LIFE STYLE

【満天の星空を観に行こう!!】日光の星空はデートにもオススメ。ロマンチックな星空観察を楽しむコツも紹介!!

ドラマみたいロマンチックな夜に憧れたことはありませんか?

きっと憧れる人は多いはず。

ロマンチックな夜に憧れを持つ方にオススメなのが栃木県奥日光の「戦場ヶ原」です。条件がよければ満天の星空。感動すること間違いなしです!

僕が撮影できた写真はこんな感じ。

使用したカメラ

・キャノンのミラーレス 「EOS Kiss M 」です。

・レンズは買った時の付属のレンズです。

20万とかする高級カメラを使ったわけではないし、カメラについて特別詳しいわけでもありません。

そして星に詳しいわけでもありません。

それでもここまでの写真が撮影できます。肉眼でみる満天の星空は本当に感動します。

カメラや撮影テクニック次第ではもっと素晴らしい写真が撮影できると思いますよ。

「満天の星空」と言われると観てみたくなりますよね?

もう本当に絶景です。

こんなに星って見えるの!? という驚きが物凄かったです。

もうそれは宇宙でした。

「満天の星空」というのをプラネタリウムでしか知らなかった僕は本物の星空を見て本当に感動しました。

アクセス可能な距離にお住まいの方は一度計画してみてはいかがでしょうか?

デートや思い出づくりにもぴったりです!

戦場ヶ原の星空がロマンチックな理由

僕が戦場ヶ原の星空観察に行くことにしたきっかけは、職場の後輩で星空が好きな人が戦場ヶ原の星空を絶賛していたのがきっかけです。

「天の川が見える」

「満天の星空!」

そんな感想を聞かされたら自分の目でも見てみたくなります。調べてみると戦場ヶ原は関東でも有数の星空スポットでした。

その理由は次の通りです。

・標高が高い

・広大な面積

・アクセスが良い

順番に解説します。

標高が高い

戦場ヶ原は標高1400メートルあります。

標高が高く空に近いので星空も澄んで綺麗に見えます。

注意:車酔いしやすい人は対策を

日光へのアクセスは「いろは坂」を登っていきます。

僕の小学生の頃の修学旅行は日光でした。その際に必ずいろは坂で車酔いする人がいました。

それほどクネクネした道を登っていきます。

荒々しい運転やスピードを出して運転すると結構な確率で酔うと思います。

楽しいデートが台無しになってしまうので優しい運転が必要です。

あとは酔い止めも事前に用意しておくと安心だと思います。

注意:真夏でも超寒いです。

標高が高くて星空が綺麗に見えるのは素晴らしいことなのですが、真夏でも夜の気温はマイナス、もしくは一桁台まで下がります。

友達と一緒に行った時、まさかの友達は半袖で行きましたが、さすがに寒かったみたいで辛そうでした。

甘くみてると超寒いです。半袖はやめましょう。

防寒対策は必須です。

戦場ヶ原の広大な面積が魅力!

戦場ヶ原とは広大な面積を誇る湿原です。

戦場ヶ原は400ヘクタールもの平地が広がっているので視界が広く星空を楽しむことができるのが魅力です。

初めて「戦場ヶ原」という地名を耳にする人は何それ?ってなると思います。

僕の職場の千葉出身の人は知りませんでした。

戦場ヶ原とは?

「戦場ヶ原」という名前は神話が由来になっています。

 この地が中禅寺湖をめぐって男体山の神と赤城山の神が争った「戦場」だった、という神話が名前の由来といわれる戦場ヶ原。かつて湖であったものが湿原化したもので、400ヘクタールの広大な面積を誇ります。湿原をぐるりと囲むように自然研究路が整備され、2時間ほどで歩けるハイキングコースもあります。

日光旅ナビ 日光市観光協会公式サイトより

大昔に大蛇とムカデが戦った戦場なんです。神話ってロマンがあります。

そしてこの400ヘクタールを誇る広大な面積が星空観察には適しているのです。

たとえ標高が高くても周りを高い木に囲まれてしまっている場所だと視界が狭く星空を少ししか楽しめません。

足元には注意

木道で整備されたハイキングコースがあります。

昼間なら特に大きな心配はありませんが、夜のハイキングコーズは本当に暗いので足元には十分注意が必要です。木の根が張り出していたり、木道に隙間が空いていたりもします。

懐中電灯で照らして慎重に歩いてください。

また木道は濡れて滑りやすいのでスリップにも注意が必要です。

アクセスが良い

当時僕は宇都宮に住んでいました。

なので戦場ヶ原は1時間半もあればアクセスできました。仕事終わりに星空を見に行こう!!という贅沢な楽しみ方ができたのが今では本当に貴重な時間だったなと思いました。

仕事終わりに星を観に行こうなんて誘われたら超ロマンチックだと思いませんか?

都心からも片道3時間弱でアクセスできるとどこかの記事に書いてありました。

3時間弱で満天の星空が見に行けるならアクセスも良いですよね!

観光地である強み

日光は観光地なので中禅寺湖や華厳の滝、日光東照宮など星空以外の楽しみも計画できます。

もしくは宇都宮に宿泊して昼間は餃子ツアーというのもありです。

観光+星空観察なんて最高です。

天気次第ではありますが一生の思い出になるようなデートもできると思いますよ。

駐車場からの距離が近い

これは意外と重要なことです。

戦場ヶ原は駐車場から降りてすぐに星空観察ができます。

絶景スポットと言っても色々な場所があります。

車を止めて登山が必要な場所や山の中に入っていかないと行けない場所もあるでしょう。

駐車場から登山が必要な場所だったらカメラや三脚以外にも準備が必要になります。

そうなったら仕事終わりに行こう!というフットワークの軽さは発揮できません。

移動が楽という意味でもアクセスはとてもいいです。

出発前に確認しておいてほしいこと

思いつきで出かけるのもアリですが、行ってからやっぱり準備しておけば良かったと後悔しないために僕が事前に準備したことをお伝えします。

それは次の3つです。

・寒い

・天気は超重要

・撮影の仕方は事前に予習

順番に解説します。

寒い

先ほども書きましたが真夏でも戦場ヶ原の夜はすごく寒いです。

夏場なのに毛布なんて持っていくのはかなり違和感ですが、山を登っていくと夏とは思えないほど冷え込みます。

必ず防寒着を持って行ってください。

僕なんて毛布をにくるまってもガクガク、ブルブルでした。

とにかく寒い。

寒すぎて外に出れなくて肝心の星空を楽しめないなんてことがないように防寒対策を忘れずにすることをオススメします!

天気を事前に調べる

インターネットで「日光 星空指数」と検索して日光の天気を調べておきましょう。

僕は何回か行ったことがありますが月が出てしまうと満天の星空は見えません。また曇りでも満天の星空は姿を見せてはくれません。

僕の場合は宇都宮からでしたが、もっと遠方からアクセスされる方は頑張って来たけど見れなかったという思いをしないためにも事前に調べられることは調べておいた方が良いです。

行こうと思った日に行けなくなるのは残念ですが、僕の経験だと星空指数は結構当たるので、もしイマイチの時は次のチャンスを伺った方が賢明かなと思います。

撮影の仕方は事前に調べておく

これは結構重要です!

携帯の電波は通じなくなります。標高は高いし山の中なので仕方のないことです。

満天の星空を撮影したいという場合には事前に調べておきましょう。

カメラの設定については「星空 設定 カメラ」とかで検索すれば詳しい人が色々書いてくれています。

また現場はすごく暗いです。周りにも撮影をしている人がいる場合もあります。ライトを使って時間をかけてカメラの設定をしていると他の人の迷惑にもなるのである程度のことは事前に予習しておいた方がいいです。

マナーには気を使ってくださいね。

三脚も必需品です。ちょっと良いカメラと三脚があれば素人でも素敵な写真が撮れます。

ロマンチックな星空観察を楽しむコツ5選!

最後にロマンチックな星空観察を楽しむコツを紹介します。

僕なりにこんなことをしたら楽しめそうだなと思うことを書きます。

・ロマンチックへの誘い

・星の光についての話をする

・雰囲気と気分を盛り上げる音楽

・アニメの名シーンを再現

・星空に関する名言を言う

順番に解説します。

ロマンチックへの誘い

「星を見に行こう!!」

この一言で十分です。多分嫌がる人は少数だと思います。

僕は宇都宮に住んでいた頃に東京の友達と久しぶりに会う機会がありました。

その時にこんな会話をしました。

友達
友達
宇都宮の生活どう?

僕
 仕事終わりに戦場ヶ原に星を見に行ったりできて楽しいよ!

友達
友達
ロマンチックだなw

星を見に行くこと自体がかなりロマンチックです。

デートでも友達や仲間とでもOKです。素敵な思い出作っちゃいましょう。

星の光についての話をする

夜空を見上げながら話してみてください。

夜空の星の光は何年、何百年、何万年も昔に放たれた光だということを。

人類の歴史よりも遥か昔の光を今自分が見ているのかもしれないという不思議。宇宙のことを考え始めると壮大すぎて訳がわからなくなります。今自分が生きていることも不思議な感覚になります。

遥か昔の光が現代に生きる自分たちにも届いていて、壮大な宇宙の前になんと自分たちはちっぽけな存在なんだと改めて思います。

星を見ながら物思いにふけるのも乙ですよ。

そしてロマンチックが深まります。

雰囲気と気分を盛り上げる音楽

移動中の車の中や電車の中で「今から満天の星を見にいくぞ!」ていう時に、ロマンチックな雰囲気を演出するならは音楽の力が有効です。
個人的にオススメな曲を紹介します。

すぐに思い浮かぶだけでもこれだけの曲があります。

他にも星空を見上げながら聴きたくなる曲ってたくさんあると思います。

ロマンチックな夜に素敵なBGMを添えて気分を盛り上げることも大切なことです。参考にしてみてください。

アニメの名シーンを再現

星空観察と聞いて思い出すアニメが『多田くんは恋をしない』です。

このアニメの第8話は星の写真を撮りにいく話なのですが、主人公多田くんの名言と共に曇り空が晴れて綺麗な星が姿を見せるシーンが最高なんです。

もうこれは見てもらうしか伝える方法がないんですが、ロマンチックな星空観察の夜というのはまさにこういうことなんですよ。

学生の人はぜひ真似してみてほしい。

完全再現はかなり難易度が高いですが、アニメの名シーンを頭に思い浮かべながら星空をみるだけでも雰囲気というか気分はかなり変わると思います。

僕の大好きなアニメです。興味ある方はみてみてください。

星空に関する名言を言う

素敵な夜空と共に名言を添えるのもアリです。

あれは蛍だ。夜空いっぱいの蛍だ

星の光は時代を超える!

遠い空の向こうに僕たちと同じ光を見ている人がいる

何かの名言というわけではありません。

どこかで聞いたことのあるような僕の記憶を頼りにした思いつきです。

名言もロマンチックな夜を演出するのではないでしょうか?

普通なら引かれるようなクサいセリフもこんな時ばかりは許してくれるはず。

とにかく素敵な夜を楽しみましょう!という僕からの提案です。

終わりに

ロマンチックな夜に憧れる人は星空観察を楽しんでみてはいかがでしょうか。

満天の星空からはすごいパワーをもらえます。

恋人と行ってもいいし友達と行っても感動すること間違いなしです。

僕もまたいつか行こうと思います!

それではまた!

ABOUT ME
かつ太郎
現在は千葉県在住の一般人です。 映画、ドラマ、アニメ、本から名言を収集するのを楽しんでいます。旅行やフィルムカメラも好きで色々と楽しんでいます。  家族の影響でGLAYがとても好きです。 そんな自分の好きなことを皆さんの参考になるように紹介していけたらなと思っています!