仕事の悩み

仕事で自分には実力がないと落ち込んだ日の話し

上司から言われた一言、

「あなたがもっとリーダーシップを発揮して部下を動かさないと部下は何をしていいかわからないよ」

「あなたじゃなくて下がかわいそう」

「このままじゃまずいよ」

かなり危機感を煽られました。おっしゃる通りなんですけど、かなり傷ついた自分がいます。

結果が全ての世界。実力不足を痛感するのはしんどいです。

上司に説教された日に考えたことと次の日にモヤモヤが止まらない時にどうしたかを書きます。

考えたこと

確かに上司の言葉も正しい。でもそれが全てではない。

だってリーダーシップに正解はないんだから・・・。

リーダーシップに正解はない。

ガツガツ指示を出して部下を動かすリーダーもいれば、部下の自主性にある程度任せるリーダーだっている。リーダーシップに正解はない。自分のやり方で上手く部下をまとめていないことが実実だけれども、全て間違っているわけではない。

上司のやり方と自分のやり方を比べる必要はない。

良い部分は真似して自分なりにアレンジして自分なりに部下をまとめていけばいい。

悔しい。すごく悔しいけど自分には実力がないと諦める必要はない。

俺は俺だ。

自分なりの働き方をすればいい。正解はない。

そう考えました。

周りはいつだって不安を煽ってくる

「このままだとまずいよ。」

「もっと頑張ってくれないとまわらないよ。」

今の店に来てから何度も言われた。

うるさい。

なんとかなるんだよ。だから周りには言わせておけばいいと思ってます。

自分がダメでも、その時はその時で周りがフォローする。

周りには迷惑をかけてしまうけれども、なんとかなる。

会社ってそういうものだと思います。

働きアリの法則

2:6:2という働きアリの法則というものがある。

アリの集団は、2割はよく働いて、6割は普通に働いて、残り2割は怠けるらしんです。。

自分が2割のよく働くポジションにいたとして、仮に自分が6割の普通のポジションに移ったら、今度は6割の普通のポジションにいた誰かが「仕方ない。面倒だけどやるか」と2割の働くポジションにきて結局なんとかなるっていう法則です。

自分だけが仕事を抱え込む必要はない。

どんな結果であれなんとかなる。

僕はそう信じています。

視野を広くしてみる

すごく傷ついたので少し視野を広くしてみました。

まずは時間についてです。

会社員人生は長い

会社員人生は長いんです。今は苦しくてもこの先ずっと苦しいわけじゃない。

長い目で見れば確実に良い時もある。というかありました。

「明けない夜はない。」

必ずV字回復する時がどこかのタイミングでやってきます。

未来に希望を持つことで今の苦しみが少し和らぎました。

人生は心が作る。会社員人生は長いんだから、もう少し気楽にいこう。

苦しんでいるのは自分だけじゃない

リーダーシップを発揮して上手く組織をまとめられない悩みを抱えている人は自分だけじゃない。

どこかの企業の社長とかで僕よりももっと深い悩みを抱えている人だっているでしょう。

同じような悩みを抱える人は会社の中にも、会社の外にも、年下にも、年上にも大勢いる。だから自分だけが苦しんでいるわけではない。

だから大丈夫。自分は1人じゃない。

そう考えると気持ちが楽になりました。

それに、本当に苦しくなったら辞めればいいんですよ。

大丈夫。道は拓ける。

次の日のモヤモヤの対処法

次の日休みだったんですけど、めちゃめちゃモヤモヤしました。

ほんとなんでこんな苦しまないといけないんですかね。

でも、こうやって苦しんだ経験がブログの記事になったり、この先の自分の成長につながるから悪いことばかりではないですよね。前向きに捉えます。

次の日のモヤモヤへの対処法は「行動あるのみ」です。

対処法①:行動する

僕は朝から無理やり体を動かして次のようなことをしました。

  • 窓を開けて部屋の空気を循環させる
  • 最近やりたいと思っていた髭剃りの洗浄をする
  • 部屋の掃除
  • 娘に本を買ってあげる
  • 娘と公園で遊ぶ

身体を動かしている時は悩みがすごく小さくなります。

人間は2つのことを同時に考えられないことが科学的に証明されているみたいです。実際に、掃除したり、娘と遊んでいる時は悩む時間はありませんでした。

悩みを小さくするコツは他のことで頭を満たすってことです。

だから行動あるのみです。

家でウジウジしていると辛いだけなので外に出て無理やり何かしましょう。

対処法②:書く

僕のブログでは他の記事でも頻繁に書くことをお勧めしています。

「書く」って行為はかなりメンタルに好影響をもたらしてくれます。

僕もこうやってブログ記事に悩みを書くことによって気分がすごく楽になっています。自分の悩みも何かの役に立つ。そして、書くことによって上司の言っていることも正しいけど、それが100%正解じゃないっていう自分なりの結論も出せました。

書くことで感情を客観視して整理することができます。

モヤモヤしたら書きましょう。

終わりに

自分の実力不足に落ち込むことはこの先もあるでしょうね。

向き・不向きはどうしてもあるし、得意・不得意だって絶対あります。だから仕方ないんですよ。前向いていきましょう。

戦う場所を変えるっていうのも一つの選択肢です。

転職するとか副業するとか。僕ももっと副業頑張って今の生活から脱却したいと思っています。

頑張るのも大切だけど頑張りすぎるのも良くない。

「なんとかなる」っていう心の余裕を忘れないようにしたいと書きながら考えました。

自分なりのリーダーシップを求めて明日も戦おうと思います。

それでは。

Advertisements