LIFE STYLE

【登録無料】おすすめ転職エージェントまとめ

  • 転職エージェントサービスは数が多くてどれを選べばいいかわからない・・・
  • 転職したい気持ちはあるけど、なかなか一歩を踏み出せない

転職を考えるということは、現状の仕事に問題や悩みを抱えていて、転職なしでは解決しない可能性があり、「このままではまずい・・・」と感じているのではないでしょうか。

数年前の僕も仕事のことで大きく悩み、転職活動を行いました。結局転職はせずに今の会社にとどまることを決めたのですが、転職活動を通じて得るものはたくさんありました。僕が今こうしてブログを書いているのも転職活動を通じて新しい価値観を知ることができたからです。

転職活動を通じて学んだことは、まずは転職エージェントへの登録が必要不可欠ということです。

  • すぐに転職するつもりがなくてもOK
  • キャリア相談だけでもOK

利用しない選択肢はないかなと思います。自分一人で抱え込まずに転職エージェントを利用して転職活動を行うことを強くオススメします。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用するメリットは

  1. 転職のプロであるキャリアアドバイザーからの支援
  2. 面接や書類審査に通りやすい職務経歴書のサポート
  3. 公には出回っていない非公開求人の紹介
  4. 会社との条件交渉などの仲介(給与交渉など)

上記のようなメリットがあります。

転職エージェントが信用できない気持ちもわかります

転職エージェントは怪しい・・・という気持ちはとても分かります。僕もそうでした。

「どこでもいいから転職させて報酬をもらうのが目的だろ・・・」

「この人は本当に自分のキャリアを考えてくれているのか?」

転職エージェントの言うことを全て鵜呑みにする必要はありません。質の悪いエージェントも確かに存在します。エージェント選びは重要なことの一つです。

信用できない気持ちもわかりますが、信用してもいい理由もあります。

企業側は転職サイトへの広告掲載費と比べるとエージェントへの成果報酬はかなり高めです。お金のない企業はエージェントへの成果報酬を払えないため、転職エージェントへの採用活動を依頼できません。

なので転職エージェントが扱う案件は求人の質が高い傾向にあります。

そして、転職エージェントは転職希望者と企業をマッチングできた場合にのみ成果報酬を得られます。

転職者と企業を仲介する立場なのでいい加減な仕事をすれば、企業側から、「Aさんを採用したけど話が違う。どうしてこんな人を紹介したんだ!」という話になり、その転職エージェントは信用を失います。

なので、転職エージェントは、求職者にも企業にもどちらにも良い状態で転職を成功させる必要があり、それが転職エージェントをある程度信用してもいい理由にもなります。

おすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用登録は無料で、数分でできます。特に職種を決めていないのであれば大手エージェントからまずは登録してみるのが良いかと思います。

おさえておくべき大手転職エージェント3選

また、お金の知識について発信していてチャンネル登録者数も200万人近い大人気YouTuberである両学長がおすすめしている転職エージェントも紹介しておきます。

リベ大の両学長おすすめの転職エージェント

  • JACリクルートメント:両学長が最もおすすめする転職エージェント。高年収・ハイクラス向けで年収アップが期待できる
  • JAIC(ジェイック):第二新卒におすすめの転職エージェント。就職したものの違和感を感じている若手の方や、未経験、フリーターの方にもおすすめ。

転職エージェントとは相性の良し悪しがあるので、できれば複数のエージェントに登録することをおすすめします。

マイナビエージェントは両学長もオススメしているのでかなり信頼できるのではないでしょうか。

マイナビエージェント

20〜30代の転職に強い大手の転職エージェントです。

サポートが手厚いという特徴があります。

職務経歴書の添削や面接対策など親身にサポートしてれるため、転職エージェントを使うのが初めてという方にもおすすめです。

初めての転職で不安な方や信頼のおける会社に転職したいという方はぜひ公式サイトをご覧ください。

公式サイト»» マイナビAGENT

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、扱う求人数と転職決定数が圧倒的ナンバー1なので登録しておいて間違いないです。

リクルートエージェントはあらゆる求人を幅広く掲載しているのが特徴。

また、一般公開している求人の他、10万件以上の非公開求人があり、「たくさん応募する」という転職方法ではなくてはならない存在です。

リクルートエージェントも業界ナンバー1だけに、優秀なキャリアアドバイザーが多いことには定評があります。

キャリアアドバイザーなど人に相談するのが苦手な場合は、「リクナビNEXT (転職サイト)だけでもキープして、豊富な求人数(情報量)だけでも確保しておくのがおすすめ。

»公式サイトはこちら

doda転職エージェント

僕が一番お世話になったのがdodaエージェントサービスでした。

良質な求人がそろい、よいサービスが受けられる印象です。担当者が合わないからと手放すのはもったいないと思います。担当者が合わない時は変えてもらうのが良いかと思います。

僕も提出書類の添削や企業別の面接対策ではよくお世話になりました。

物腰が柔らかくて相談しやすい雰囲気のキャリアアドバイザーが多かったのも好印象です。

マイページが使いやすかったのもおすすめポイントです。

面接のスケジュール調整はマイページからスムーズに行うことができます。紹介された求人情報や選考状況も確認しやすくて便利でした。

公式サイト»» dodaエージェントサービス

JACリクルートメント

転職で役職や年収がグレードアップした人の多くが利用している転職エージェントが

JACリクルートメント

一部上場企業で、転職業界で3本の指に入る大手エージェントでもあります。

高年収層の求人案件に強みがあるのが一番の特徴で、ハイキャリア案件については国内でもっとも有力な転職エージェントと言われています。

ハイクラス向けのエージェントなので「市場価値の高い人材しか相手にしてくれない」というデメリットがあります。

JACリクルートメントを使うことに向いている人は、転職で年収を上げたい人、海外関連の仕事にチャレンジしたい人、ハイレベルのキャリアに挑戦したい人、現在の年収が500万円以上の人など。

上記に該当していなくても上質な求人が出てくるとタイムリーに紹介状が届くため、登録しておくだけでも価値が高いエージェントです。

登録はこちら(公式サイト)

JAIC(ジェイック

第二新卒、大学中退、フリーターや非正規雇用の方をターゲットにした転職エージェント。

正社員3年未満の方にはこちらのエージェントがおすすめです。

紹介先はブラック企業を徹底的に除外していて優良企業への正社員就職をサポートしてくれます。

社会人経験が少なくても20代であれば伸び代と若さを評価してくれます。「若さ」は武器になるので行動を起こしましょう。

登録はこちら(公式サイト)

ミイダス で市場価値を知る

MIIDAS(ミイダス)は自分の市場価値を知ることができるアプリ。

その人のキャリアに応じて、質問事項を変えるというプログラミングがされており、質問に答えるだけで、あなたの本当の価値を企業に伝えることができます。

転職したいけど中々行動に移せない方はぜひこういったサービスもお試しください。

自分の職歴やスキルなどを入力していくと「年収○○万円」と転職市場での自分の価値を知ることができます。この情報をもとに企業から面接確約オファーをもらうことができます。

転職エージェントと併用しながら自分の市場価値を知る参考として使ってみてください。

オススメポイント

・無料で利用できる。

・日本の人事部 HRアワード2019 プロフェッショナル人材採用・雇用部門」の最優秀賞を受賞したミイダスコンピテンシー診断が利用できる。 

・転職別、年齢別、学歴別の年収データ(200万人以上)を全て公開されていて、比較したい人(属性)と自分の年収を比較することができます。

公式サイト»» MIIDAS(ミイダス)

転職エージェントを利用するポイント

転職エージェントを利用するにはポイントがあります。

  1. 複数登録
  2. 遠慮しない
  3. 紹介された求人は必ず調べる

複数登録

転職で非公開の求人に応募したり、転職活動中のあらゆる場面で無料で有益なサポートを受けるためには、転職エージェントへの登録は必須。

ですが、相性の悪いキャリアアドバイザーにあたってしまったり、興味のない求人ばかりを紹介されることもあるので、転職エージェントは複数登録するのがおすすめです。

複数を併用していれば様々な意見を聞くこともできます。

転職エージェント選びは転職活動で失敗しないためにも重要なことです。

遠慮しない

転職エージェントには遠慮をする必要はありません。自分の人生の重要事項なので聞きたいこと、言いたいことははっきり伝えることを大切にしてください。

とりあえず紹介された求人に転職してしまうなんてことがないようにしましょう。転職エージェントとは真剣に本音の話をすることで信頼関係を築きつつ、サポートやアドバイスをもらいながらうまく利用しましょう。

お互いがWIN WINの関係でなければならないのでそこだけはお忘れなく。

親身になってくれない担当や生理的に合わない担当に対して時間を使うのはもったいないです。そんな時は伝え方に注意しながらぜひ担当変えてもらいましょう。

遠慮をしていたら納得のいく転職にはつながりません。

紹介された求人は必ず調べる

紹介された求人があなたに合っているかどうかは必ず自分で調べてから判断をしてください。頼りっぱなしはNGです。

ただ求人を流すだけの不親切なエージェントも中には存在しますので、ある程度の信頼を持つことはOKですが最終判断は自分自身の責任で行いましょう。

まとめ

最後に、

転職エージェントを利用するメリットは

  1. 転職のプロであるキャリアアドバイザーからの支援
  2. 面接や書類審査に通りやすい職務経歴書のサポート
  3. 公には出回っていない非公開求人の紹介
  4. 会社との条件交渉などの仲介

転職を考えたのならば転職エージェントへの登録は必須です。

今回ご紹介した「転職エージェント」で効率よく、リスクも少なく、希望通りの企業が見つかることを応援しています。

もちろん、転職をしなくたっていいんです。

行動したことに価値があり、新しい発見につながります。

それでは。

Advertisements