人生経験

20代後半で、やりたいことがない人がやるべきこと

  • 仕事は嫌だけど、20代後半になっても自分が何をしたいのか分からない
  • 転職を考えても「やりたいこと」がないから方向性が決まらない
  • 20代後半という状況に焦りを感じる
  • 将来ずっとこのままなのかと不安・・・

そんな悩みに寄り添う記事です。

本記事の内容

  • 20代後半で、やりたいことがない人がやるべきこと
  • 20代後半の今、行動をしないと大きな後悔につながる
  • 行動するためのテクニック

この記事を書く僕も20代後半で「やりたいこと」がわからなくてすごく苦労した過去があります。でも行動することでその状況から抜け出すことができました。

「やりたいこと」の見つけ方について実体験に基づきて解説します。

20代後半で、やりたいことがない人がやるべきこと

20代後半で「やりたいこと」がないのなら、次の2つのことをやるべきです。

  • 現実を直視する
  • 視野を広げる

どういうことか具体的に解説します。

現実を直視すること

まずは「やりたいことがない」という現実を受け入れる必要があります。

夢の世界に逃げたって冷めたら惨めになるだけだよ。現実の世界で頑張らなくちゃダメだよ

ドラえもん

僕もそうでしたが、現実と向き合うと辛いから逃げたくなります。考えると嫌になるし、どうすればいいか分からなくてどん底にいるような気分になります。でもそこで逃げてしまうと「やりたいことがない」という状況は変わらないです。

僕も転職活動をして現実を知り、自分の人生に絶望を感じました。

  • 転職したいけど、やりたいことがない・・・
  • 何をしたいのか分からない・・・
  • 結局自分には選択肢がない・・・
  • 今の仕事を続けるしかない・・・

上記のようにめちゃめちゃ苦しかったです。でも、その状況を受け入れて行動を起こさないと変わることはできないです。

辛くても、まずは現実を直視して受け入れる必要があります。過去は変えられなくても、未来はこれからの行動で変えられます。

視野を広げる

「やりたいこと」は視野を広げると見つかります。

当たり前ですけど現状「やりたいこと」がないのであれば、今の視野のままでは一生「やりたいこと」は見つからないです。

その視野の中には「興味のないこと」「つまらないこと」「やりたくないこと」しか入ってこないからです。

視野を広げて、やっていて楽しいこと、好きなことに出会えれば、それが「やりたいこと」に変わる可能性が高いです

実体験:転職活動がきっかけで「やりたいこと」ができた

僕は転職活動がきっかけで「やりたいこと」を見つけました。

転職サイトを見ている時に「未経験から年収700万」というIT系の求人が目に止まったのがきっかけです。

  • そんな上手い話はないと思いつつもIT系の仕事について調べる
  • プログラミングで稼げると知る
  • プログラミングの勉強に挫折する
  • ブログで稼げることを知る
  • ブログを開始

上記のような経緯で僕はブログを書いています。そしてブログで副収入を得て将来「サイドFIRE」を達成するのが今の僕の「やりたいこと」になりました。

ブログに関しては下記記事にて解説しています。

》》ブログの始め方を解説!初心者から月3万円を目指す!

今は転職するつもりがなくても利用してみるべき

僕がそうだったように転職活動をすることで視野が確実に広がります。

  • 自分の市場価値がわかる
  • やりたくない仕事、嫌いな仕事を考える機会になる
  • どんな働き方をしたいか考える機会になる
  • 興味なかった業界に興味を持つ機会になる
  • 今の会社の良い部分に気が付く
  • やりたいことが見つかるきっかけになる

上記のように発見が多いです。

僕は転職をしていませんが、転職活動で視野が広がって新しいことに興味を持つことができました。

転職エージェントは無料なので、今は転職するつもりがなくても利用してみるメリットは大きいです。というか転職しなくてもいいのでメリットしかないと思います。

【登録無料】おすすめ転職エージェントまとめ 転職エージェントサービスは数が多くてどれを選べばいいかわからない・・・ 転職したい気持ちはあるけど、なかなか一歩を踏み出せな...

20代後半の今、行動しないと大きな後悔につながる

行動しないと大きな後悔になります。

「やりたいことがない」と悩んでいるのに、その悩みを放置したら将来絶対にまた悩むし、「あの時行動していれば」って後悔するに決まってます。

もしくは悩むことすらない「諦め」になっている可能性もあります。

後悔しないために行動する必要があります。

行動しなければ「やりたいこと」は一生見つからない

行動しなければ一生このままです。でも行動すれば「やりたいこと」が見つかるかもしれません。

  • やりたいことはそのうち見つかる
  • 本気になれば転職だってできる

僕は上記のように思っていましたが、なんとなく就職して、なんとなく仕事を続けていても「やりたいこと」が見つかることはありませんでした。

大切なことは最初に書いたように「やりたいことがない」という現実を受け入れて、自分としっかり向き合うことです。

将来の可能性の中に生きていても「やりたいこと」は一生見つからないです。

「やらない」という選択をすることで「やればできる」という可能性を残しておきたい。「時間さえあればできる、環境さえ整えば書ける、自分にはその才能があるのだ、という可能性のなかに生きていたいのです。」

『嫌われる勇気』

上記の通り、人は現状維持を好みます。悩んでいても都合よく言い訳をして「自分と向き合うこと」から逃げてしまいます。

現実を受け入れて行動を起こさないと「やりたいこと」はこの先もずっと見つかることはないです。

【挑戦に迷う】迷ったら挑戦すべき3つの理由! 今の自分から変わりたい。今の生活を変えたい。 挑戦しようか? どうせ自分には無理だろう・・ 他人に笑われたら嫌だ 頭の...

20代後半の今、行動を起こさないと大きな後悔につながる

「やりたいことがない」という悩みを抱えながらこの先も生きていくのはしんどいです。

「あの時行動していれば・・・」って絶対後悔します。それに人生の時間が過ぎ去るのは本当にあっという間です。

投資を決意してからあっという間に7年過ぎた話

僕は2014年に投資に興味を持ったけれども、実際に投資を始めたのは2021年です。

「いつかやろう」と頭の中にはあったのに行動を起こさずに7年過ぎました。人生の時間はあっという間に過ぎ去ります。

「いつかやろう」の「いつか」は永遠に来ない可能性すらあります。

妻がメルカリをやりたいと思ってから5年経過している話

僕は断捨離で出た不用品をメルカリで売ることにしました。メルカリは利用したことがなかったのですが、その日のうちに登録して出品まで完了させました。

それを妻に報告したところ、「私はメリカリに5年前から興味あったけど未だにやってない」という返答がありました。

繰り返しますが、「いつかやろう」は本当に危険です。行動さえすれば10分でできることでも、先送りにすると5年も経過します。

人生の悩みは投資やメルカリの比ではありません。20代後半の今、悩んでいることをラッキーだと考えて行動を起こさないとあっという間に40代、50代になってしまいますよ。

取り返しのつかない後悔になる前に行動するべきです。

行動するためのテクニック

行動を起こすためのテクニックを4つ紹介します。

どれも簡単なことなので行き詰まった時に活用してください。

  1. ラッキーアイテムを活用する
  2. 日常の些細なことで冒険してみる
  3. 書き出す
  4. 運動する

①ラッキーアイテムを利用する

好きな物を使うと行動意欲が増すという意味でのラッキーアイテムです。

買ったら幸運になる、身につけたら幸運になるという類のラッキーアイテムに頼ることではありません。

好きなもので思い込みが強化される

行動が感情を作るという理論があります。「笑うから面白くなる」「下を向くから暗い気持ちになる」という具合です。

これと同じで、好きな物を使う、持ち歩くという行動によって、行動のモチベーションを高くしてくれることが期待できます。

②日常の些細なことで冒険してみる

「人は期待をされるとその気持ちに応えるような行動を取りやすくなる」という習性があります。これを利用して行動回数を増やします。

帰り道に寄り道をしてみたり、入ったことのない店に入ってみて、その行動をして良かったと感じたことをメモします。

  • 新しいお店の雰囲気がよかった
  • 寄り道した本屋で良い本を発見

こんな具合です。毎日書く必要はなくて、行動して良い感触を得た時に書けばOKです。良かったことをメモすることで成功事例がノートに溜まっていきます。

その成功体験の記憶が脳に刻まれ、行動を起こすことへの恐怖を抑えることにつながり、行動回数が増えるという効果が期待できます。

③書き出す

行動を起こしてみて失敗や挫折をすることは当然あります。その気持ちをそのままにせずに立ち直り、行動しやすい心理状態を作り出すために「書き出す」という手法が有効です。

  • 仕事で失敗した。落ち込む。
  • 上手くいかなくてモヤモヤする
  • また早起きできなかった。

今の気持ちを素直に書くことで感情を整理できます。書き出して客観視できるようにするのが狙いです。

自分がどうして落ち込んでいるのか。それを知ることで自分の感情をコントロールして立ち直るきっかけになります。

④運動する

最後は運動です。

1日20分程度の軽運動を生活の中に取り入れるだけで、あなたは劇的に行動力を高めることができ、試行回数を増やして、幸運を引き寄せられるようになります

『運は操れる』DaiGo

その理由は運動することによって意欲や学習などに関わるドーパミンというホルモンが放出されるからです。

また、運動をする習慣が脳そのものを強化し、行動力を高め、体を疲れにくくする働きもあります。

20代後半でも行動すれば未来は確実に変えられる

20代後半で「やりたいことがない」と悩む気持ちは、ものすごくよく分かります。僕も相当悩みました。苦しかったし、この先もずっとこの生活が続くと思うと人生に絶望しました。

でも「やりたいことがない」「スキルがない」という現実を受け入れて、苦しみつつも転職活動をしてみたことで変わることができました。

安心してください。20代後半でも行動をすれば確実に未来を変えられます。

そもそも考えもしないし、行動もしない人がほとんどです。「やりたいことがない」と悩んでいるだけでも人生を真剣に生きている証です。

人生をどうにかしたいという希望を胸に抱いている人には必ず人生を変えるパワーがあるはずです。あとは行動をするかどうかだと思います。

僕の場合は転職活動が「やりたいこと」を見つける機会になりました。今は転職をするつもりがなくても、自己分析をするのに転職エージェントを利用するメリットは大きいです。

この記事が「やりたいこと」を見つけることに少しでも役立てば嬉しいです。

おさえておくべき大手転職エージェント3選

【登録無料】おすすめ転職エージェントまとめ 転職エージェントサービスは数が多くてどれを選べばいいかわからない・・・ 転職したい気持ちはあるけど、なかなか一歩を踏み出せな...
Advertisements