LIFE STYLE

転勤族は結婚できるのか?

結論から言えば結婚できます。

結婚している人は多いし、相手の理解があれば必ず乗り越えられます。

僕が入社したのは全国転勤がある会社です。これまで埼玉、栃木、千葉と転々として引越しは3回以上経験している転勤族です。

学生時代の僕は先々のことなんて何も考えずに全国転勤ありの会社を選択しました。20代前半で彼女もいなければ結婚の予定もまったくない学生の僕は、転勤が多いということで悩むことはありませんでした。

ところが20代も中盤になり彼女ができて結婚も視野に入れ始めた頃に僕は気がつきました。

僕
この先も転勤を繰り返し、場所次第では彼女に仕事を辞めてもらわないといけなくなるかもしれないのに結婚なんてしてくれるのだろうか?

結果を先にお伝えすると僕は仕事を変えずに結婚しました。通える範囲での転勤だったので奥さんもまだ仕事を続けられています。当然結婚する前には相談をちゃんとしました。その上で僕と結婚してくれました。

転勤が多いということは条件面ではあまりよくないイメージがあるかもしれません。それでも「転勤族だから結婚できないかも・・・」と悩まないでください。相手の方の理解があればちゃんと結婚して幸せな生活も実現できます。

なので「転勤が多い会社だけど結婚できるかな・・・」という悩みを抱えている人に向けて僕の経験からお話しできることを書きます。

こんな人に向けて書きます

・転勤が多い会社だから結婚できるか不安な人

・転勤が多い会社に実際に勤めている人の体験談が知りたい人

・転勤族が結婚前に考えたことや話し合ったことが知りたい人

この記事を読めば「転勤族だから結婚できないかも・・・」と悩んでいる心を軽くすることができます。また実際にどんなことをこの先考えておくべきかをお伝えします。

転勤族だから結婚できないという考えは違う

当時の僕の漠然とした不安は転勤が多いから自分は結婚できないというものでした。

けれどもその考えは間違っています。大切なことは「転勤があるかないか」ではなくて「お互いの気持ち」です。

世の中転勤が多くても結婚している人は大勢います。僕の職場にも大勢います。「二人で一緒にいられれば幸せ」と言ってくれる理解のある相手となら転勤も乗り越えられます。

転勤族だから結婚できないと落ち込む必要はありません。

一人で悩まずに相談してみる

当時の僕と彼女の状況を整理するとこんな感じです。

・僕は宇都宮で、彼女は埼玉

・会うのは月に数回

・僕は今後転勤で他の場所に引越す可能性がある。彼女は東京勤務から変わることはない

・付き合って2年が経とうとしている

付き合って2年くらいで結婚しようかなという空気が僕たちの中では流れていました。けれどもいざ結婚を考えてみると転勤が障害となりました。

もし僕が転勤した場合彼女には仕事を辞めてもらわないといけないかもしれません。彼女は今まで一人暮らしをしたこともなく環境の変化にはあまり強くない性格でした。なので転勤を繰り返した場合のメンタル面も心配でした。

僕は一人で悩みました。

「仕事を変えるべきか・・・」

「けど次にやりたい仕事も思い浮かばない・・・」

「今の職場に大きな不満はないんだけど・・・」

などなど色々な考えが頭を廻り、もう一人では考えられなくて彼女に相談してみました。

僕
転勤が多いけど、もし結婚することになったらこの先どうする?

彼女
彼女
月に数回しか会えないのはつらい。転勤が多いのは大変だけど私は仕事を辞めてもいいし、何とかなると思う。

彼女の言葉に心が救われたのを覚えています。

結婚において大切なことはお互いの気持ちです。

一人で考え込まずに相談してみることが重要です。

  • 転勤が多いから結婚できないかもと悩んでいる人は、まずは一人で悩まずに相談してみましょう。
  • 結婚は二人でするものです。相談して二人で話し合えばどんな選択をするべきか考えられます。

実際に結婚してどうか?

結婚した後に奥さんはこう言ってくれました。

妻
転勤で色々なところに行けるのも面白い。

妻
環境が変わるのは不安だったけど二人で一緒にいられれば全然大丈夫だった。遠距離で会えない時の方が辛かったし結婚してよかったよ

僕
奥さんには本当に感謝しかありません。

転勤があっても結婚はできます。繰り返しますが大切なのはお互いの気持ちです。

転勤に対してネガティブな部分ばかりに目を向けがちになりますが、ポジティブに考えれば楽しめます。

転勤がなければ絶対に住まなかった場所に住んで、その土地の美味しいものを食べたり、有名な観光スポットを訪れたりと楽しめることもあります。

もちろん引越しなど大変なこともありますがお互いがお互いを思いやる気持ちを持っている二人なら大丈夫です。

GLAYの「ホワイトロード」という曲の歌詞にこんなフレーズがあります。

振り返れば故郷(ふるさと)は場所ではなくてあなたでした

GLAY「ホワイトロード」より

場所ではなくて人。転勤があるかないかではなくて二人でいられることが大切です。

結婚がゴールではない

転勤が多くても結婚したいと言ってくれる相手の気持ちはもちろん大切ですが、結婚はゴールではありません。

・仕事はどうするか?

・将来は単身赴任?

・両親は大丈夫か?

気持ちだけを優先して「こんなはずじゃなかったのに・・・」とならないためにも将来的なことも二人で、そして親とも話し合っておいた方がいいです。

仕事はどうする?

転勤で通えなくなった場合、仕事はどうするのか?

相手に仕事を辞めてもらうのか、それとも自分が仕事を変えるのか。両方考えられます。実際僕も転職を考えました。僕の場合は奥さんが仕事を辞めてもいいと言っているのと、転職活動をしてもイマイチピンとこない。今の仕事にも大きな不満を抱えていないというところで転職には至っていません。

けれども二人の話し合い次第では転職というのも選択肢になります。実際僕の周りにも結婚を考えて転職した人はいました。

場合によっては転職も考える必要がある。転職は普通にする時代になっている。

正解はないと思いますが考えておくことは大切です。

将来は単身赴任?

将来的に子供が生まれて、家も購入した後に転勤があったらどうするか?

現に僕は単身赴任をしています。

住宅を購入し、子供もいて、住宅から通える範囲での転勤しかない会社の制度を利用するはずでしたが、タイミングが悪く単身赴任になってしまいました。

なので、単身赴任になる可能性も一応は考えておいたほうがいいです。

  • 会社にはどんな制度があるのか事前に確認しておくこと
  • 制度があったとしても単身赴任になる可能性ゼロではない

どうしても単身赴任が嫌と言う場合には、NOと言えるための覚悟が必要です。

僕はまだ自分の力だけで稼ぐ力が不足しているので会社の決定に従いました。でも、スキル・能力があれば転職という選択肢もあります。

なので家族のことも考えスキルアップしておくことは重要だと思います。

両親は大丈夫か?

親のことも考えておく必要があります。

転勤で娘が遠くに行ってしまっても大丈夫か?

親の心情としてはやはり近くにいて欲しいと思うのではないでしょうか。若いうちは良かったとしても将来的に何かあって手助けが必要になったときのことも考えます。

いつ転勤があるのかわからないという将来的な部分での不安は常につきまといます。

僕たちの場合は今のところは特に問題はないです。できるだけ近くにいるということで考えは一致しています。

二人だけのことではなく、親や家族の将来のことも考える

転勤が多いから結婚できないなんてない

転勤が多いから結婚ができないなんてことはありません。

転職もできるし、自分のスキルアップすれば本社勤務だとか他の選択肢だって考えられるようになります。諦める必要なんて全くありません。

人生はなんとかなるものです。

人生にとって大切なものは何か?

それを考えれば間違った判断をすることはないでしょう。

僕も転勤が発生するたびに引っ越しだとか、保育園だとか、色々悩んできました。でもその度に家族で話し合って乗り越えてきました。

だから大丈夫です。

あまりにも理不尽な転勤を伝えられた時には切り札として「退職」という手段だってあります。

転勤が多くても愛があれば大丈夫です。結婚できないなんてことはありません。

まとめ

転勤が多い会社に勤めていたとしても結婚できないと諦める必要はありません。

まずは一人で悩まないでしっかり相手と相談しましょう。僕はそれで心がすごく軽くなりました。

結婚した後に転勤も経験して子供も生まれましたが幸せに生活を送ることができています。大切なのはお互いがお互いを思いやる気持ちは持ち続けることだと思います。

けれども将来的なことも考えておかないといけません。単身赴任するのか、会社の制度を利用して家族と一緒にいることも可能なのかは事前に確認しておいた方がいいです。先々の不安を抱えながら生活をするのはしんどいです。

また親のこともあります。場合によっては転職という考えも必要です。

正直に言って僕は今でも転職の可能性は常に持ち続けています。けれどもそれは転勤のある仕事に限った話ではありません。どんな仕事に就いていても転職をする人はいます。

大切なことは考えておくことではないでしょうか。

とりあえず何とかなります。僕も色々悩みましたが周りの支えもあって何とかなってきました。転勤族でも結婚はできますよ!大丈夫です。

当時の僕のように悩んでいる人に向けてもう一度言います。

転勤が多くても結婚できます!大丈夫です!!

前向きに考えていきましょう!

それではまた。

Advertisements