学生時代のこと

【学生時代】僕が「部活辞めたい!!」と思った理由と今だから伝えたい10個の話し。

部活を辞めたくなった人「部活続けてきたけど最近辞めたくなった。このまま続けようか、それとも辞めてしまおうか・・・。辞めたら後悔するかもしれないし決心がつかない。部活辞めたくなった時ってどんなこと考えれば後悔しないかな?」

そんな悩みについて書こうと思います。

本記事の内容

・辞めたいと思った時に考えるべきは2つ
・後悔する選択はできるだけ避けるべき
・自分の気持ちに正直になる
・部活を辞めても人生失敗にはならない

僕もかつて何度も部活を辞めたいと考えたことがあります。

当時陸上部だった僕は辛い練習や大会前の緊張感からは何度も逃げ出したくなることがありました。よく頭に浮かんでいたのはこんな言葉。

辞めたら楽なんだけどなあ。

これは多くの人が考えることかと思います。

そんな僕は陸上は中学までと決めていたのに高校でも結局陸上部に入部しました。辛いとわかっているのに・・・。

辛い練習や大会前の緊張感だけでなく、

記録が伸びない悩み、人間関係の悩み、顧問が指導をしない悩み、部活を辞めて受験勉強に専念したいなど中学の頃よりも悩みが複雑でした。

部活を辞めたいと悩んでいる人に向けて、実際に高校生の頃に悩んだ僕の経験が少しでも役に立てばいいなと思いながらこの記事を書きます。

こんな人に読んで欲しい

・中学・高校生・大学生の人

・部活をしている人

・部活で悩んでいる人

・部活を辞めたいと思っている人

それでは書いていきます。

「部活辞めたい!!」と思った時に考えるべきことは2つ。

辞めたいと思ったらまずは次のことを考えてみてください。

・①辞めたい理由は何か?

・②辞めて後悔しないか?

①辞めたい理由は何か?

どうして部活を辞めたくなっているのか冷静に考えてみてください。

感情に身を任せて、せっかく頑張ってきた部活を辞めてしまうと後で後悔することになります。

落ち着いて考えてみたら「なんでこんなことで悩んでいたんだろう?」と思うことだってあります。

辞めたい気持ちで辛くても考えてみる。

「もう考えるのが嫌だ、面倒、今すぐ辞めたい」というくらい辞めたい感情で覆われてしまうこともあります。それでも時間が経つと人の感情って結構変わるものです。

なので考えてください。

ノートとペンを用意して書き出すのがオススメです。

文字にして書き出すと気持ちが整理できます。

僕は悩んだときはいつも感情を書き出して気持ちを整理します。

大切なことは客観的に自分を見つめることです。

②辞めて後悔しないか?

「辞めたい理由は何か?」を考えた後は、その理由で辞めて後悔しないか考えます。

学生生活に後悔という影を落とすのは辛いですよね?

なので一度冷静に考えましょう。

僕の話を少しすると僕には入部した時に自分に誓ったことがありました。

・3年間頑張る

・良い記録を出したい

どんなに辞めたくなってもこの決意が揺るがなかったことが僕が部活を続けられた理由です。

例えばこんな後悔がある
 
 

・一緒に入部した人が活躍していたら?
 「自分も頑張って続けていたらああなっていたかも。。。」

・部活を3年間続けて高校生活を充実させている人をみたら?
 スラムダンクの三井寿は怪我が理由で一度バスケを辞めてしまいました。もしも楽しそうに練習しているかつての仲間たちを見たら自分も戻りたいって思いますよね。

継続は力なりという言葉があります。

実力は自分よりも下だったはずの人が、辛い練習に耐えていつの間にかすごい選手に成長していたらどう思いますか?

自分も頑張っていたら可能性あったのかな?って後悔しそうです。

後悔しないかどうかは一度考える必要があります。

後悔する選択はできるだけ避けるべき

部活を辞めたくなった理由として抱える悩みは次の4つのことが多いと思います。

・①練習がキツイ

・②記録が伸びない

・③人間関係

・④その他(進路のことなど)

①練習がキツイ

練習がキツくて辞めたくなることは誰でもあると思います。

個人的意見を言わせてもらうと、練習がキツくて辞めてしまうのは勿体無いと思います。

当時の僕の生活はこんな感じ。

・朝練のために毎朝5時起き(電車通学の為6時の電車に乗る必要があった)

・1日少なくても15キロは走っていた。(夏でも)

・インターバル走などで限界まで追い込む

練習がキツイのは当たり前なこと。

キツイ練習を乗り越えてこそ良い記録が出せる。それは頭ではわかっていても、追い込むのは体力的にも精神的にも疲れます。

練習が辛いというよりも日々の生活がしんどかったです。

毎朝5時に起きて朝練をして、朝からクタクタです。そして授業を受けた後に午後練習。練習では立つのもしんどくなるくらい追い込み、筋肉痛で体が痛いのは日常茶飯事。そして疲れて帰った後には学校の宿題や予習もしていました。

疲れ切って寝た後にはまた辛い練習が待っています。

本当によく頑張れたなと今でも思います。

心の支えになったのは目標

・3年間頑張る

・良い記録を出したい

シンプルですが3年間努力して得られる達成感を経験したい。そして辛い練習を超えた先に自分がどんな選手になれるのかを知りたいという目標がありました。

後述しますが結果的には僕はあまり良い記録は出せませんでした。それでも辛い部活を3年間頑張って続けたという自信は今でも僕の心の支えになっています。

練習が辛くて部活を辞めたいと考えている人はどんなことでもいいので「目標」を持つことがオススメです。

辛い練習の先に喜びがある

辛い練習は本当に逃げ出したくてたまらなくなるけど、辛い練習を毎日必死に頑張っているうちにいつの間にか自分が成長しているのを実感する瞬間が訪れます。

練習がキツくて辞めたくなる気持ちはすごくわかります。でもそこで歯を食いしばって頑張ってみると違う景色が見えたりします。

辛さの先には大きな喜びが待っています。

練習がキツくて辞めたいという場合にはその練習に耐えた末に自分がどんな成長をしているかを想像すると頑張る気力が湧いてきます。

②記録が伸びない

記録が伸びないというのも本当に大きな悩みです。

記録や成績が出ない悩みで辞めたくなっていたら、もう少し頑張ってみる価値はある。

何をしても結果が出ない時期ほど辛い時期はありません。辛い練習にも耐え必死に努力してもダメな時があります。

そんな時には部活をしているのが虚しくなります。

僕は高校では伸び悩み1年生の頃に出した記録を更新できないまま陸上部生活の幕を閉じました。記録が出ない苦しみで1年半悩みました。

色々試行錯誤しました。

食事にも気を使ったり練習でも常に記録を意識しました。休みの日にも自主練しました。それでも記録が出ないんです。

同学年の仲間は自己ベストを更新して県大会に進んだりしている中、自分が進めない惨めさは本当に辛かったです。

記録が伸びない、良い結果が出せなくて辞めたくなる気持ちもすごくわかります。

努力は何かしらの形で報われる

僕の経験からできるアドバイスを少しするのなら努力は報われる時がくるということです。

 

僕は自己ベストは更新できなかったけど最後は自分の納得いく形で引退できた。

僕は最後の大会で入賞できました。必死に走って引退試合で入賞を果たしました。

入賞すると嬉しいことは全校集会の時にステージの上に立って賞状をもらえることです。高校生になって初めての表彰でした。学校のみんなに少しでも「すごい」と思われることって嬉しいですよね?

それまでの記録が出なくて「部活を辞めたい」と何度も思っていた辛い思いも、最後の大会で自分の納得のいく走りができて入賞して引退できたことで、報われました。

辛い毎日の中でも諦めずに努力を継続すれば良いことがあります。

努力した経験は自信になる

何も結果が出なかったとしても努力したことは嘘にはなりません。

努力したことがあるということが自信にもなります。

何もしなかった後悔よりも何かした後悔の方が気持ちがいいものです。

③人間関係

人間関係でも部活を辞めたくなりました。

人間関係の悩みは一番厳しいかもしれない。

僕の場合は意地でも続けたけど、辞めるのも選択肢の一つ。この理由の場合は無理はしない方が良いと思います。

辞めたいと思ったら辞める。

僕が経験した人間関係の悩みは次の二つ。

・顧問が練習を指導しない人に変わった

・速くない長距離リーダー

顧問が練習を指導しない人になった

記録が伸びなくて辞めたくなった話はしましたが、記録が伸びなくなった一つの原因は顧問が指導をしなくなったことも関係していると思います。言い訳はしたくないのですが・・・。

2年生の時に顧問が変わって、それまで熱心に練習を指導してくれていた先生から全く指導をしない先生に変わりました。これで部内はメチャメチャになりました。

練習メニューを決める際も距離を踏みたい人とスピード練習をしたい人で意見が割れて最終的には個人練習みたいな感じになりました。僕は中・長距離のリーダーを任されていたので仲間がバラバラになっていくのは辛かったし責任も感じました。

他にも各自が自分のメニューをしているので練習が終わる時間もバラバラ。長距離は比較的早く練習が終わるので他の種目の人に練習をもっとしろと文句を言われることもありました。

一緒に頑張っていくはずの仲間なのに無視や喧嘩もあり部内の空気は悪くなっていきました。

速くない長距離リーダー

先ほど簡単に触れましたが僕は中・長距離のリーダーを任されていました。

1年の頃は同学年の中でも1、2位を争うくらいの記録を持っていたので先輩から託されたんだと思います。ですが僕はその後記録が伸びないスランプになりました。リーダーなのに実力がないと立場が微妙です。このねじれにも悩みました。

実力があればリーダーが務まるわけではありませんが僕は「なんで自分がリーダーなんだろう」という気持ちに悩みました。

おまけに部内の人間関係はバラバラです。

もう辞めよう。こんな部活続けてても意味ない。

そう思いながら過ごす毎日でした。実際に練習を休んだこともあります。

そんな気持ちを抱きながらも部活を続けたのは、もう意地でした。

「3年間頑張る」と自分に誓った。

この思いだけです。この思いがなければ僕は間違いなく辞めていました。人間関係の悩みは一番辛いことだと思います。

続けたくても続けられなくなる可能性もあります。

一つ言えることは無理はしないことです。精神的に安定しそうな決断をしましょう。

④その他(進路のことなど)

今まで書いてきたように高校の部活では色々な悩みを抱いていたので「もう辞めよう」という思いが常に頭にありました。

引退した後には受験も控えていました。こんな部活を続けるのは貴重な時間の無駄なんじゃないか?

進路のことで部活に悩むのは悪いことではないと思います。

参考:GLAYのリーダーTAKUROの話し。

参考に一人紹介しておきます。

日本のロックバンド、
GLAYのリーダーTAKUROは中学時代にサッカー部に所属していました。

それもレギュラーとして泥だらけになりながら、
毎日真面目に練習に打ち込んでいたそうです。

そんなTAKUROさんは、
ビートルズのラジオが聴きたいという理由でサッカー部を退部しています。

「中学生の脳味噌で悩み抜き、過激な決断をした」と自身の著書『胸懐』で語っています。

サッカー部への後ろめたさもあったそうですが、
辞めたことで音楽に本気で打ち込む覚悟が決まったそうです。

部活を辞めて、TAUROさんは音楽の道へと進んで行きました。

学生生活は部活が全てではありません。
部活を辞めて、違う道を選んだからこそ得られる経験や出会いというのもあります。

部活を辞めても学生生活が終わる訳ではありません

自分の将来のことです。悩んだ末に出した決断が退部であれば僕はアリだと思います。

自分の気持ちに正直になる

辞めたくなることは何度もある

何かを辞めたくなることは人生で何度もあります。

誰だって辛い時はあります。
むしろ自分が辛いということに気がつかない方が怖いです。
気付かない間に精神的な病気になってしまうかもしれないです。
辞めたくなるのは自分の心の声が聞こえている証拠です。

自分の心の声に耳を傾けるのは大切なことだと思います。

辛い、もう嫌だ、楽しくない、心は正直です 

辞めたいという悩みは普通です。
とことん悩めばいいと思います。悩んでも不思議と答えは出ないんですが、最終的には自分の気持ちに従えばいいと思います。

自分の選択した道が正しかったと思えるように努力すればいいと思っています。

高校時代を振り返って僕は今そう思います。

辞めた後のことは辞めた後に考えてもいい

人間関係の悩みで結果的には不本意な形で部活を辞めることになってしまったら後悔もしてしまいそうですよね。

けれどもそれは切り替えるしかないです。

辞めた後に、これから自分は何に情熱を傾けるのかをまた考えればいいんです。

もし逃げるような気持ちで部活を辞めたとしても、部活を辞めてから人生を模索するのもアリです。

自分の気持ちに正直に生きることが大事だと思います。

人生に失敗なんてない!

正解は結局のところ分からない

考えて決断して部活を辞めたとしても後悔する可能性もあります。

正しい決断をするのって難しいです。

だからこそすごく悩みます。

正直なところ続ける決断も正解だし、辞める決断も正解になり得ます。

大切なことは辞めた後の自分の考え方と行動次第です。

部活を辞めてスラムダンクの三井寿みたいにグレてしまったらその決断は間違いだったと言わざるをえません。反対にGLAYのTAKUROみたいに別の道で才能を開花させたらそれは正解だった言えそうです。

後悔しても失敗じゃない

お笑い芸人のピース又吉さんがこんなニュアンスのことを言っていました。

自分の決断を間違いにしないように努力する。それができれば人生に失敗はなくなります。たとえ辛いことがあっても成功に向かっている途中だと考えればいい

悩んで部活を辞めるのも正解です。

そして頑張って続けてみるのも正解です。

例え部活を辞めて後悔したとしても、それは成功に向かっている途中だと考えれば失敗ではなくなります。

どちらの道を選択しても、これからの考え方と行動次第で正しい選択をしたことにできます

だから自分だけは自分の味方でいてあげましょう。

まとめ

結局のところ何が正しい選択なのかは、後にならないとわかりません。
大事なことは後悔しないために「今」を頑張ることです。

そうすれば後悔した過去も良い未来に変えられます。

後悔なんてなかったことにできます。

僕は高校時代に入る学校を間違えたと何度も思いました。学校の雰囲気は合わないし、部活も上手くいかないしで後悔の連続でした。

今はどうかというと、その後悔は消えました。苦しい部活を3年間続けたのは自分の中での大きな自信になっているし、良い経験だったと今では思っています。

そして入る学校を間違えたと思っていた高校で、結婚した奥さんとの出会いもありました。人生何があるかわからないですよ。嫌な過去もやがて良い過去に変えることのできる日がきます。

悩んでいる皆さんも今を頑張りましょう。

それではまた!

 

ABOUT ME
かつ太郎
現在は千葉県在住の一般人です。 映画、ドラマ、アニメ、本から名言を収集するのを楽しんでいます。旅行やフィルムカメラも好きで色々と楽しんでいます。  家族の影響でGLAYがとても好きです。 そんな自分の好きなことを皆さんの参考になるように紹介していけたらなと思っています!