学生時代のこと

部活って無駄なの?【決めるのは誰かではなく、あなたです!】

「部活は無駄なのか?」

「部活は無意味なのか?」

部活って時間の無駄なんですか?

部活に費やす時間と労力は人生に無意味なのか?

部活よりも勉強を頑張った方がいいのか?

そんな疑問を持つ方に向けて書きます。

「部活は無駄・無意味、部活なんてするくらいなら勉強した方が良い」という意見をネット上では見かけますが、

無駄か無意味かを決めるのは誰かではありません。あなたです。

僕は中・高の6年間陸上部に所属していました。

辛いことや苦しいこともあり、

辞めたいと思ったこともありましたが部活の経験が無駄だったとは思いません。

この記事では部活を誰かの意見によって「無駄・無意味」と決め付けることなく、

あなた自身で判断してもらうことを願って書きます。

すぐに読み終わるので、ぜひ読み進めてください。

Q:部活は時間の無駄なのか?
→決めるのはあなたです。

部活に費やす時間は無駄なのか?

結論から言うと

決めるのはあなた自身です。他の誰かではありません。

ということになります。

思考停止をしないこと

ネットには部活は無駄という意見が結構あります。

読んでいるともう少し前向きな見方はできないものかと思ってしまいます。

・部活で身につけた能力は社会では役に立たない

・部活で身につく能力は、部活以外でも身につく

・学歴を失う

・人生で成功する確率が下がる

上記のような意見がありました。

確かにこれらの意見も正しい部分はあると思いますが、すごく極端な意見です。

部活で身につく能力は社会で役に立たないかもしれませんが、何かに対して一生懸命になった経験は必ずあなたの人生の土台を作ります。

学歴だって結局はあなたの努力次第です。部活をやっていたからとか環境のせいにしてはいけません。

人生で成功する確率が下がるって言ったって「何が人生の成功なのか?」という価値観で変わります。

自分の頭で考えてください。

部活の「無駄」な理由を探そうとすれば色々な意見があります。

反対に「無駄ではない」理由も考えようと思えばたくさん思い浮かびます。

誰かの極端な意見に左右されないでください。

思考停止せずに自分の頭で考えて見ることが大切です。

部活が無駄か無駄ではないかを考えるのはあなた自身です。

判断基準をシンプルにする

部活を「無駄かもしれない」と悩んでしまうのは判断基準が多すぎるからです。

例えば「将来役に立つ」と「学歴が大事」という判断基準だけで部活を選択するならば簡単です。

将来の役に立たなくて、学歴を重視するのであれば部活は辞めればいいだけです。

けれども

「将来の役には立たないかもしれないけれども、人生の大きな経験になる」

「楽しいことばかりではないけど、忍耐が身につく」

「勉強だけでは身につかない経験もある」

「学生時代にしか経験できないこと」

など別の判断基準が入ってくると悩んでしまいます。

ここで大切なことは判断基準に優先順位をつけるということです。

シンプルに2つに絞ることが重要です。

2つには絞れないという気持ちもあるかもしれませんが、多くのことを気にしていると何も決められなくなります。

判断基準を2つに絞ることで本質が浮かび上がるのです。

あなたにとって無駄ではないと思える部活は何ですか?

スキルと勉強を判断基準にすると?

この記事で紹介した「無駄」という理由の人は、

次の二つのことを判断基準にしていることが予測されます。

スキルと勉強です。

部活をやっても将来的にはサラリーマンになる人が大半なんだから、将来に向けて勉強した方がいい。

部活をしていると確かに勉強時間は減ってしまいます。

また、部活で社会に身につくスキルなんて身につかないんだから部活に費やす労力が勿体無い。

と考えれば部活は無駄という判断になるのでしょう。

目標と努力を判断基準にすると?

僕の場合は目標と努力が部活を継続する判断基準でした。

目標と努力という判断基準を採用した場合はまた違う見方になります。

苦しい練習をして、その先に良い記録が出ると嬉しくて達成感がありました。

3年間は努力するという自分への誓いから意地でも部活を辞めることはありませんでした。

人によってはそんな価値観で部活を続けても無駄と切り捨てる人もいるでしょう。

けれども僕にとっては続けることが「無駄」なことではなかったんです。

なので「無駄」か「無駄じゃないか」を考える際は自分にとっての部活のモチベーションの判断基準が何なのか考えてみてください。

判断基準は人それぞれです。

価値観がみんな違うんですから「無駄」か「無駄ではない」かなんて誰にもわからないんです。

意味は後付けできる

部活が「無駄」か「無駄ではないか」という議論は不毛です。

なぜなら先ほど書いたように判断基準が人によって違うからです。

結局自分の頭で考えて決めることです。

部活を続けた末に後悔している人もいるかもしれません。

・続けたけど何も得るものがなかった

・勉強時間が足りなくて受験に失敗した

・社会に出て部活の経験が活かせたことなんてない

上記のような考えの場合部活が無駄だったと言いたくなります。

けれどもその中から少しでも良いところを探せば「無駄ではなかった」と言えます。

・頑張って続けたからタフになった

・受験に失敗して希望の大学に入れなかったけど、通った大学で最高の友人に出会った

・朝練で早起きしていたから、仕事で早起きすることに抵抗がない

など、

部活の意味は後からいくらでも後付けできます。

何事も前向きに考えた方が絶対人生楽しいですよ。

ハッキリ言って後悔している時間が無駄です。

後悔するくらいなら「今」を必死に生きて部活は無駄ではなかったと思えるように努力すればいいんです。

過去だって未来だって「今」の行動次第でどうにだって変えることができます。

無駄でいい

そもそも無駄なことをしちゃいけないという考えが良くないと思います。

・部活は無駄だからやらない

・学校の勉強は無駄だからやらない

・友達付き合いは無駄だから付き合わない

・結婚は無駄だからしない

無駄だからやらないという考えの元では全ての行動が否定されてしまいます。

こんな人生楽しいですか?

そんなに最短距離で自分の人生を生きて楽しいですか?

「無駄」を省いた人生には結局「何もない」と思います。

理由は「経験」が手に入らないからです。

百聞は一見にしかず

という言葉がありますよね。

結局無駄だからやらないという人は自分の人生の可能性に自ら蓋をしていることになります。

何事もやってみないとわかりません。

無駄な部活を3年間続けてみたら無駄ではなかったと思えるかもしれません。

無駄なことをしないとわからないことがあるんです。

イチローの名言を紹介します。

野球っていうのは

ムダなことを考えて

ムダなことをしないと

伸びない面もありますから

『イチロー積み重ねる言葉100』

ムダなことをして伸びたのであればそれはムダではなかったということです。

部活は無駄かもしれない。

けれども無駄な経験が悪いことではない。

自分が変わればいい

部活が無駄だと思うなら何で無駄なのか考えてみてください。

考えることであなたにとっての判断基準が明確になります。

部活よりも勉強を優先させたいなら行動を変えていけばいいだけです。

部活から何かを得たいのであれば、どうすれば有意義な時間になるかを考えることです。

・とにかく必死になってみるのか?

・目標を設定するのか?

・映画や小説でモチベーションを高めてみるとか?

色々試行錯誤できます。

とにかく考えてください。

大切なことは環境のせいにしないこと

社会人になった僕が言えるアドバイスは

環境のせいにしてはいけない!!

この一言につきます。

学校を選んだのもあなただし、

部活を選んだのもあなたです。

「無駄」だと思うなら「無駄ではない」にするためにはそうすればいいか考えないといけません。

部活を変えてもいいし、その部活で必死になってもいいです。

とにかく考えるんです。

部活は変わってくれません。

結局変わるのはあなた自身です。

周りは何もしてくれない

「部活つまらない」

「部活は無駄」

と毎日呟いていれば、あなたの周りには同じ考えの人が集まってきます

「類は友を呼ぶ」という宇宙の法則のようなものです。

けれどもあなたが必死に部活から何かを得ようと考えれば必ず何かを得ることができるはずです。

例えば大人になった時を想像時てみてください。

・私は頑張っているので給料をあげてください

・頑張っているので休みをください。

こんな要求が通ると思いますか?

普通ならまず無理です。

努力は評価されません。

周りは何もしてくれないんです。

給料をあげたり、休みを増やしたいならスキルを身につけて転職すれば解決できます。

結局自分が変わるしかないんです。

部活が無駄だと思うなら自分が変われば「無駄ではない」に変えることができます。

終わりに

この記事では部活は無駄なのか?

ということについて書きました。

結論:あなた次第です。

その理由は

①判断基準が人によって違うから

②「無駄」にも「無駄ではない」にも意味を後付けできるから

そもそも「無駄なこと」は悪いことではないとも考えることができる。

③環境のせいにするのではなく自分が変わればいい

からです。

何事も前向きに考えた方が楽しいです。

この記事がそのお役に少しでも立つのなら嬉しいです。

それではまた。

ABOUT ME
かつ太郎
現在は千葉県在住の一般人です。 映画、ドラマ、アニメ、本から名言を収集するのを楽しんでいます。旅行やフィルムカメラも好きで色々と楽しんでいます。  家族の影響でGLAYがとても好きです。 そんな自分の好きなことを皆さんの参考になるように紹介していけたらなと思っています!