿を見るとやっぱりモヤリティだと思うし・・・。

後半はすごくもヤリティな回だった。

紬の気持ちはどうなんでしょうか。第1話では完全に佐倉くんのことを忘れられない感じでしたけど、2話、3話では湊斗のことが大好きと描かれてきていて、佐倉くんは過去の人って感じです。

佐倉くんの気持ちを考えるとものすごく切ないし、湊斗の気持ちや優しさも切ないし、この先どうなっていくのでしょうか・・・。ハッピーエンドであってほしいです。

Advertisements