LIFE STYLE

遠距離恋愛のコツ

遠距離恋愛になった時どうしますか?

この記事を書く僕は遠距離恋愛経験者です。

当時抱えていた悩みはこんな感じです。

遠距離恋愛の悩み

・会いたくてもすぐに会えない

・会える時間が限られている

・会えなくて寂しい

・恋愛が続くか不安

・みんなどうやって遠距離恋愛を続けたの?コツは?

そんな悩みに答えます。

この記事では実際に2年間の遠距離恋愛をして結婚した僕の経験から、遠距離恋愛の時に大切だと思う事をお伝えしたいと思います。

それでは書いていきます。

会うことが大切

お互いが会う努力をする

僕の場合はお互いがシフト制の会社だった為なかなか予定が合わず、月に1回会えるか会えないかという頻度でした。

とはいえ月に1回でも会えることはいいことで僕の友達は栃木と熊本で遠距離恋愛をしていたので大変そうでした。会えるのは年に数回というレベルです。

そんな二人が遠距離恋愛を乗り越えるためには、やはりできるだけ会うことが大切なのかなと思います。

会うために努力しないと遠距離恋愛を続けるのは大変です。会わないとお互いの気持ちが離れていってしまいそうで怖いです。

自分の都合や予定ばかりを優先せずに恋人のことも考え、会う努力をする。

僕たちの場合はシフト希望を出す前に必ずお互いの予定を話し合っていました。予定がうまくいかなそうな時もどうにかして合う方法はないかと考えていました。例えばこんな具合です。

僕は仕事だけど午後からの遅番。

彼女は休み

こんな時は前日の仕事終わりに彼女に泊まりに来てもらって会ったりしていました。

少しの時間だけでも会えると心は安らぎます。

先の予定を楽しみに待つ

会えない日が続くと寂しさが日に日に増していきますよね。なので先に合う日を決めておくと仕事も頑張れます。

連休を利用すれば旅行にも行けます。

「次の休みは江ノ島デートだ」

「次の休みは金沢旅行だ」

そうやって僕たちは定期的に遠出をしました。移動には時間もかかるしお金もかかります。

それに遠距離恋愛をしている場合は普段はなかなか会えない分、会えた時の気持ちはとても幸せです。デートや旅行の時も特別感が増します。

二人の関係がマンネリ化しにくいのは遠距離恋愛の良い点と言えます。

寂しいですけどね・・・。

連絡を取り合う

こまめに連絡を取り合う

電話やLINEでの連絡を取り合うのは必須ではないでしょうか?

全然連絡がこないと

「何してるんだろう?」

「私のこと大切じゃないのかな?」

不安や心配をさせてしまうことに繋がるので連絡は大切です。

僕の友達は日本と韓国で遠距離恋愛をしていました。その友達がしていたのは毎日の電話と毎回の写真での報告でした。

ご飯を食べる機会があると必ずメンバーとの写真を撮って彼女に送っていました。

こまめに連絡を取り合うことは遠距離恋愛においては必須です。

寂しいときや辛い時は恋人の声を聞くだけでも元気が出ますよね?電話や写真をこまめに送って相手の心を安心させてあげましょう。

二人でルールを決める

こまめに連絡を取り合うことは大切ですが相手のことも考えましょう。

自分都合で束縛するようなしつこい連絡を送り続けるのは僕は違うと思います。相手にだって自分の時間があります。

僕は管理されるのは息苦しくて嫌です。彼女もそういうタイプだったので大体の時間を決めて電話をしていました。

相手の行動を全て把握したいがためにかなりしつこく連絡をしている人も知っていますが相手は絶対嫌だと思います。「信用してよ!」ってなりませんか?

どれくらいの頻度で連絡をするかルールを決めておくのをオススメします。

僕たちの場合はお互いがあとは寝るだけという時に電話をよくしていました。仕事終わりはご飯を食べたり、お風呂や洗濯をしたりと忙しいです。なので二人とも落ち着いた時に電話できるように「今電話大丈夫?」という連絡を事前に取り合っていました。

話す内容はたわいもないことですが長時間の電話になったりもします。疲れてそうな時は短い電話にするとかLINEだけにするとか気遣いは大切だと思います。

会える時間を大切にする

時間を確保するための工夫

僕は当時、栃木に住んでいました。東京でデートしようってなった時は家から駅までの時間なども含めて三時間はかかりました。

この時間すごくもったいないですよね?

三時間もあったら色々楽しめます。なので僕たちはよく仕事終わりに東京で待ち合わせして前泊していました。前日に待ち合わせをしていれば次の日の休みを思いっきり楽しめます。

しかも一泊すると旅行のような雰囲気も楽しめてデートが充実します。

遠距離恋愛をしている人にとって会える時間はとても貴重です。その貴重な時間をどうやって確保するかを考えることが大切です。

お金よりも時間

同じように会う時間を確保するための工夫として新幹線やグリーン車もよく利用しました。

お金はかかりますが新幹線を使うと時間を大幅に短縮出来ます。少しでも長く一緒にいるためのお金は惜しみませんでした。

またグリーン車も快適でした。通常の料金プラス千円くらいで利用できます。満員電車での移動は常にストレスです。グリーン車であれば駅弁を買って食べることだってできます。

新幹線やグリーン車を使うと時間短縮の効果だけではなくて旅行気分も味わえます。遠距離恋愛中は会える時間が限られています。その時間を大切にするためお金を使うことは良いお金の使い方だと思います。

将来のことを考える

この遠距離恋愛はいつまで?

「この遠距離恋愛いつまで続くの?」

「いつになったらたくさん会えるようになるの?」

いつまでも遠距離恋愛を続けるのは辛いです。

将来のことも考えましょう。僕たちの場合もそうでした。2年間栃木と埼玉での遠距離恋愛をしましたが二人の仲が親密になればなるほど会えない時間が辛くて寂しくなっていきます。

そして僕たちは一緒に暮らすことと、結婚を考えるようになりました。

終わりがわかっていると遠距離も頑張れますが、もしも終わりが見えない遠距離恋愛だったら心が折れてしまいそうです。

キムタク主演の『プライド』というドラマがありますが、竹内結子演じるヒロインには2年間遠距離恋愛で音信不通の彼氏がいました。「交際相手が戻ってきたら終わり」と決めて二人は恋愛関係になりました。最終回に向けて遠距離恋愛中の彼氏が二人の前に現れて・・・という展開のドラマです。

このドラマを例に何を言いたいかというと遠距離恋愛は別れるリスクも高くなるということです。寂しいときや悲しいときは心が弱くなります。そんな時に支えてくれる人が自分以外でいたら、その人に気持ちが傾いてしまうなんてことも考えられます。

もしかしたら相手も寂しさを抱えているかもしれませんよ。ちゃんと将来のことも考えておきましょう。

将来設計があることを相手にちゃんと伝えれば「遠距離恋愛がいつまで続くのか?」という不安も少しは解消できます。

もったいぶっていつまでも自分の考えを伝えないのは相手にとってはモヤモヤするだけなのでオススメはしません。

自分磨きをする

遠距離恋愛中は会えない時間が多い分、自分の時間はたくさんあります。その時間を使って自分磨きができることはメリットです。

自分磨きのメリット

・将来に役立つ(料理・洗濯・掃除)

・更に魅力的になれる

将来に役立つ

僕は一人暮らしをしていたので料理・洗濯・掃除は一通り自分一人でできます。この経験は結婚してからも役立ちます。

共働きだと家事分担は必須です。そんな時に何もできないと相手をガッカリさせてしまいます。特に料理ができると喜ばれると思います。

僕も何度か披露しましたが100%喜ばれます。

・カレー

・豚丼、牛丼

・餃子

・炒め物

僕が披露したのは本当に簡単な料理です。

それでも喜んでくれるんですから料理の力は大きいです。できると楽しいしオススメですね。

更に魅力的になれる

遠距離恋愛中ってなかなか会うことができません。その会えない期間に自分磨きをしておくと会った時に更に魅力的になります。

・髪型が変わった

・服装が変わった

・髪色が変わった

恋人ができると色々な変化が起きますよね。

周りにいませんでしたか?友達に彼女ができてどんどん変わった人。あの遠くにいってしまったような寂しい気持ちを僕は何度も経験していますw

遠距離恋愛で会えない時間が多い分、その間に自分磨きをしていれば更に魅力的な自分に変身することができます。

僕も久しぶりに会って「良い人と付き合えてよかったな」としみじみと感じたことが何度もあります。それは彼女が自分磨きをしていたからだと思います。

自分磨きはオススメです!

終わりに

僕の実体験から考えた遠距離恋愛になった時に大切だと思うことを書きました。

自分のプライベートを楽しんでいる人は遠距離が全然辛くないと言っていたりもしますがそれは本当でしょうか?

僕はプライベートも充実させるように努力もしていましたしそれなりに楽しんでいました。けれどもやはり一緒にいたいと思ったし寂しかったです。

その時の経験があったから今の結婚生活の幸せも大きく感じられます。あの寂しさは忘れられません。

現在遠距離恋愛中の方は頑張ってその壁を乗り越えてください。

それではまた。

Advertisements